SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

なすがままに

仕事もサーフィンも!

仕事もサーフィンも!


数年ぶりに仕事にフォーカスすることができている。
ようは「流れ」がきているのだ。

32歳、今から11年前に設立した会社があった。
ボクは社名に「Flow Free」とつけた。
flow free。
文法的にはflow freely というのが正しいのであるが、どうもそれだと呼びづらいのでflow freeと名付けた。
そこには「なすがままに」といった意味が込められているのだ。 続きを読む…

タグ: None

サーフィンが好調になる秘訣

気の合う仲間たちと

気の合う仲間たちと


無条件にいつでもサーフィンが楽しかったころが懐かしい。
いや、今でももちろんサーフィンは楽しい。
しかしサーフィンがあまりに身近になりすぎて翌日のサーフィンを考えてワクワクして眠れないなんてことはなくなってしまった。
悲しいかなこれが現実というものだ。
新鮮な気持ちとはそう長くは続かないものなのだ。

サーフィンを心から楽しめるかどうかという問題は自分自身の心の持ちようにかかっている、最近ではそんなふうに考えられるようになった。
波がどうとか人がどうとか風だの雨だの寒いだ暑いだなんてことはあまり関係がない。
自分が海でどんなマインドで過ごすかによってまったく違った結果が待っている。
外的要因より内的要因によるところが大きい。
サーフィンを始めて25年が経ち、ようやくそんな当たり前のことに気がついたのだ。

わかってしまった以上は実践していくしかない。
サーフィンを心から楽しむには自分の気分が最高でなくてはならない。
そう、サーフィンの楽しさに虜になったあの頃のように。

楽しい気分でサーフィンをする近道は自分が大好きなメンバーと一緒に海に入ることである。
気の置ける仲間たちと時間を共にするだけで心が軽やかになる。
友だちと一緒であればそれだけで気分はいい。
気分がよければサーフィンの調子もよくなる。
サーフィンの調子がよければ気分がよくなる。
そんなふうにして心からサーフィンを楽しむことができるのだ。
>> 次のページ >> サーフィンを好調に保つには?

タグ: ,

されどビーチブレイク

ビーチと侮るなかれ!

ビーチと侮るなかれ!


バリ島に移ってきてからというもの、リーフブレイクでサーフィンする機会が圧倒的に多かった。
そりゃあせっかくバリにいるんだからリーフでサーフィンするしかないでしょーといったマインドだったのだ。
しかし最近、そのマインドに変化が起きている。

ここのところ近所のビーチブレイクでのクイックサーフィンが習慣化している。
もともとボクがサーフィンを覚えたところは湘南のビーチブレイクだ。
やっぱりナンダカンダといってもボクはビーチでサーフィンするのが好きなのである。
リーフと違って波がランダムにブレイクするところが面白い。
波を見る目も養われる。
トリッキーな波の動きに合わせることでサーフィンの技術も向上する。
それにやっぱりビーチはリラックスしてサーフィンが楽しめるのだ。 続きを読む…

タグ: ,

秘密プロジェクト開始!

海を眺めながら・・・

海を眺めながら・・・


実を言うと秘密裏にあるプロジェクトを進めていた。
話が舞い込んできた当初はすぐに実現できるとタカをくくっていた。
しかし意外にも大小様々な障壁にぶつかりつつなかなか実現にはいたらなかった。

先日、そのプロジェクトを共に進めてきたインドネシア人の友人が我が家にやってきた。
海を眺めながらコーヒーをすすっているときにその彼がボソッと「あれから1年ですね〜」とつぶやいた。
ボクは一瞬なんのことを言っているのかわからなかった。
キョトン顏のボクをよそに「面白いです。ちょうど1年前、ここでコーヒーを片手に海を眺めながらこのプロジェクトの話を初めてしたんですよ」とその彼は続けた。
「え? そうだっけ?」
「そうですよ。だって、ちょうど去年の断食が始まったときだったからよく覚えてるんですよ」と。

そうか、そういえばそうかもしれない。
当初1〜2ヶ月で決まると思っていたこのプロジェクトに1年もの時間を要してしまったのか。
しかも、その時点ではまだ決定にまで至っていなかった。
それにしてもよく諦めずにここまで進めてこれたなと我ながら関心した。
>> 次のページ >> ようやくその時がやってきた!

タグ: None

自然と繋がる

人のいない波を求めて旅を続けていた

人のいない波を求めて旅を続けていた


今から10年くらい前のちょっと不思議なサーフィン体験談をご紹介しようと思う。
不思議な体験といってもユーレイ云々といった恐ろしい話ではないのでご安心していただきたい。

当時、ボクは世界を放浪していた。
サーフボードとともに一人気ままに旅を続けていたのだ。
当時のボクはなぜか人を避け、どんどん秘境へと足を踏み入れていく傾向にあった。

朝、目を覚ますと波を眺め、コンディションが良ければ海に入る。
朝食をとり、また海に入る。
風が吹くとハンモックに揺られながら読書などをして過ごす。
木洩れ陽に目を細めながら自然の豊かさを感じ、生かされていることを実感しながら日々を過ごしていた。

そんな放浪を続けるボクの元に日本からある友人が訪ねてきたことがあった。
そこはサーファーなど誰もいない無人の海であった。
波はビーチブレイクながら素晴らしい波だった。
ボクが友人に電話でそんな話をしていたら本当に来てしまったのだ。

他にサーファーの姿はない。
波と向き合うだけだ。
海に浮かび、波に意識を向ける。
波がくればそれに合わせてパドルを始める。
あとは波と一体になるだけ。
そこにはごくシンプルなサーフィンがあったのだ。
>> 次のページ >> ちょっと不思議な波体験

タグ: , ,

インドネシアで生き抜く術

ゆる〜い感じで(笑)

ゆる〜い感じで(笑)


おおらかさとテキトーは紙一重だ。
いや、紙一重ではなく表裏一体?
いやいや、もしかすると同一なのかもしれない。
ポジティブな側面から受け取れば「おおらか」だし、ネガティブに受け取れば「テキトー」。
ようは受け取り方によってはどちらにも取れるというモンダイなのかもしれない。

インドネシアの人たちを一言で表現するならば「おおらか」である。
ようは「テキトー」でもあるということだ。
おおらか方面から攻めてみると、陽気でフレンドリーな国民性と表現できる。
人と人との間に横たわる「壁」が非常に「低い」、もしくは「ない」人が多い。
細かいことは気にしない。
基本的には楽観主義者。
一緒にいるだけで自然とこちらまで楽しくなってしまうような人たちなのだ。

ではテキトー方面からみてみよう。
これはもう日本的常識の範疇からしてみるとまったくありえないことが頻発する。
約束をしたのにそのまま来ないなんてことはごく日常的。
「え、話が違うじゃん」なんてこともしばしば。
まともそうな会社でさえもびっくりするくらいのテキトーな対応をしてくる。
公共バスの運転手が焦るほどスピード狂だったり、タクシーの運転手がぼったくってみたり、コンビニのレジ打ちのお兄ちゃんが熱唱していたり。。。
日本的常識からしてみるとyahoo newsに出るくらいのことは身の周りで当たり前のように起こっているのだ。
>> 次のページは >> インドネシアで生き抜くために身につけた術とは?

タグ: ,

海を楽しむために意識する2つのこと

サーフィンを楽しむために! Photo by Komang  BSP

サーフィンを楽しむために! Photo by Komang BSP


ここ数年、海に入る前に意識するようにしている2つのことがある。
この2つを意識することで楽しくサーフィンをすることができるのだ。
コンペティターとしての活動を休止している今のボクにとってはサーフィンは純粋にその時間を楽しむことにある。
だから「楽しむため」に意識する2つのことといったほうがより適切なのかもしれない。

コンペティターとしての大会をまわっていた時代にはとにかくサーフィンの技術を上達させることに意識をフォーカスさせていた。
波を観察し、その日に練習できる課題を明確にしてから海に入るように心がけていた。
ただ漠然と海に入るより課題を持ってサーフィンしたほうが断然上達が早かった。
そうすることでサーフィンは目に見えて上達した。

40を超えた今でも技術的な面での課題は山ほどある。
その点では今も昔も変わっていない。
しかし、海に入る目的は大きく変わっている。
勝つためのサーフィンから楽しむためのサーフィンへと変化したのだ。

>> 次のページ >> 海を楽しむために意識する2つのこと

タグ: None

オヤジサーフィン道

43歳バースデイを迎えました〜

43歳バースデイを迎えました〜


43歳になった。
たとえば20代だったころの自分の目には『43歳』は『完全おじさん』に映っていた。
まあたしかにおじさんだ。
逃れようのないくらいおじさんだ。
体力的にはきっちり下降線を描いているし、ヒゲやモミアゲには白いものが混ざり始めている。
大切であるはずの脳天あたりの防御体制が(毛が)手薄なる一方で頬っぺとか脇腹といったよくわからないところに剛毛が一本生えてきたりしている。
体自体はややポンコツ化してきているのだ。

しかしそんな体の衰退とは裏腹に、心は年々軽くなってきている。
歳を重ねると体と同様に心も老化していくと思い込んでいたのだが、実際にはそうではなかった。
むしろ若いころには今から思うとツマラナイことに悩んでみたり、ムカついたり、嫉妬したり、羨んだり、恋をしたり、フラれたり、裏切られたり、なんなりかんなり。
もうとにかく心が休まる暇がなかった。
そんなこんなを冷静に考えてみるとやっぱり「今が一番!」と思えてしまうのだ。

>> 次のページ >> 唯一若いころに戻りたいと思うものは?

タグ: ,

たかだか自分

family at JP!
たかだか自分の人生だ、そんな風に思えるようになった。
たかだか自分の人生、思いっきりやってやろう。
たかだか自分の人生、好きなことをして生きてやろう。
たかだか自分の人生、今を心ゆくまで楽しもう。

なんだかそんな心境になっている。
たかだかちっぽけな自分の人生、守りに入っても仕方ない。
たかだかちっぽけな自分の人生、恐れたって仕方ない。

マレーシアからバリに向かう機内から眼下に島々が点在していた。
きっと会ったこともないいろいろな人がそこで生きているんだろうな。
夕飯でも食べてるのだろうか。
近所の仲間たちと酒を酌み交わしているのかもしれない。
人間一人なんてちっぽけな存在なんだなと改めて思った。
そして自分自身もほんのちっぽけな存在なんだなとも改めて思ったのだった。

今日、43歳になった。
たかだかこんなちっぽけな存在であるボクが何歳になろうとどうでもいいことだ。
そんなことは世の中になんの影響も与えない。
ボクはただこの先に続く人生を最後のその瞬間までとことん楽しんで生きていくだけだ。
苦しみさえ楽しんでやろう。
悲しみさえ楽しんでやろう。
他人様に疎まれようともいつまでも「自分が好きだ」と胸を張れる自分でいよう。
そんな自分の姿を見て、一人でも「ああ、そんな生き方もいいもんだな」なんて思ってもらえるのであれば成功者だと胸を張ってやろう。
その一人が我が娘だったらどんなに幸せだろう。

そんなふうに開き直った43歳を迎えられたことが心から幸せだと思えた。

Happy birthday to me!

ってこれはちょっとウザいですよね〜(笑)

この場をお借りしまして、

メッセージをくださった皆さん、心からありがとうございます!

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。インスタグラムkeiarimotoも始めましたのでそちらもよろしくお願いします。サーファー、海好き、バリ好きの皆さん、遠慮なくフォローしてくださいね!

タグ: None

どこでも楽園、気の持ちよう

日本の夏といえば夏祭り

日本の夏といえば夏祭り


帰国してからというもの、「日本、どうですか?」と聞かれることが多い。
いやいやいやいや、ボク日本人ですからね、その質問って日本人にすることじゃないですよね、と思ってしまう反面「はいっ、ニホン、サイコーです」とまっすぐ答えている自分がいる。
日本人にして外国人枠になりつつある自分の微妙な立場を受け入れつつあるのかもしれない。
バリニーズには「ケイはバリニーズだよね」と言われることもあるが、やはりどこまでいっても外国人枠。
日本でも外国人枠。
バリでも外国人枠
どうやら全体的に宙ぶらりんな立場に追いやられているようなのだ。

そんな厳しい現実に軽くイジケつつ、帰国するとやっぱり日本は最高だと思ってしまう。
見るもの聞くもの触れるものの全てが刺激に満ち溢れている。
バリでのんびり暮らすのも悪くないが、やはりまだまだ刺激を求めている自分に改めて気づくことになるのだ。
>> 次のページ >> バリで暮らしたことで見えた日本の姿

タグ:

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/