SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バリの海に「バカヤロウ」と怒号が響いた

おっとっとっ、前乗りの前乗り。

おっとっとっ、前乗りの前乗り。


ゴールデンウィークが過ぎ、バリ島にいつもの静けさが戻った。
期間中、ポイントによっては大半を日本人サーファーで埋め尽くした、なんてこともあったはずだ。
この期間にバリにやってきた他国の人々は「日本人がやたら多いな」という印象を受けたことだろう。
しかしこれは期間限定のことだったのだ。
そんなことを知る由も無い他国の人々は日本人の多さにきっと驚いたことだろう。

連休中にちょっと残念な場面に遭遇した。
バリの海に「てめえバカヤロウ!」と怒号が響いた。
声の方を振り向いてみると、なにやら日本人同士でやり合っているではないか。
日本人サーファー同士の揉め事だ。
何があったのだろう。
周りにいたローカルサーファーや外国人サーファーたちもふたりのやり取りに注目した。
ボクはまるで家族が人前でケンカをおっ始めてしまったときのような複雑な心境になってしまった。
>> 次のページは >>  お互いが謝るという選択肢も・・・

タグ: ,

バリで感じる世界のサーフィン事情

今朝のクタビーチ

今朝のクタビーチ


バリ島でサーフィンを続けているとなんとなく世界のサーフィン動向がみえてくる。
2012年にこの島にやってきたわけだが、たったこの5年間でも大変な変化が起きている。
世界中からサーファーが集まってくる場所だからこそ見えることがあるのだ。

ここ1〜2年で明らかに海は混雑し始めている。
移住してきた当初もサーファーは多かったが、例えば早朝やお昼すぎなどは混雑が緩和される時間帯があった。
しかし今では夜明けから夕暮れまでサーファーが途切れることがなくなってきている。
もちろんポイントによって状況は違うのだろうが、ボクが移住当初からサーフィンをしているポイントに関してはそんな状況なのだ。

ラインナップしているサーファーのメンツにも変化がみられる。
ここ1〜2年をみてみると、明らかに韓国人サーファーが急増してきている。
数年前までは珍しい存在であった彼らであるが、今ではポイントによっては日本人サーファーより多かったりする。
どうやらお隣の韓国でもサーフィンブームが訪れているようなのだ。

白人サーファーにおいても変化がある。
以前は圧倒的に多かったオーストラリア人。
バリとオーストラリアは立地的にも近いため今でも多いのだが、案外オージーだと思い込んで話してみるとヨーロピアンだった、なんてことが増えてきている。
特にイギリスやフランスの人たちが増えてきているようだ。
またロシアンサーファーも堅調で、以前ではビーチブレイクでしか見かけなかった彼らがリーフのポイントで見かけるようになってきている。
時間が経てば上達してそういう流れになってくるのは必然であろう。
>> 次のページは >> 日本人サーファーに変化はみられるか?

タグ: ,

ガル子物語 vol62 〜もう少しだけ君と〜

もうすっかり少女に

もうすっかり少女に


ベビ子ベビ子なんて嬉しそうに記事を書いていた頃が懐かしくさえ思える今日この頃。
あのベビ子改めガル子がいよいよ小学生になってしまうというから時の流れを感じずにはいられない。
ついこのまえ「ベビ子が立った〜」などと喜んでいたという感覚でしかない。
嘘でしょ、もう小学生?
これはもう気が付いたらガル子が成人してボクはおじいちゃんになってるってなパターンでしょ。
そんな風に考えると嫌な汗が背中から吹き出してくる。
焦るわ、正直。
何も成し遂げてない自分に・・・
そうこうしているうちにボクも今年で45歳になってしまう。
四捨五入で50。
くー。
信じられん。
もう『ボク』なんかではなく『ワシ』の方がお似合いな年頃なのだろう。
>> 次のページ >>  ガル子が離れないための姑息な作戦とは

タグ: , , ,

前進のための後退

湘南時代をともに過ごした仲間

湘南時代をともに過ごした仲間


今から約25年前。
当時のボクは海と共に生きることを決意して何のツテもなかった湘南へと移り住むことを決意した。
パチンコ屋さんの住み込みのアルバイトに潜り込み、ひょんなことから辻堂海岸に程近いサーフショップに転がりこんだことがきっかけとなり、運命がゴロリと動き出した。
それまではただガムシャラにやっていたサーフィンだったが、辻堂のローカルコミュニティに強制的にブチ込まれたことで多くのことを学ぶことになった。
それこそサーフィンのイロハを学んだのだ。
東京で生まれ育ったボクにとっては目に映るもの感じるもの全てが新鮮だった。
そして自然とローカリズムについても理解を深めていった。
それまで触れたことのなかったサーフカルチャーに身も心もすっかり染まっていったのだった。

先日の帰国時にサーファーとしての駆け出しの時期を湘南で共に過ごした仲間たちと集まる機会を得ることができた。
場所は藤沢駅のほど近く、TIKIZ(ティキーズ)というハワイアンレストラン&バー。
そこのオーナーのヒデがまさにその当時を共に過ごした仲間のうちの一人だった。
>> 次のページは >> 次の一歩を見極めるために

タグ: , ,

爆撃の横でサーフィン?

爆撃の下でサーフィン?

爆撃の下でサーフィン?


「今までにはない緊張感があるよ」
普段は柔和な表情でジョークをかましつつ周囲を笑わせているカナディアンが珍しく眉間にシワを寄せてそう語った。
彼は家族をバリにおいて沖縄の米軍基地の近くでカフェを経営している。
アメリカ軍人が彼のお客さんというわけだ。
年に2〜3度のペースでバリ島に戻ってくる彼と話をするといつも政治的な話に展開していく。
というのは彼の商売が国際政治の行方に大きく左右されることをこれまでの会話の中から知っているからだ。

今回、アメリカの大統領がトランプ氏になったことについては今のところ大きな影響はないという。
しかし、北朝鮮との緊張状態は彼が沖縄で商売をするようになってからもっとも深刻な状況になっているという。
アメリカ軍人からどの程度の情報が入っているのかは不明であるが、肌感覚でそう感じているそうだ。

仮に有事になった場合は厳戒態勢になるため、彼のカフェでお酒を飲んでいるような軍人はいなくなってしまうだろう。
そうなると『商売あがったり』だ。
平和状況下の軍隊を相手に商売をしている彼にとっては常に国際政治に関心を寄せていなくてはならないのである。
>> 次のページは >> 地獄の黙示録が現実に??

タグ: ,

このままでは・・・ 

なんだなんだ、この色は??

なんだなんだ、この色は??


なんだなんだ、この海水の色は??
一体何が浮かんでるんだ?
波がブレイクし、本来白波になるはずのスープが茶波になっているではないか。
明らかに美しくない。
これはきっと汚染物質に違いない。
きれいなはずがない。
いかにも『汚れております』という怪しいカラーリングだ。
せっかく早起きして海にやってきたのに、こんなんじゃ朝の清々しい気分になんてなれやしない。
人が暮らしている限り海が汚れていくことは仕方のないことなのだろうか。
本当に仕方ないで済ませていいことなのだろうか。

そういえば以前にも同じように茶色の汚染物が海を覆い尽くしたことがあった。
青く美しいはずのバリ島の海が日に日に汚れていく現実。
もしかすると色が茶色になった時に可視化されているだけで、もうすでに普段からすっかり汚れきってしまっているのだろうか。
いずれにしてもどこかから何か良からぬものが海に流れ出ていることだけは確かなようだ。
>> 次のページ >> サーファーからムーブメントを!

タグ: , , ,

大人にわめき続けた少年サーファーの話

平和なはずだった朝が・・・

平和なはずだった朝が・・・


バリ島の早朝の海はサーファーも少なく平和にサーフィンを楽しむことができる。
だから最近のボクは今までにも増して早起きになってきている。

早朝、家を出るときは間違ってもド天然嫁を起こしてはならない。
ましてやなかなか2度寝をしてくれない我が娘を起こしてしまうとド天然嫁の機嫌が悲劇的な状況になる。
この日もうっすらと夜が明け始めるのと同時に泥棒にでもなったような気分で気配を消しつつそっと玄関の扉を開いた。

常夏の島とはいえ、早朝の空気はひんやりと澄んでいる。
空を見上げると久しぶりに藍色に抜けた晴天が広がっていた。
今年のバリ島の雨季はいつになく長引いている。
例年であればとっくに乾いた季節へと移り変わっているはずなのであるが、今年は4月に入ってからも毎日のように降雨に見舞われている。
天気と精神状態は深く関係していると言われているがその通りである。
やっぱり空が晴れると気分も軽くなるのだ。

ここのところスモールウェーブが続いている。
この日のビーチもセットでハラくらいのスモールコンディションだった。
天気がいいからか、潮回りがいいからなのか、早朝からわりと多くのサーファーで賑わっていた。
テイクオフの瞬間には朝の日差しが真正面から無遠慮に視界に入ってきた。
一瞬目の前が暗くなり周囲が見えなくなってしまうが、その次の瞬間には水面に優しく揺れる朝の陽光が広がっていた。
何本目かの波でインサイドまで乗り継いていった時に浜辺で波を眺めている白人の親子のサーファーの姿が目に入った。
お父さんと2人の男の子。
いかにも幸せそうな表情を浮かべた3人だった。
息子たちとサーフィン。
お父さんとサーフィン。
ああ、きっと幸せな瞬間なのだろうな。
傍目から見てもそう感じ取れるほどの幸せそうな絵面だった。
>> 次のページは >>  わめき始めた少年に何が起きたか??

タグ: , ,

チョープー的ウェーブプールの出現??

都心に現れた20fの波??

都心に現れた20fの波??


興味深い記事を見つけたのでみなさんにご紹介しようと思う。(情報元We are Surfer
サーフィンがオリンピック競技に決まり、開催地が千葉県一宮の志田にほぼ決定したというニュースが流れた。
ただし、これはあくまでも『ほぼ決定』であり、最終決定ではないという見解であった。
そのことについては関係者からの証言で裏も取れている。
ではその他の可能性はどんなことが考えられるのだろう。
そんな疑問に答えてくれる記事を見つけたのだ。

その記事によると、ある機関が(この機関名が相当に怪しいのだが)オリンピックに向けてとんでもないスケールのウェーブプールを作る計画を立てているというのだ。
なんとそれは20フィートの大波を人工的に作れて、なおかつチューブの波になるという夢のウェーブプールなのだという。
しかもその波質は世界最高峰といわれているあのタヒチのチョープーに99・9%近づけているというのだ。
大規模なコンクリートの塊をプールに沈めることでうねりを形成し、人工的に作られたボトムにうねりがヒットして波がブレイクするというのだ。

本当にそんなことができるのだろうか。
できたとしてもとんでもなくコストがかかりそうだ。
ん〜、どうも怪しい。
この記事を読んで最初に受けた正直な印象だ。
20フィートの波をウェーブプールで作るなんてことが本当にできるのだろうか。
>> 次のページは >> 嘘か本当か、まだまだ続く

タグ: , ,

素晴ら四季ニッポン

日本式、趣があります。

日本式、趣があります。

約半年ぶりに帰国を果たした。
2012年にバリ島に移住した後、平均すると3ヶ月に1度のペースで帰国していたので半年という期間はボクにとってバリ連続滞在最長記録となった。

成田の滑走路に機体がバウンドしながら着陸すると心の内側で気づかぬうちに張り詰めていた何かがふわりと緩んでいくのを感じた。
バリでの生活では慣れてしまってそんなことを意識することすらないが、こうして久しぶりに祖国の地を踏むと言い知れぬほどの安堵感に包まれた。
やはりどんなに肌の色がインドネシア人化し生真面目な日本人気質を忘れかけていたとしても心の真ん中はきっちり日本人であったのだ。
当たり前のことかもしれないがそのことがくすぐったいように嬉しかった。

バリ島移住当初、バリ島の素晴らしさにばかりに目が向いていた。
そのおかげでバリ島が大好きになったし、それが原動力となり長期バリ島暮らしを継続できているとも言える。
しかし最近では逆転現象が起こっている。
一時帰国のたびに日本の素晴らしさに心を奪われているのだ。

>> 次のページは >> 日本ってこんなにも素晴らしい!!

タグ: , ,

フィリピン、バレルでバレルだあ〜の旅 〜その7 バレル写真集〜

さあ、フィリピン、バレルの旅、7回にわたる連載の締めくくりはこの旅を写真で振り返ってみたいと思う。

まずは小川幸男のインナーバレル。
「ほとんどの波がバレルでしたよ」とコメント。
ボクにとってはそんなことなかったんだけどな。
やはり彼はマスターだ。

小川幸男 Photo by Ken-G

小川幸男 Photo by Ken-G

恐ることなく果敢に攻めていた中学1年生の守城海くん。
どこまで上手くなるのか、将来が楽しみ。

守城海 Photo By Ken-G

守城海 Photo By Ken-G

バリニーズの意地を見せたKick隊長。
陽気な彼は常にムードメーカーとなっていた。

Kick隊長 Photo by Ken-G

Kick隊長 Photo by Ken-G

さすがはハードコア、サヌールローカル。
セットの一番大きい波にチャージしていた。

Mang Bule  Photo by Ken-G

Mang Bule Photo by Ken-G

>> 次のページ >> バレルエリア陸ショット

タグ: , , ,

1 / 16812345...102030...最後 »

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/