SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

命綱のリーシュコードって・・・  ~初心者サーファーへのメッセージ その4~

サーフィン10年選手でそこそこでかい波にもチャレンジしているサーファーで「サーフィン中にリーシュコードが切れて大変な思いをした」、なんていう経験をしている方は少なくないはずだ。
そのような話はわりとよく聞くし、かくいうこの僕も何度かリーシュコードが切れた経験をしている。
泳ぎに自信のあるボクにとっては「ああ、切れた〜〜」くらいで済むのだが、泳ぎの苦手なサーファーにとっては相当にオソロシイことだと思う。

台風の波はパワーがある

台風の波はパワーがある

リーシュコードが切れるときというのはたいがい波の大きくパワーのあるときで、リーシュコードが切れるということはその後はガンガンに波に巻かれながら泳がなくてはならないことを意味している。
では切れてしまったときはどうすればいいのだろうか。

まず一番いいのは体一つで波に乗るボディサーフィンで岸に戻るということだ。
波のブレイクにタイミングを合わせることができればサーフボードがなくても波に乗ることができる。
これができるのであればリーシュコードが切れてもわりと難なく岸まで戻れてしまうのだ。

ではボディサーフィンができない人はどうすればよいか。
泳げる人であればともかく、泳げない人にとってはサーフボードなしで足のつかない海に投げ出されるというのは相当オソロシイはずだ。
しかし、焦って変にもがいたりしないでほしい。
ウェットスーツを着ている場合は、ウェットスーツに多少なりとも浮力があるので、カナヅチのように体ごと海底に落ちて行くなんてことはまずない。
人間の体自体にも浮力があり、ましてや海には塩分が含まれているので真水に比べるとさらに浮力があるのだ。
まずは落ち着いて力を抜きつつ立ち泳ぎをしながら波のくる方向(沖の方)をしっかり観察するのが先決だ。 続きを読む…

タグ: ,

サーフィン中にもし流されたらどうするかっ ~初心者サーファーへのメッセージ その3~

太平洋側は台風からのスウェルで大きくサイズアップしているようだ。
Big Waveを待ちにまっていたサーファーも少なくないはずだ。
当然このボクもそのうちの一人で、週末から来週明けあたりまでの用事はキャンセルもしくはバックレをし、なるべく海にいようと企んでいるのだ。

台風のうねりはまだこれから

台風のうねりはまだこれから

しかし、初中級者にとって、大きな波は喜んでばかりはいられない。
よく「大きい波なんて怖くない」と豪語している初中級者がいるが、それは怖くないのではなく『怖さを知らない』だけで、見方によっては最も危険な状態ともいえる。
大きな波とは経験を積んでもやはり怖いものであり、程度の差こそあれプロサーファーであってもそれはやはり同じことなのだ。

前回の『初心者サーファーへのメッセージ』にてどのような状況で初心者サーファーが沖に流されるのか、という説明をした。(前回はこちら

では実際に流されたらどうすればいいのだろうか。

色々な状況によって対応が違うと思うが、以下のようなことが考えられる。
1、大声を出してラインナップにいるサーファーに助けを求める。
2、とにかく必死で岸に戻るべくパドルをする。
3、沖に漁船がいないかどうか探してみる。
4、明らかにカレントに流されていると感じたときは流されきってから岸に向かう、もしくは横にパドルしてカレントから抜けてから岸に向かう。

実際にボクは湘南で何人かの初心者サーファーを救出したことがある。
その時のことを思い返してみると、2の必死でパドルして戻る、というのはかなり困難だ。
流されてもある程度パドル力があるサーファーであれば戻ることができる。
しかし、カレントに流されてしまうサーファーは往々にしてパドル力のない人だ。
命懸けの火事場の馬鹿力でとにかく必死にパドルする、というのはもちろんやってみる価値はあるが、それでも戻れなかったときにはかなりの体力を消耗してしまうことになる。
そのリスクも頭に入れておかないといけないだろう。
>> 次のページは >> 1〜4をそれぞれ検証してみる

タグ: , , ,

サーフィン中に流されたらどうなる?  ~初心者サーファーへのメッセージ その2~

湘南辻堂でサーファーが溺死したという事故があった翌日に今度は福岡でサーファーが流されてしまい命を落とすという事故が発生した。(2011年の事故です)
また別の日にも伊良湖でサーファーが流されたという情報が入ってきた。
毎年夏になるとこのような水難事故が多発してしまう。
この福岡や伊良湖の事故のように沖に流されて命を落とすという事故が後を絶たないのだ。

台風が過ぎ去ったあとの波

台風が過ぎ去ったあとの波

台風のスウェルが入ってくるような時や風が強く吹いている時、特にオフショア(岸から海に向かって吹く風)が強いときに沖に流れていく強いカレント(潮の流れ)が発生することが多い。
その流れに乗ってしまうとパドル力のない初心者サーファーは簡単に沖に流されてしまう。(カレントについて、まさしが『サーフィン戦隊波レンジャー』で説明してます続きを読む…

タグ: , ,

サーフィン中に溺れないための心がけ ~初心者サーファーへのメッセージ その1~

これからサーフィンを始める方や、まだ経験の浅いサーファーのみなさんに覚えておいてもらいたいことがあるのです。

それは『波の巻かれ方』です。

先日、辻堂でサーファーが亡くなったという本当に残念な事故がありました。(2011年の出来事です)
そのサーファーの状況からすると、どうやら溺死だったということです。
溺死ということは波に巻かれたときにパニックになってしまったという可能性があると思います。

ハワイ エフカイ

ハワイ エフカイ

続きを読む…

タグ: , ,

34 / 34« 先頭...1020...3031323334

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/