SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

やっぱりバリがサイコー

3f前後のライテンダー

3f前後のライテンダー


ここ数日波がいい。
素晴らしい。
バリなんだから当たり前でしょーと思われるだろうが、それでもやっぱり素晴らしいのだ。

例のごとくバカの一つ覚えのようにエアポートリーフに通っている。
特に波に対するこだわりというものを持たないボクは友だちが温かく迎えてくれる居心地のいいポイントにどうしても足が向いてしまうのだ。
それにエアポートリーフは波もたいがい平均的にいつでもいい。
サイズが小さくてもレフトで十分遊べるし、サイズがあればライトも素晴らしい。
潮が引いても上げていてもどちらでもできるポイントもある。
だから風さえ合っていればたいがいいつでもいい波でサーフィンができるのだ。

バリを拠点にいろいろと旅をしているボクであるが、やっぱりナンダカンダといってもバリがいい。
まるっと1年間を考えてみても『波がない』なんてことはまずない。
風もどこかしらがオフショアだ。
でかすぎて出来ないというようなこともあまりない。
で、結論としてはバリがいいじゃん、ということになってしまうのだ。

ということは、波を求めて旅をする、というのは第一目的ではなくなってしまう。
まだ見ぬカルチャーやその土地の雰囲気、出会い、非日常・・・
そんなものを旅には求めてしまう。
だって、波はバリでいいじゃん、となってしまうから。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: ,

どうやらカルマの法則はありそうだ

海外暮らしの寂しさはバリではありえない

海外暮らしの寂しさはバリではありえない


バリに移住する前に懸念していたことがあった。
それは海外で暮らすことで寂しさを味わうのではないかという漠然たる不安だった。
しかしそれは完全に杞憂であった。

バリ島はもう驚くほど日本人サーファーが多い。
昨日などはポイントは完全に日本人だらけであった。
3連休で多くの日本人がバリにやって来ていたのだ。
3連休で気軽に来れてしまうバリ島はとにかく日本人が多い。
確実に波があり、確実にいつでも夏で、確実に時差が1時間しかないという『確実性』が短期でしか休みが取れない日本人には人気の要因なのだろうと思う。

そういうことはあまり考えずにバリに移住してしまったボクであったが、おかげで寂しい思いは全くしていない。
むしろ友だちがあまりに頻繁にやってくるので仕事に手が付かないという悩みがあるほどだ。
その友だちの中でもっとも頻繁にやってくる幼なじみがまたもや来ている。
今年に入って4度目の訪バリだ。
ボクが帰国する都度日本でも会っているのでしょっちゅう顔を合わせている感覚だ。
>> 次のページ >> カルマの法則?

タグ: ,

パプアニューギニア圏外の旅!!

  • 2014年11月21日
  • カテゴリー: 宣伝

パプアの子供たちのキラッキラの笑顔

パプアの子供たちのキラッキラの笑顔


圏外旅行が静かなるブームになっているらしい。(詳しくはこちら
まさにそんな旅を企画した。
行き先はパプアニューギニア。
世界最後の秘境とも呼ばれている秘境中の秘境だ。
何しろ今だに文明に触れていない種族が残っていると言われている場所だ。
太古のままの人々の暮らしが今なおそのままの姿で残る大変貴重な場所なのだ。

もちろん携帯の電波など飛んでいない。
飛んでいるのは鳥や虫だけ。
繋がれるのはその場にいる人同士。
自然ともしっかり繋がれる。
たまには電波社会から逃れて、丸裸の自分になってみるのも悪くない。

インターネットの接続を遮断し、完全なるオフを過ごしながらパプアに届く自然味溢れる波に乗る。
きっとそれだけで今までに見えなかった何かが見えてくるはずだ。
心に静寂が戻り、日常の悩みや不安などからも解放されることだろう。
そして、ネット社会に染まっていない人々と触れ合うことで今まで眠りかけていた我々の本来の姿を呼び起こしてくれるだろう。

とまあいろいろ言っているわけですが、ようは一緒にパプア行ってみません?ということなのです。
パプアのサーフキャンプはある程度まとまった人数にならないと予約が取れないのです。
なので束になってかかっていかないとならないのです。
来たる2015年1月24〜31日の8日間、パプアニューギニア、トゥピラ村のサーフキャンプでみっちりサーフィンをしつつ心からのんびり過ごす旅をしたいと思ってます。
皆さんとの出会いと、パプアでの新たなる体験を心から楽しみにしている次第でございます。
詳しくはボクのFBアカウントへのメールか、ourdesk@surf-trip.com 木下までお問い合わせください。
お待ちしておりま〜す!

(有本圭)
※どうしても仕事などでネットに繋げなくてはならないという人はGlobal wifi(羽田でレンタルできるらしい)でなんとか繋がるそうです。

タグ: ,

我が家を襲った『まさか』

最後には『まさか』の結末が・・・

最後には『まさか』の結末が・・・


結婚式のスピーチでこんな話を聞いた事がある。

人生には3つの坂がある。
『上り坂』、『下り坂』、そして『まさか』。
その『まさか』が有本家の平和な朝をかき乱していったのだった。

昨日からド天然嫁が発熱した。
彼女とはもうかれこれ8年の付き合いになるがその間ほとんど風邪もひかないし健康体そのもの人間。
とはいえ人間なので2年に1度くらいは熱を出したりする。
しかしそういった場合においても薬などを飲んだりせずにただ一晩眠るだけで完全回復するハイパーボディの持ち主なのだ。

今、学生時代の友人がバリに遊びにきている。
本日はウルワツでセッションする予定になっていた。
波予想ではアタマ前後のファンなサイズ。
ああ楽しみだあ〜、そんな思いを抱いて昨晩は眠りについた。
>> 次のページ >> まさかの展開×2

タグ: ,

11月18日 バリの波情報 〜チャングーというミックスカルチャー〜

レフトはロングライド可能でした

レフトはロングライド可能でした


たまにチャングーが恋しくなる。
ここはバリ島の中でも独特な雰囲気に包まれている。
伝統的な暮らしを今なお続けるバリニーズたちと欧米からやってきた白人たちが無理なく時と場所を共有しているように映る。
変に混ざり合うこともなく、それでいて妙な距離感があるわけでもなく、自然な姿のまま共存しているような空気感が漂っている。
チャングーとはなんとなく自由の香りがする場所なのだ。 続きを読む…

タグ: ,

ベビ子物語 vol37 胎内記憶?

水の中は胎内に似ていて落ちつくとか

水の中は胎内に似ていて落ちつくとか


こんな話を聞いたことがある。
3歳くらいまでの子どもは案外胎内記憶が残っている場合が少なくないと。
胎内の様子や、母親が聞いていた音楽などを鮮明に覚えている子がわりといるそうなのだ。
胎内にいるとき、つまり羊水の中で暮らしているときの記憶だ。
水の中で息継ぎもせずに暮らしていたときの記憶があるなんてなかなかロマンのある話ではないか。

そんな話を聞き、あるときボクはベビ子に聞いてみた。
「ベビ子〜、ママのお腹の中にいるときのこと覚えてる?」
ベビ子はちょっと考えるようなそぶりをして、
「おぼえてなーい」
とそっけなかった。
なんだ、この子はそういう記憶は残っていないのか、とちょっと残念な思いとともに本当に胎内記憶がある子なんて本当いるのだろうか、と疑いたくなってしまった。
だいたい胎内で意識なんてものがあるのだろうか。
う〜ん。
意識はあるような気もするが、記憶があるとはちょっと思えないな。
そんなふうに結論づけてこのことに対する興味は一気に薄れていった。
>> 次のページ >> これは胎内記憶というやつか!?

タグ: , ,

11月15日 バリの波情報 〜珍事?〜

やはりエアポートリーフはいい波だ

やはりエアポートリーフはいい波だ


「ケイ、明日サーフィンしないの〜?」
と珍しくkick隊長からフリーサーフィンのお誘いがあった。
だいたいサーフガイドの仕事が入っていないときはあまり積極的にサーフィンをしないkick隊長なのでこれはなかなかの珍事だ。
しかもだ。
待ち合わせ時間を少し遅れてエアポートリーフに向かってると「ケイ、まだ? 波あるよ。ムネ〜カタでいい波ヨ〜」と催促の電話が。
どうしたっ。
いつもみたいにコーヒーでも飲んでダラダラ待っていればいいものを。
なんだか今日もkick隊長は様子が違うのだ。 続きを読む…

タグ: ,

11月14日 バリの波情報 〜暇つぶしサーフィンを反省〜

オンショアのクタビーチ。やはり空いていた

オンショアのクタビーチ。やはり空いていた


本日はクタで人に会う約束があった。
約束の時間より少し早めにクタに行き軽くサーフィンしてから、という欲を出したのが間違いだったのか。
サヌールがオンショアの風が吹いていたのでクタはオフになっていると思い込んでいた。
しかしクタ近づくにつれオンショアが吹いていることに気がついた。
どっちもオンショア?
たまにそういうことがある。
クタとサヌールは反対サイドなのでたいがいどちらかがオンショアであれば片方がオフショアとなる。
しかしどちらもオンショアという罰のような日がたまにあるのだ。
新規の女の子といい感じになってきたから元の彼女と別れたのにいざ付き合おうとするとその子に彼氏ができていた、というような残念な状況。
八方塞がりな感じ。
ま、そんな感じだ。 続きを読む…

タグ: , ,

バランス感覚

書くことは考えること。考えることは書くことなのです

書くことは考えること。考えることは書くことなのです


ボクにとって書くことは考えることだ。
考えることは書くことともいえる。
まあとにかく頭の中のごちゃごちゃしたことをこうして文章にして吐き出すと考えがまとまっていき、なんとなくスッキリしてくる。
なので、よく人に「よくそんなにいつも書いたり読んだりしていられるね」などと言われるのだが、これはボクにとってはごく自然な行為といえるのだ。

今年、42歳になったボクは日本人男性の平均寿命からすると人生の折り返し地点に差し掛かっていることだろう。
いや、もしかしたらもう残り少ない命かもしれない。
これはもう神のみぞ知るところであり、いくら考えても答えが出るものではない。
でも一つはっきりしていることは、一日一日『死』に近づいていっていることだ。
これは万物生きとし生けるものに共通する原則だ。
この流れに抗うことはできない。
日常の中にいると忘れてしまいがちだが、これは紛れもない現実だ。

砂時計の砂が間断なく流れ落ちるように我々の命も刻一刻と減り続けている。
そのことを明確にイメージするとやるべきこと、やりたいこと、大切にすることが浮かび上がってくる。
自然と優先順位が組み替えられていくのだ。

ブルーハーツが唄っていた。
「やりたくねえことやってる暇はねえ〜」
そうだね。
本当にそう思う。
でも『やりたいこと』が内包している『やりたくないこと』は我慢してやるべきだと思う。
それすら我慢できなければどこにも辿り着くことができないだろう。
でも端からやりたくないことやってしまっているという現実があるのであればそこから飛び出してみるのも悪くない。
やりたくないことを失ってしまうリスクなんて案外どうってことないのだから。

まあ、世の中そう単純に物事は進まないのかもしれない。
でも、ボクはできるだけ物事を単純に捉えるようにしている。
複雑に考えみてもややこしくこんがらがってくるだけだから。
ボクのような単細胞人間には世の中は至ってシンプルに映る。
難しく見せかけているだけで、真実は意外なほどシンプルなものではないかと思うのだ。

>> 次のページ >> 『お金』に関してはどう捉えるべきか?

タグ: ,

11月13日 バリの波情報 〜雨季入り宣言?〜

たまのセットはアタマくらいきてました

たまのセットはアタマくらいきてました


昨晩、久しぶりにバリの乾いた大地に雨が落ちた。
例年であればもうとっくに雨が降り始めている時期なのであるが、今年は雨季の到来が少々遅れているようだ。
日本であれば『梅雨入り宣言』などというよくわからない宣言があるのだが、ここバリでは雨季入り宣言などというものは存在しない。
もちろん雨季明け宣言もない。
だからなんとなくじわじわと雨季に入っていくというのがバリ流なのだ。

日本で暮らしていた頃は雨が嫌いだったが、バリの雨は嫌いではない。
雨が降るとどこかホッとする。
凶暴な太陽光線が連日降り注ぐバリにおいては、雨が心のどこかをホッと一息つかせてくれる。
特に外出の予定のない日中に雨が降ってくれると家にいることが正当化されたようでなんだか精神衛生上非常に助かるのだ。 続きを読む…

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/