SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

自由の月曜日

週末はきっちり嫁の実家詣を行い、嫁&両親孝行をした。
何しろ両家にとっての初孫であるベビ子はどちらの実家に行ってもスター扱いなので、僕はスターのアシスタントとしての脇役をしっかりとこなしているのである。

小ぶりながらいい波でした!

小ぶりながらいい波でした!


週末をそのように過ごしている僕にとって、待ちに待った自由の月曜日。
月〜金でお仕事をしている人たちとはまったく逆の感覚。
おっしっ、月曜日!なのである。 続きを読む…

タグ: , ,

平日限定?

17日夕方のオンショアの波

17日夕方のオンショアの波


昨日の夕方オンショアで上がった波も今朝には落ち着いてしまっていた。
それでも火曜日から4日間サーフィンが楽しめたのだから文句を言うのはやめておこう。
おかげでどんどん色黒になってしまい、湘南ではそれが普通なのだが東京に行くと「おっ、黒いな」という熱い視線を感じてしまう。 続きを読む…

タグ: ,

ぼかーシアワセだなー

久々にサイズアップした昨日の湘南エリア。
しかしそんな昨日に限って江戸で商談、という運の悪さを持っている私。
だいたいにして2ヶ月に1度くらいしかない江戸出張の時に限っていつも波があるのだ。
なぜにいつも今か今かと波が上がるのを待っているこのひたむきな僕が湘南にいないときに限ってココゾとばかりに波が上がるのだろうか、などとややネガティブになりながらも仕事はきっちりこなしてきた。
当然商談中もちょくちょく波情報の動画を消音にしてチェックしていたのだが、昨日は一日を通して波があったようで悔しい思いをしたのだった。

なんとか波残ってくれました〜

なんとか波残ってくれました〜


そんな悔しさをはらすため、今朝はいつもより早めに目覚ましをセットした。
しかし、そんな夜のうちの気合いも朝になると別人のようになってしまうのはいつものこと。
目覚ましを止めて結局起きたのはいつも通りの6時台。
まあそれでも潮が引いてくる時間を考えるとちょうどいいじゃないか、と自分をなぐさめつつもすぐに海へ行った。 続きを読む…

タグ: , , ,

いい波乗る→パドル選手権

今朝の湘南、いい波ですよ!

今朝の湘南、いい波ですよ!


久々に湘南にしっかりとしたウネリが入ってきた。
そうそう、そういえば久しぶりなんです。
ここ最近、湘南で波がないとすぐに嬉しそうに吉浜などに行っていたので気がつかなかったが、そういえばホームポイントである辻堂でサーフィンするのは久しぶりなのです。

海に入ると「いやー、久しぶりに波上がったねー」のような会話があちこちで聞かれた。
サーファーたちはやっぱり波があると嬉しそう。
正直言うと先週までコンテストで千葉に行ったりしていたので僕的には久しぶりのサーフィン、という感じはしなかったのだが、なんとなく僕も便乗して「いやいや本当に久しぶり〜」なんてことを言ったりしてみた。 続きを読む…

タグ: , ,

コンテスト熱、再び

ヒートを楽しむことができました 〜有本圭〜

ヒートを楽しむことができました 〜有本圭〜


JPSA(日本サーフィン連盟)の大会に4年ぶりに出場し、実感としては本当に久しぶりに本気でサーフィンと向き合ったように思う。
今までも当然Keep Surfingしてきたが、やはりコンテストに出てみると向き合い方が変わってくる。
よく、「大会に出るとサーフィン上達するよ」ということがサーファーの間では言われるが、それは大会に出たことで自分の足りない部分が見えてきて、その課題を克服するように普段から練習するようになるからだと思う。
コンテストに出続けているサーファーがどんどんレベルアップする秘密の一つにはそんなところがあるように思う。 続きを読む…

タグ: , ,

2回戦敗退。言い訳でしょ? はいっその通り

2012JPSA第一戦@千倉

2012JPSA第一戦@千倉


4年ぶりのコンテストだったがなんとか2回戦にコマを進めた。
ヒートから上がると、嫁から「ん〜、なんかいつもの圭くんのほうが上手いよね〜」と厳しい評価をいただいた。
たしかに1位で通過したとは言うものの、得点もそんなに高くなかったし、どうも体が固くなっている感じがした。

コンテストはいかにいつも通りのサーフィンできるか、というのが一つのテーマになる。
どうしてもコンテストとなるといいところを見せようと気負いが出たり、固くなったりすることが多い。
自分では普段通りのつもりだったが、振り返ってみるとやはりいつも通りとは言えない出来だったように思った。 続きを読む…

タグ: , ,

JPSA初戦、とりあえず1回戦突破!

コンテスト会場に入ると自然とテンションが上がった。
4年のブランクはあるが、意外とすんなり雰囲気に馴染めた。
それもこれも選手たちが前と変わらず普通に受け入れてくれたのがありがたかった。
気分は同窓会のようで、「おお、久しぶり〜」というセリフを何度も発していた。
リラックスした中で1回戦を迎えることができた。

4年ぶりのヒート、意外と真剣。

4年ぶりのヒート、意外と真剣。

続きを読む…

タグ: , ,

4年ぶりのJPSA参戦

2005年秋に会社を立ち上げ、2007年にはその会社が軌道に乗り始め、その年には昼夜を問わず仕事をしていた。
そんな中、JPSA(日本プロサーフィン連盟)のツアーに参戦することがかなり困難になってきていた。

ぐちゃぐちゃになりながら働きまくった当時

ぐちゃぐちゃになりながら働きまくった当時


2007年のツアーは国内のコンテストに出場したが、大会前日の夜中まで仕事をしてそのまま当日のヒート直前にコンテスト会場入りし、そしてそこからすぐに会社に戻って仕事をして、翌日の出番に合わせて会場に向かったりという具合だった。
その年は2006年のファイナルレーティング23位から27位に順位を落としたが、かろうじてシード権(32位以内)は手に入れることができた。

しかし、翌2008年にはさらに仕事が忙しくなってしまい、気持ちの上でもサーフィンの大会に対するモチベーションが下がってしまったので出場を辞退することにした。
周囲からは、シードを取っているのに出ないのはもったいない、などと言われたが、どうしても気持ちがサーフィンに向かなかったのだ。
そしてそれから4年間JPSAコンテストからは遠ざかっていたが、今年2012年、仕事にもプライベートにも余裕が出て、気持ち的にもコンテストに出てみたい、というテンションになってきたので再挑戦することになった。
部分参戦(国内のみ)になる予定だが、まずはコンテストの雰囲気に慣れることや、他のプロサーファーたちのライディングからインスパイヤーされることが今年の課題だと思っている。

サーフィンのコンテストの結果が翌年のサラリーに直接響いていた2000年〜2004年のシーズンは、コンテスト前には恐ろしいほどのプレッシャーを感じながらサーフィンをしていたが、今は状況がまったく違う。
プロになる前に心からサーフィンコンテストを楽しんでいた頃と同じ状況だ。

ベビ子とともに 〜有本圭〜

ベビ子とともに 〜有本圭〜


天然ボケでいつも楽しませてくれる嫁と、僕の宝物ベビ子と3人で本日2012年JPSA第1戦Real B Voice CUP in 千倉に出場するため千葉に行ってきます。
4年もコンテストから離れている僕が簡単に勝てるとは思っていませんが、負けることを目標にして戦いに臨むなんてことはしないので全力で戦ってきます。
さあ、どうでしょうかね〜〜。

(有本圭)

タグ: ,

貸切吉浜はまあまあ遊べました〜

だ〜れもいない吉浜。小波ですが遊べました!

だ〜れもいない吉浜。小波ですが遊べました!


実は昨日の夕方にも湘南をこっそり抜け出して吉浜にお邪魔していたのだが、本日も昨日に引き続き吉浜に行ってきた。
ここ湘南から1時間弱で着く吉浜はぶらりとサーフィンしに行くにはちょうどいい距離なのだ。
車の運転もストレスにならない程度だし、渋滞もほとんどない。
道のりもほとんどが海沿いでしかも海を眺めながら運転ができる。
リラックスするには最高の道のりなのだ。 続きを読む…

タグ: ,

記憶力低下の功名

今日も小波ですね〜

今日も小波ですね〜


ゴールデンウィークから2日も経つとずいぶん過去の出来事のように感じてしまうのは僕が歳をとって記憶力が著しく低下しているからなのでしょうか。
最近、昨日のことですらずいぶん遠い過去のように感じられるようになってきているのです。
でも、記憶力が低下するということは悪いことばかりではないのです。
嫌な出来事や嫁の腹の立つ言動などもキレイさっぱり忘れてしまうので、記憶力の低下が夫婦円満、家庭円満の秘訣でもあるわけなのです。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/