SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

The Longboard day!!!

小さいながらクリーンなクタビーチ

小さいながらクリーンなクタビーチ


ここ数日、仕事関係でクタに出向いている。
雨期真っただ中。
普段この時期はなかなかクタ方面には足が向かない。
サヌールエリアでGood Waveのことが多いのでわざわざクタにまで行かないのだ。
でもせっかくクタに行くならサーフボードを車に積んでおいたほうがいい。
風さえ合っていれば隙間の時間でサクッと海に入れるかもしれないのだ。 続きを読む…

タグ: ,

湘南サーファーの習慣が

小さくても毎日波はある

小さくても毎日波はある


41歳にもなるとやはり全体的に体力が低下してきている。
坂道を下へ転がり出した感じだ。
しかも下へ転がる力はどんどん加速していきそうな気配がしている。 続きを読む…

タグ: ,

サーフィンこそ世界平和のモデルなのだ!?

人もまばらなクタビーチ

人もまばらなクタビーチ


12月とは世界的に忙しい季節なのだろうか。
バリ島へ足を運ぶ観光客の姿がめっきり減っているようだ。
観光のメッカであるクタビーチでさえ閑散としていた。
まあそれでも太陽に力があるのでそこまで寂しい感じにはならないのだが、それでもやはりいつもに比べると相当に静かなのである。 続きを読む…

タグ: ,

取り戻した日常

怒濤の11月を乗り越え、3つの原稿締め切りをなんとかやり過ごし、ようやく平穏を取り戻しつつある。
普段、ノホホンと暮らしている僕にとってはかなりの多忙ぶりだった。
おかげで2度ほど体調を崩し、普通は子どもしかかからないといわれている『手足口病』を娘からもらってみたりして、多忙に対する耐性のなさをキッチリと露呈したのだった。

徐々にサイズアップしてきた

徐々にサイズアップしてきた


ようやく取り戻した日常。
気がついたら季節は雨期へと移ろっていた。
僕の暮らすサヌールの季節がやってきた。
昨年、今の家に引っ越したときには今一つ気がついていなかったが、フタを空けてみると我が家の立地は相当に恵まれており、家の周辺車で10分以内の位置に山ほどサーフスポットがあるのだ。
しかもワールドクラスの波もあるのだ。 続きを読む…

タグ: ,

波のせいでホームシック??

日本はクリスマスムード満載

日本はクリスマスムード満載


世間は師走に突入しているころだろう。
寒さとともにせわしなくなっていく季節。
毎晩のように忘年会に明け暮れ、胃腸の調子と相談しながら日々過ごす。
街はクリスマスムード一色となり、寒さの中にネオンの華やかさが栄える。
日本の12月。
常夏のバリ島で代わり映えのない生活をしていると、なんだかそんな日本の12月が恋しくなってきてしまう。
鍋などをつつきつつ、冬のラベルのついたビールをグビッとやる。
それはそれでいいではないか。
12月とはいえ、昼間などはほのかに温かく、海水は澄んでいて非常に気持ちよかったりする。 続きを読む…

タグ: , ,

天の恵み

シンガポールでベビ子と

シンガポールでベビ子と


11月3日に日本へ降り立った。
その日から昨日26日まで1日たりとも休暇をとることができなかった。
バリ帰国翌日から日本から友人が入れ替わり立ち替わりでやってきて、彼らのケアをしつつ僕も一緒になって遊んでしまっていたのだ。
旅行でバリにやってきている友人と遊ぶとどうしても旅行テンションになってしまうので彼らが帰国すると恐ろしく疲れていることが多いのだ。
そして彼らが帰国した翌日より家族でシンガポール旅行。 続きを読む…

タグ: , ,

サーファーがバリ島に住むということは

Kick, Miki, Kei

Kick, Miki, Kei


一年前。
僕はバリで暮らし始め、徐々に生活は落ちつき始めていた。
毎日のように海にいっていたが、僕にとってはローカルサーファーで友だちといえる人は1人もいなかった。
そもそも僕の場合、バリが大好きで通いまくって念願叶ってバリに移住したわけではない。
移住前、バリには撮影などの仕事以外では来たことはなかった。
なので入念に人間関係を作ってから移り住んだわけではなかったのだ。

お客さんとしてバリにやってくるのと、そこで暮らすのではバリニーズたちの受け入れ方は全く違う。
年に数度バリに遊びにやってくるのと、そこで暮らすということには大きな隔たりがある。
移住当初、僕の挨拶に笑顔で答えてくれるサーファーは少なかった。 続きを読む…

タグ:

非常事態宣言発令!

つい同じテンションで遊んでしまう

つい同じテンションで遊んでしまう


マズい状況に陥っている。
日本からバリに戻った翌日の早朝から友人が我が家にやってきて、入れ替わり立ち替わりで24日まで宿泊客が途切れない。
一人でやってくる友人に限り僕の仕事部屋にあるベットに泊まらせているのだが、今回は立て込んでいる。

日本から戻り、日本でこなした数々の商談の復習をまったくしていなかった。
仕方のないことだ。
友人が遊びにくると意思の弱い僕はどうしてもその友人と同じようなテンションで遊んでしまうのだ。
彼らは年に1〜2回の休息で来ているのだから羽を伸ばす権利はあるのだが、僕はそういうわけにはいかない。
いかないはずなのだがそうもいかない。
いろいろと言い訳しているのだが、つまりは今の状況が非常にマズいことになっているということに気がついてしまったのだ。 続きを読む…

タグ: ,

リベンジはいかに!?

ガラガラに空いているFun Wave!

ガラガラに空いているFun Wave!


今年の2月。
僕の友だちのモリオはバリの新しくなった空港に降り立った。
毎年のようにバリにサーフトリップにきていたモリオだが、僕がバリに移住してからは初めてのバリトリップだった。
2月という日本が極寒の季節にバリに来ると暑いだけで嬉しかったりする。
そこにFun Waveが当たれば最高な旅になるのだ。
しかし、真冬の2月は同じ狙いの日本人サーファーがバリに押し寄せる時期でもあるのだ。
ようするに混雑する時期ということだ。
モリオは混雑の中、思うように波に乗れずにやや悔しさをにじませて帰国したのが前回の旅だった。 続きを読む…

タグ: ,

日本の秋を満喫

Saltwater Player(当サイト)始まって以来、無理を押してでも記事を書き続けていたのだが、今回は12日もの間休止させていただいた。
関係各位、そしていつも読んでくださっているわずかながらの読者のみなさま、大変ご迷惑をおかけいたしました。
などとお詫びをするほどこのサイトの記事がみなさんにとって重大なものではないのは重々承知なのであるが、僕としてはちょっとした後ろめたさがあるのは事実だ。
なにしろ2010年8月にこのサイトを立ち上げてからは、できる限り毎日更新していくというのが自分自身へ課した決めごとだったのだが、やはりこういう時期はきてしまったのだ。
仕方がないのだ。
仕方がなかったのだ。
のだのだ言うけどしょうがないことなのだ。

フラットの辻堂。今回の日本はNo Surfでした〜

フラットの辻堂。今回の日本はNo Surfでした〜


この間、何をしていたのかというとFacebookなどで情報のある方はご存知のとおり日本へと単身で渡っていたのである。
僕の仕事のスタイルはバリが住居で仕事の現場は日本、という変速型仕事スタイルを敷いているので2ヶ月に1っぺんは日本に帰ることが半ば義務づけられている。
バリでの生活が続いていくと、どうしても郷に入れば郷に従えということでのんべんだらりとしたスタイルに陥ってしまう。
徐々に目は虚ろになり、口は自然と半空き状態が続き、ややロレツのまわらないことが増えてきたりして、どうも日本の社会とはマッチできそうもない状態になってしまう。
そういった心身ともにバリ化が進んでしまう寸前で日本に帰国して気を引き締める、というのがどうやら僕には合っているようなのだ。

>> 次のページは >> 涼しい日本は素晴らしい!?

タグ: ,

10 / 27« 先頭...89101112...20...最後 »

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/