SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

裏切るね~

みなさん、おはようございます。
5月30日月曜日、朝の湘南。
梅雨らしいシトシト雨が降り続いています。

おおお、サイズアップしてるぞ~

おおお、サイズアップしてるぞ~


大方の期待を裏切ってサイズダウンした昨日の夕方の波。
今朝はオンショアになるとの予報が出ていましたが、これまた裏切って強いオフショアが吹いている。
台風2号は裏切って温帯低気圧へとランクダウン。
とことん裏切る2号。
ということは「もう期待しない」とみんなが思えばその想いを裏切っていい波になるかもしれません。
あ、でも「いい波になるかもしれません」という期待をさらに裏切るかもしれません。 続きを読む…

タグ: , ,

SWP支援隊チャリティマッチ改め チャリティタッチ 『タッチラグビー大会』@辻堂

今から16年ほど前のこと。
僕が東京から湘南辻堂へ単身移住をしたころの話だ。
そのころ僕は毎日のように海に入り、サーフィンに没頭していた。
ある日、いつものようにサーフィンに没頭し、必死に波を追いかけていた。
没頭するあまり、ピークからローカルサーファーが波に乗っているのに気付かず、僕はドロップしてしまった。
下手っぴだった僕は前乗りをし、なおかつ転んでボードを流してしまった。

とうぜん僕はそのローカルサーファーにこっぴどく叱られた。
それ以来、そのサーファーと海で会うとあいさつするようになり、いつの間にか話をするようになり、そしていつの間にかサーフィンを教えてくれる兄貴分のような存在となっていった。
その人が『クマさん』だ。

バリにて  ~クマさん~

バリにて  ~クマさん~

続きを読む…

タグ: ,

2号・・・

「クローズか?」
「いやいや、前線があるからそこまでは上がらないでしょう。」
台風2号について期待を込めながらさまざまな波予想がされていた。

え? ショアブレイクやんか~

え? ショアブレイクやんか~

続きを読む…

タグ: , ,

サイズアップを信じて

セット間はやや長めです

セット間はやや長めです


みなさん、おはようございます。
5月28日日曜日。
台風2号からの南西うねりが反応してきてます。
前線の影響でうねりが抑えられてしまっているようですが、潮が干いてきたらもう少しサイズアップしてきそうです。 続きを読む…

タグ: , , ,

どうした2号!?

朝一がっつりサーフィンをし、『SWPチャリティ、タッチラグビー大会』のお手伝いを終え、
「さあ、波どうなってるんだ!!」
と期待に胸を膨らませつつ海を見てみると・・・

おや? なんだこの静けさ

おや? なんだこの静けさ


思わず「おいおい」と情けない声を上げてしまった。
朝、ムネ~カタサイズだった波はどこかに消え去ってしまい、インサイドで力なくモモくらいの波が申し訳程度にブレイクしていた。 続きを読む…

タグ: , ,

キターっ! 台風2号のうねり、入荷しましたっ!!

グーフィーのキレている波が良かったですね~

グーフィーのキレている波が良かったですね~


みなさん、おはようございます。
5月28日土曜日、朝の湘南。
台風2号からのしっかりしたうねりが湘南全域でヒットしてます。
ビーチでもまだまだ遊べるコンディションとなっています。 続きを読む…

タグ: , ,

サーフィン中にもし流されたらどうするかっ ~初心者サーファーへのメッセージ その3~

太平洋側は台風からのスウェルで大きくサイズアップしているようだ。
Big Waveを待ちにまっていたサーファーも少なくないはずだ。
当然このボクもそのうちの一人で、週末から来週明けあたりまでの用事はキャンセルもしくはバックレをし、なるべく海にいようと企んでいるのだ。

台風のうねりはまだこれから

台風のうねりはまだこれから

しかし、初中級者にとって、大きな波は喜んでばかりはいられない。
よく「大きい波なんて怖くない」と豪語している初中級者がいるが、それは怖くないのではなく『怖さを知らない』だけで、見方によっては最も危険な状態ともいえる。
大きな波とは経験を積んでもやはり怖いものであり、程度の差こそあれプロサーファーであってもそれはやはり同じことなのだ。

前回の『初心者サーファーへのメッセージ』にてどのような状況で初心者サーファーが沖に流されるのか、という説明をした。(前回はこちら

では実際に流されたらどうすればいいのだろうか。

色々な状況によって対応が違うと思うが、以下のようなことが考えられる。
1、大声を出してラインナップにいるサーファーに助けを求める。
2、とにかく必死で岸に戻るべくパドルをする。
3、沖に漁船がいないかどうか探してみる。
4、明らかにカレントに流されていると感じたときは流されきってから岸に向かう、もしくは横にパドルしてカレントから抜けてから岸に向かう。

実際にボクは湘南で何人かの初心者サーファーを救出したことがある。
その時のことを思い返してみると、2の必死でパドルして戻る、というのはかなり困難だ。
流されてもある程度パドル力があるサーファーであれば戻ることができる。
しかし、カレントに流されてしまうサーファーは往々にしてパドル力のない人だ。
命懸けの火事場の馬鹿力でとにかく必死にパドルする、というのはもちろんやってみる価値はあるが、それでも戻れなかったときにはかなりの体力を消耗してしまうことになる。
そのリスクも頭に入れておかないといけないだろう。
>> 次のページは >> 1〜4をそれぞれ検証してみる

タグ: , , ,

ビギナーにおけるサーフィン上達 基本の基本

誰もがサーフィン初心者時代を経験している。
ケリースレーターだってジョエルチューダーだって最初は初心者だったのだ。
かくいうこの僕もきっちり初心者だったわけで、最初のころはなかなか波に乗れずに苦労をした思い出がある。

初心者にとって覚えなくてはならないことはたくさんある。
しかし、最初に技術的なことを理論的に教え込みすぎてしまうと感覚のスポーツであるサーフィンにはかえって混乱をきたすことが多いと僕は考えている。
理由は初心者が波に乗った瞬間に理論を考えている余裕があるとは思えないからだ。

今日僕のスクールに参加してくれたTさん。
サーフィン歴は半年。
週一回ペースで海に通っており、一回のサーフィンで波に乗れるのはいい時で2回くらい、ということだった。

波待ちしている位置がアウトすぎですよね~

波待ちしている位置がアウトすぎですよね~

いつものようにまずは何もアドバイスをしないで普段通りに海に入ってもらった。
海に入った1分後には大きな課題が見つかった。
波に乗れるポジションで波を待ててないのだ。 続きを読む…

タグ:

嵐の前の静けさ

ちょっとうねりが反応しているか!?

ちょっとうねりが反応しているか!?


みなさん、おはようございます。
5月27日金曜日、朝の湘南はうっすらうねりが反応してきています。
今後に期待したいところです。
セットでモモくらいです

セットでモモくらいです


明日あたりから台風2号からのうねりが入ってきそう。
今日は嵐の前の静けさといったところだろうか。
妙に海が静かに感じてしまうのは台風で炸裂する大波に期待を寄せているからなのでしょうか。 続きを読む…

タグ: , ,

放射性物質が降り注いでいる現実

政府、東電の情報公開の仕方には疑問を感じてしまう。
事故から2か月が過ぎようとした今頃になって1号機~3号機がメルトダウンしていたという事実が発覚した。
とくに子どもを持つ親御さんや妊婦さんはこのニュースをどのような思いで見つめていたのだろうか。

とうとう湘南辻堂でも・・・

とうとう湘南辻堂でも・・・

先日、僕の愛する湘南からもとうとう放射性物質が検出されてしまった。
僕は海に関わる仕事をしている。
この情報を耳にしたとき、このSWP(当サイト)でこの事実について書くべきかどうか、正直迷った。
海に人が来なくなってしまったら僕は失業してしまうからだ。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/