SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーフィンにおける身体意識

身体の意識を高めて・・・Photo by Ken-G

身体の意識を高めて・・・Photo by Ken-G


自分を指差すときって身体のどこを差すだろうか。
普通は胸あたりじゃないかなと思う。
ある調べによるとこれは世界でも共通のジェスチャーだということだ。
「俺、俺っ」という場面で、「俺」のときにヒザを指さしていたら間違いなく変わった人に思われてしまうだろう。
自分を指差すときに胸あたりというのが普通の感覚なのではないかと思うのだ。

思考するときは頭を使っている。
でも、自分という存在は胸に宿っているような感覚がある。
それを魂というのか、なんなのかはわからない。
ただ、なんとなく「自分」という存在は頭とかお腹とか足などではなく胸あたりにあるような気がするのだ。
まあ、これは個人的な感覚なので異論反論賛否両論あるとは思うが、ボクはそういう感覚を持っている。

話は少々怪しげな方向にいきかけているのだが、ここ最近自分の身体に興味を持ち始めている。
「自分の身体」と表現している時点で、自分と身体が別物であるという潜在意識の表れなのかもしれない。
自分を乗せてくれている身体という感覚だろうか。
アムロを乗せているガンダムとでも言おうか。
シャーを乗せているシャーザクでもいいか。
で、やっぱりアムロにとって大切なのはガンダムの性能であり、いくらアムロが勇敢でもガンダムがショボかったら決してシャーザクには勝てないはずだ。
わかりますかね?(笑)
わかる人にはわかる、ということで。

>> 次のページは >> サーフィン中に少し意識を変えてみると

タグ: , , ,

いいサーファーになるために

いいイメージでサーフィンをすれば

いいイメージでサーフィンをすれば


サーフィンはつくづくメンタルのスポーツだ。
いや、サーフィンだけでなくスポーツ全般においてメンタルは非常に重要な役割を果たしている。
ボクはサーフィン以外のスポーツはあまり知らないのでここではサーフィンに限って話を進めていこうと思う。

サーフィンはメンタルのスポーツだ。
ある意味、そう言い切ってしまってもいいかもしれない。
スポーツである以上フィジカルが重要なのは語る必要もない。
その上でメンタルが非常に大切になってくると思うのだ。

心が重たいときや悩みを抱えながらサーフィンをしてもやはり調子が悪いものだ。
反対に心が軽くいいことがあったときなどはサーフィンの調子も良くなるものだ。
まあ、そんなことはごく当たり前のことなわけで、わざわざ記事にするような内容でもないだろう。

で、話をもう少しだけ掘り下げてみようと思う。
前述の通りサーフィンはメンタルに左右される。
では、そのメンタルをどのようにもっていけば安定して調子が良くなるのだろうか。
>> 次のページは >> いいサーファーになるための条件

タグ: ,

夢の島?ゴミの島?

バリ島のゴミ問題は深刻です

バリ島のゴミ問題は深刻です


なんだか最近の記事はベクトルやや下向きな内容が続いている。
ボクのメンタルはやや上向きなのになぜか下向き内容増えてしまっているのはなぜだろうか。

バリ島においてクイックサーフィンをするであればビーチがいい。
タイミングさえあえば1時間も海に入れば満足レベルに達する。
1日を有効に使うにはビーチでサーフィンがいいのだ。

バンクがある場所まで砂浜を歩く。
このわずかな時間がボクにとっては貴重なのである。
白人さんやドメスティックのツーリストが浜辺で思い思いの時間を楽しんでいる。
幸せそうな人たちを目にするとこっちまでなんだか幸せな気分になってしまう。
幸せ気分のおすそ分けを頂きながらサーフィンへと向かうのだ。
なかなか贅沢なひとときなのである。
>> 次のページは >> ゴミに埋もれてしまうのか?

タグ: , ,

身近におった師匠

67歳おかん

67歳おかん


67歳のオカンがすごいことになっている。
今まで身近すぎて今一つピンときていなかったのだが、冷静にみてみるとやはりうちのオカンはすごいのだ。

67歳のオカンは肩こりや腰痛といった体の不調を何一つ抱えていない。
それに引き換え42歳のボクは慢性的な腰痛に悩まされ、体のあちこちが不調だ。
それに引き換え我がオカンは寝起きから爽快に活動している。
「ねえ、疲れないの?」と聞くと「何が疲れるのよ?」と不思議そうな表情を浮かべているのだ。

67歳といえばまあまあお婆さんに近い年齢だ。
なのに息子より元気って。。。
整骨院では「20代の筋肉ですね〜」と言われたとか。
ボクだって平均的同年代に比べるとまだ体力はあるほうだと自負している。
しかしそんなボクですら寄せ付けないくらい元気な67歳。
いったい我がオカンにはどんな秘密があるのだろうか。
>> 次のページは >> その秘密は!?

タグ: , ,

あ〜あ・・・

天気もいいし、波もほどほど

天気もいいし、波もほどほど


友だちに誘われてビーチへ向かった。
以前に比べるとかなりサーフィンに前向きになってきている。
自発的に海へ出かけていくというまでには至っていないが、サーフィンが楽しいと感じられるようになってきているのだ。

天気もよく、波もほどほど。
乾季のバリ島は海水温度が下がるため、長袖タッパーでちょうどいい。
ちょっとひんやりしているので普段ボーとしている頭がシャキッとしてなんだか気持ちが良かった。
波のサイズはセットでムネくらい。
ロングボードでクルーズするには最適な波だ。
サーファーの姿もまばらで波の取り合いなんてものもなさそうだった。

気持ちがいい、の一言に尽きるセッションだった。
最初の1時間ほどはわりと集中して波を追っていたのだがその後は海に浮かびながらボンヤリと水平線を眺める、といったゆるーいサーフィンになっていた。
自分の目の前に入ってくる波にのみ手を出しているという感じだった。

アウトで波を待っているとセットの波が入ってきた。
ボクの場所がちょうどグーフィーの切れ目になっていた。
ロングボードなので沖合から軽くパドルしてテイクオフをした。
するとインサイドのピークからショートボーダーがその波に乗ってきた。
ボクは彼が乗ったことに気がついていたのですぐにプルアウトして沖へ向かって再びパドルをした。
ボクと彼の距離は10m以上離れていたし、彼が後から乗ってきたのに気づいたボクはすぐにプルアウトした。
ロングボードに乗っているときはいくらでも波に乗れるわけなので、ショートボードが乗る波には前乗り後乗り関係なく譲るようにしている。
ガシガシと波を奪い合うなんてのはボクのスタイルに反するのだ。
>> 次のページ >> まさかの展開。なんでそうなるの?

タグ: , ,

ネガティブはポジティブの始まり

パワースポットに行ってみたり

パワースポットに行ってみたり


悪い流れのときというのは何をやってもうまくいかないものだ。
今年に入ってからそんな重たい日々が続いていた。
そんなときに限って立て続けに旅の仕事が入っていたのでメンタル的になかなかきつかった。
調子のいいときであれば「おっしゃ、旅だあ〜」と心から楽しめるわけなのだが、そこまでハジケルことができなかったのだ。
人は誰でも他人には言えぬような悩みを抱えて生きているわけなのでそんなことをグチグチ言っても仕方のないことなのだが、自分を保つのが精一杯だったというわけなのだ。

そんな暗い暗いトンネルをようやく抜け出そうとしている。
先月の中旬あたりから「このままではダメだっ」と奮起し、いろいろと新しいことにチャレンジしている。
流れを変えるには新しいことを始めてみるのが一番だ、と思い立ったのだ。
もしかしたら流れが変わってきそうな雰囲気を察知して、新しいことに目が向くようになったのかもしれない。
どっちが先かはわからないが、とにかく新しいことに目が向くようになったのだ。
>> 次のページは >> サーフィンに対する考え方も

タグ: None

突然襲ってきた不思議な感覚

やっぱり持つべきものは友人である

やっぱり持つべきものは友人である


バリにやってきた高校時代からの友人に誘われて1泊2日の旅に出ることになった。(前回はこちら
考えてみると仕事を抜きにしたサーフトリップに出るなんて何年ぶりのことだろう。
たった1泊とはいえ、そういう機会に恵まれてこなかった。
仕事がらみの旅が毎月のように入るようになってからはそんな気力も起こらなかったし、スケジュール的にもプライベートの旅を楽しむ余裕はなかった。

まだ夜も明け切らぬ闇のなか、友人の泊まっている部屋の玄関をノックして旅は始まった。
そういえば東京でサラリーマンをしていた頃は毎週金曜日の夜にこんなふうにして海に向かって車を走らせたものだ。
なんとなくその頃の胸の高鳴りを感じながらハンドルを握っていた。
サーファーの友人はがっつりサーフィンをする気でいる。
それに引き換え僕は気分が乗らなかったら海に入らずに読書でもしようと思っていた。
全てはその時の気分次第だ。

ここ最近、サーフィンに対するモチベーションを落としていた。
自発的に海に向かうことはほとんどなくなっていた。
誰かに誘われて「んじゃ、まあ行くかっ」という程度の惰性で続けていたのだ。
長いサーフィン人生、こういう時期は定期的に訪れる。
過去にも何度かこんなふうにやる気を失ったことがあった。
しかし、今回は過去のそれらとは少々違っていた。
一向にモチベーションが上がらないし、体調面でも不安を感じる部分があった。
とにかくすぐに疲れてしまうのだ。
「俺、病気なのか?」と心配になるほどだったのだ。
>> 次のページは >> 不思議な感覚に包まれ

タグ: None

『好きなことを仕事』にすることで生まれる弊害

仕事中、には見えないだろうな・・・

仕事中、には見えないだろうな・・・


なんやらもう忙しい日々が続いていた。
20年以上続けてきた日記も1週間ほどストップしている。
日記を書く暇もなかった。
もちろんSWP(当サイト)に投稿する時間もなかった。
仕事もたんまり溜まってしまっている。
いや、これはもしかすると久しぶりにオフになれたということなのかもしれない。
どっちやねん、って感じなのだが自分でもどっちやねん、なのだ。

世間様からの見えるボクの姿というのはサーフィンしてビール飲んで、というイメージなのかもしれない。
「あいつ、いっつものんびりしてていいよな」なんて思われているのかもしれない。
まあ実際にサーフィン後に友達たちとビールを飲んでいるのは紛れもない事実だ。
別に嫌々付き合って飲んでいるわけでもない。
その場は心から楽しんでいる。
でもそれも含めてボクの中では「オン」であって、別に「オフ」でやっているわけではないのだ。
ん〜、この辺はあまり理解されにくいのかもしれないのだが、実際にはそうなのである。
>> 次のページは >> 好きなことを仕事にすることで生まれる弊害

タグ: , ,

願う!ガルーダ羽田直行便復活!

乗り継ぎは嫌よ、空の旅。

乗り継ぎは嫌よ、空の旅。


ガルーダエアラインのバリー羽田直行便が廃止されて久しい。
この便のハードリピーターだったボクにとっては寝耳に水だった。
7時間あまりで羽田まで着くこの便はボクにとってライフラインだった。
それが突如としてなくなってしまったのはボクにとって大きな問題となった。

成田便で帰ることもできる。
ただ、成田だと日本に帰ってからまた一旅ある感じだ。
根城である実家まで電車を使っても2時間以上かかる。
日本に着き、ホッと一息ついてからの一旅は正直結構きついものがある。
仕方なしに現在エアアジアでクアラルンプール経由の羽田便での帰国を余儀なくされてしまっているのが現状だ。
>> 次のページは >> ある情報筋からの羽田便復活の条件とは!

タグ: ,

サーフィンまずはここから その2 〜テイクオフ〜

片腕でBig Wave に挑むベサニー Photo by Ken-G

片腕でBig Wave に挑むベサニー Photo by Ken-G


先日、2週間ぶりにサーフィンをしたときに感じた「波の捉え方」について書き記した。(その記事はこちら
毎日のようにサーフィンをしていたときには当たり前すぎて感じることもなかった細かい点を再確認できたのはボクにとってもプラスであった。
今回は先日の続き、つまり波を捉えたあとのプロセスで感じたことを書き留めておこうと思う。

平常心を取り戻し、波をしっかりみることができるようになると普段通りに波を捉えられるようになった。
2週間ぶりのテイクオフ。
波を捉えられたまではよかったが、サーフボードの上に立つと一瞬「これなんだっけ?」とサーフィンの動作を軽く忘れていた。
ボトムに降りると「ああ、そうそう」と思い出してそこからは普通に波をメイクすることができた。

2本目、さすがにもうサーフィンを体が思い出しているはずだ。
なにしろ20年以上もサーフィンばかりしてきたわけだからたった2週間海から離れていたからといって忘れるわけがない。
ゲッティングアウトしながらインサイドの波を見定めてインサイドピークへと向かう。
波待ちをすることもなくいいタイミングで入ってきた波を追いかける。
波がブレイクするタイミングに合わせてパドルをした。
するとスムーズにサーフボードに波のパワーが伝わり波を捉えることができた。

波のトップからボトムへと降りる。
ん?
なんだこの変な感じ。
妙な違和感があった。
何かがおかしいのだ。
ボトムに降りるころには落ち着きを取り戻し、そこからはわりと普段通りのライディングへと移行していった。
なんとなくの違和感は1本目と同質のものだった。
ボトムに降り、落ち着いてからは普通にライディングできるのだがテイクオフのプロセスに違和感があった。
そのほんのちょっとのテイクオフの狂いでライディング全体がなんとなくギクシャクしてしまったのだ。
>> 次のページは >> 違和感の原因は?

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/