SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

このままでは・・・ 

なんだなんだ、この色は??

なんだなんだ、この色は??


なんだなんだ、この海水の色は??
一体何が浮かんでるんだ?
波がブレイクし、本来白波になるはずのスープが茶波になっているではないか。
明らかに美しくない。
これはきっと汚染物質に違いない。
きれいなはずがない。
いかにも『汚れております』という怪しいカラーリングだ。
せっかく早起きして海にやってきたのに、こんなんじゃ朝の清々しい気分になんてなれやしない。
人が暮らしている限り海が汚れていくことは仕方のないことなのだろうか。
本当に仕方ないで済ませていいことなのだろうか。

そういえば以前にも同じように茶色の汚染物が海を覆い尽くしたことがあった。
青く美しいはずのバリ島の海が日に日に汚れていく現実。
もしかすると色が茶色になった時に可視化されているだけで、もうすでに普段からすっかり汚れきってしまっているのだろうか。
いずれにしてもどこかから何か良からぬものが海に流れ出ていることだけは確かなようだ。
>> 次のページ >> サーファーからムーブメントを!

タグ: , , ,

大人にわめき続けた少年サーファーの話

平和なはずだった朝が・・・

平和なはずだった朝が・・・


バリ島の早朝の海はサーファーも少なく平和にサーフィンを楽しむことができる。
だから最近のボクは今までにも増して早起きになってきている。

早朝、家を出るときは間違ってもド天然嫁を起こしてはならない。
ましてやなかなか2度寝をしてくれない我が娘を起こしてしまうとド天然嫁の機嫌が悲劇的な状況になる。
この日もうっすらと夜が明け始めるのと同時に泥棒にでもなったような気分で気配を消しつつそっと玄関の扉を開いた。

常夏の島とはいえ、早朝の空気はひんやりと澄んでいる。
空を見上げると久しぶりに藍色に抜けた晴天が広がっていた。
今年のバリ島の雨季はいつになく長引いている。
例年であればとっくに乾いた季節へと移り変わっているはずなのであるが、今年は4月に入ってからも毎日のように降雨に見舞われている。
天気と精神状態は深く関係していると言われているがその通りである。
やっぱり空が晴れると気分も軽くなるのだ。

ここのところスモールウェーブが続いている。
この日のビーチもセットでハラくらいのスモールコンディションだった。
天気がいいからか、潮回りがいいからなのか、早朝からわりと多くのサーファーで賑わっていた。
テイクオフの瞬間には朝の日差しが真正面から無遠慮に視界に入ってきた。
一瞬目の前が暗くなり周囲が見えなくなってしまうが、その次の瞬間には水面に優しく揺れる朝の陽光が広がっていた。
何本目かの波でインサイドまで乗り継いていった時に浜辺で波を眺めている白人の親子のサーファーの姿が目に入った。
お父さんと2人の男の子。
いかにも幸せそうな表情を浮かべた3人だった。
息子たちとサーフィン。
お父さんとサーフィン。
ああ、きっと幸せな瞬間なのだろうな。
傍目から見てもそう感じ取れるほどの幸せそうな絵面だった。
>> 次のページは >>  わめき始めた少年に何が起きたか??

タグ: , ,

チョープー的ウェーブプールの出現??

都心に現れた20fの波??

都心に現れた20fの波??


興味深い記事を見つけたのでみなさんにご紹介しようと思う。(情報元We are Surfer
サーフィンがオリンピック競技に決まり、開催地が千葉県一宮の志田にほぼ決定したというニュースが流れた。
ただし、これはあくまでも『ほぼ決定』であり、最終決定ではないという見解であった。
そのことについては関係者からの証言で裏も取れている。
ではその他の可能性はどんなことが考えられるのだろう。
そんな疑問に答えてくれる記事を見つけたのだ。

その記事によると、ある機関が(この機関名が相当に怪しいのだが)オリンピックに向けてとんでもないスケールのウェーブプールを作る計画を立てているというのだ。
なんとそれは20フィートの大波を人工的に作れて、なおかつチューブの波になるという夢のウェーブプールなのだという。
しかもその波質は世界最高峰といわれているあのタヒチのチョープーに99・9%近づけているというのだ。
大規模なコンクリートの塊をプールに沈めることでうねりを形成し、人工的に作られたボトムにうねりがヒットして波がブレイクするというのだ。

本当にそんなことができるのだろうか。
できたとしてもとんでもなくコストがかかりそうだ。
ん〜、どうも怪しい。
この記事を読んで最初に受けた正直な印象だ。
20フィートの波をウェーブプールで作るなんてことが本当にできるのだろうか。
>> 次のページは >> 嘘か本当か、まだまだ続く

タグ: , ,

素晴ら四季ニッポン

日本式、趣があります。

日本式、趣があります。

約半年ぶりに帰国を果たした。
2012年にバリ島に移住した後、平均すると3ヶ月に1度のペースで帰国していたので半年という期間はボクにとってバリ連続滞在最長記録となった。

成田の滑走路に機体がバウンドしながら着陸すると心の内側で気づかぬうちに張り詰めていた何かがふわりと緩んでいくのを感じた。
バリでの生活では慣れてしまってそんなことを意識することすらないが、こうして久しぶりに祖国の地を踏むと言い知れぬほどの安堵感に包まれた。
やはりどんなに肌の色がインドネシア人化し生真面目な日本人気質を忘れかけていたとしても心の真ん中はきっちり日本人であったのだ。
当たり前のことかもしれないがそのことがくすぐったいように嬉しかった。

バリ島移住当初、バリ島の素晴らしさにばかりに目が向いていた。
そのおかげでバリ島が大好きになったし、それが原動力となり長期バリ島暮らしを継続できているとも言える。
しかし最近では逆転現象が起こっている。
一時帰国のたびに日本の素晴らしさに心を奪われているのだ。

>> 次のページは >> 日本ってこんなにも素晴らしい!!

タグ: , ,

フィリピン、バレルでバレルだあ〜の旅 〜その7 バレル写真集〜

さあ、フィリピン、バレルの旅、7回にわたる連載の締めくくりはこの旅を写真で振り返ってみたいと思う。

まずは小川幸男のインナーバレル。
「ほとんどの波がバレルでしたよ」とコメント。
ボクにとってはそんなことなかったんだけどな。
やはり彼はマスターだ。

小川幸男 Photo by Ken-G

小川幸男 Photo by Ken-G

恐ることなく果敢に攻めていた中学1年生の守城海くん。
どこまで上手くなるのか、将来が楽しみ。

守城海 Photo By Ken-G

守城海 Photo By Ken-G

バリニーズの意地を見せたKick隊長。
陽気な彼は常にムードメーカーとなっていた。

Kick隊長 Photo by Ken-G

Kick隊長 Photo by Ken-G

さすがはハードコア、サヌールローカル。
セットの一番大きい波にチャージしていた。

Mang Bule  Photo by Ken-G

Mang Bule Photo by Ken-G

>> 次のページ >> バレルエリア陸ショット

タグ: , , ,

フィリピン、バレルでバレルだぁ〜の旅 〜 その6 ハッピーマンがゆく 〜

いつも自然体の小川幸男

いつも自然体の小川幸男


初めてのフィリピントリップだったことも手伝ってボクのサーフトリップ人生の中でも強烈なインパクトを残す旅となった。
コブラリーフの波はなかなか男らしい波だったし、セットの波に飲み込まれて普段ユルユルのユル顔だったボクの顔は久々に真顔となった。
中学生の守城海くんがセットの波に果敢にチャージしている姿も印象に残ったし、バリニーズのキック隊長とコマンとの旅も新鮮だった。
そして圧巻だったのは何と言っても小川幸男の存在だ。
彼はサーフィン一家のサラブレットとして育てられ、JPSA(日本プロサーフィン連盟)の選手会長を務めている。
サーフィンのセンスもさることながら彼の発するハッピーオーラは周囲を明るく照らしてくれた。
幸男=Happy Man
『名は体を表す』というが彼の場合はまさにその通り。
どこまでも幸せな男なのだ。

バレルからマニラ空港への帰路。
連日のサーフィンとミスターM`sの酒盛りにボクは体力の限界を迎えていた。
車中は少しでも疲れを取るために睡眠に当てようと決めていた。
ボクはそのことを高らかに宣言し、睡眠体制に入ろうとするとハッピーマンに内在する少年が目を覚ましてしまった。
「けいくん、シリトリしようよ! ほらみんな、シリトリするよっ」
「なんでシリトリなんだよ。寝るんだよ」
「はい、じゃあ、リンゴ」
「は?  やめようよ〜。・・・。ん〜、じゃあ、ゴリラ」
「ラッパ」
「パイナップル」
・・・。
こんな具合に気がつくと彼のペースに巻き込まれていた。
そして、すっかり眠気が飛んでしまった頃に「あ、俺眠いんで寝よっ」とさっさといびきをかいて眠ってしまった。
シリトリする前には日本のプロサーフィン界の未来について熱く語っていた。
大人の一面。
そんでシリトリ。
よくわかんないやつ。
でも憎めない。
なんだか笑けてくる。
彼のキャラのおかげもあって、笑いに包まれた旅となった。
>> 次のページ >> フィリピン・バレルの旅を終えて

タグ: ,

ゴミ箱サーフィン

ビーチに集められたゴミの山

ビーチに集められたゴミの山


娘の言葉に後押しされてサーフィンを再開してから1週間が経った。
25年もサーフィンを続けているのに、たった2ヶ月間サーフィンから離れただけで目も当てられない状況になってしまっている。
時々ビギナーレベルのサーフィンが顔を覗かす始末だ。
まったく、いかにサーフィンのセンスがないか。
我ながらカワイイななんてことを思ってしまう。

そんなかわいらしいサーフィンをお披露目しているボクであるが、恥ずかしさのあまり人のいないところでカゲレンだ、という作戦に立に打って出て、オンショアが吹くクタビーチに行ってみた。
作戦通りサーファーの姿はほとんどなかった。
波もかろうじてサーフィンは可能な状態。
こんな下手くそサーファーはオンショアでもくらえ、とばかりに半ばヤケクソ気味で海に入っていった。
今のボクにはいい波をピークから乗る資格などないのだ。
>> 次のページは >>  まるでゴミ箱の中でサーフィン

タグ: , ,

ガル子物語 vol61 〜 背中を押す言葉 〜

海を眺めながらガル子は言ったのだ

海を眺めながらガル子は言ったのだ

日本で暮らす友人から「春の香りがし始めたよ」なんていうお便りが届いた。
お便りが届いた、なんてちょっと乙女っぽい表現になってしまったのだがたまにはいいのだ。
オヤジにだってお便りは届くのだ。

春が近づくと心が浮ついたのを思い出す。
そして春の始まりということは冬とはもっとも遠い季節を意味しているわけなのでそのこともなんだか嬉しかった。
とにかく冬が苦手だったので春の訪れがなんとも嬉しかったのである。

そのメールを読んでボクはこんなことを思った。
もし今も日本で暮らしていたら冬の間にサーフィンをしていただろうか、と。
日に日に寒さに弱くなっていることを常夏のバリでも実感している。
最近は長袖を着て眠ることが増えてきている。
汗をかいている娘の寝顔の横でボクの体は寒がっているのだ。
そういえば2年前に真冬の日本に帰国して凍死しそうになったこともあった。
とにかく全細胞が寒さを拒絶しているのを感じるのだ。
続きを読む…

タグ: ,

サーフィン中の事故から得た教訓

後頭部に大きな傷を負った

後頭部に大きな傷を負った

先日の投稿でバリ島東海岸でサーフィン中の事故で重体になった日本人サーファーについて書かせていただいた。(その記事はこちら
その続報が入ってきたのでご報告しておこうと思う。

サーフィン中、何らかの理由で海底のリーフに頭を強打して意識不明の重体に陥っていた日本サーファー。
事故後の迅速な処置が功を奏してか、順調に回復しこの度無事帰国に至ったとの報告を受けた。
これには心底からホッとした。
普段サーフィンをするスポットでサーファーに何か重大なことが起きてしまったら、と気を揉んでいた。
実は当サイトでは掲載しなかったもう1枚の写真には後頭部に重大な傷を負っていることを示すものが写っていた。
正直に告白するとそれを目にしたボクは絶望的な気分になっていた。
しかし奇跡的に助かって本当に良かった。

サーフィンは時として重大な事故を引き起こす。
命を落とすことだって珍しいことではない。
サーフィンは危険に満ち溢れているという側面を兼ね備えているのだ。
しかしその反面、サーフィンは人生を光へと導いていくれる素晴らしいものでもある。
危険との引き換えということになるのだろうか。

>> 次のページは >>  サーフィンをしている限り危険を回避する方法はない?

タグ: , ,

サーファーが担うミッションとは?

苦痛の先の達成感

苦痛の先の達成感


成功者で登山を趣味にしている人が多いことについてはなんとなく頷くことができる。
我慢して我慢して、きつくても登って。
ただただひたすらまっすぐ頂上だけを目指していく。
たとえ何があっても弱音など吐かず、諦めず、初志貫徹。
目標を達成する強い意志を持って高い頂を目指していく。
そして頂上に立った時の達成感。
成し遂げたという充実感や征服感。
一つの山を登り終えるとさらに険しい山に登りたいという欲求が生まれるという。
まさに成功者の資質にぴったりと当てはまってくる。

登山と並んで成功者の趣味としてあげられるのがトライアスロンだ。
こちらも同じような性質がありそうだ。
スイム、ラン、バイクという3大持久系スポーツ(勝手に)を次々にこなしていかなくてはならない。
ボクからしてみたら何もそんなにつらそうなスポーツを重ねてやらなくてもいいのに、なんて思ってしまうのだが、そこには言い知れぬ達成感があるのだろう。
登山と同じく自分に厳しくないとできない競技なのだろう。

>> 次のページは >>  ではサーファーは・・・???

タグ: ,

2 / 16812345...102030...最後 »

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/