SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

初心者サーファーのあり方


オンショア吹き荒れるサヌールを脱出してクタビーチに向かった。
クタビーチは観光客サーファーが多く、穏やかなリゾートムードに包まれながらサーフィンを楽しむことができるからこちらまで旅行気分になってしまう。
白人の女の子に前乗りされたとしても「Sorry!」っとニコッとされてしまうと心が穏やかになってしまったりするのだ。

バリはここ数日スウェルが入ってきており、どこのポイントもコンディションが上向いてきている。
クタビーチもセットでカタくらいでライト、レフトともにロングライドできるコンディション。
アウトからセットの波を捕まえるとインサイドまできっちり乗り継いでこれるいい波だった。

ある1本の波に僕がテイクオフした。
ちょっとトロめながらカットバックをしながらインサイドのホレたセクションに備えた。
予想通りインサイドはパキッとホレてボードを走らせられるセクションが現れた。
前足に加重し、一気にスピードをつけて気持ちよくライドしていると、ライン上に白人サーファーの姿が目に入った。
レンタルボードだったため、すぐに初心者と判断し彼との衝突を避けるためにライディングをやめることにした。
クタではこういうことは日常茶飯事なので、さしてなんの感情を抱かないままアウトにパドルしかけると、その白人に声をかけられたのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

子どもにサーフィンをさせる派?

「たまには家族の時間作ってよ〜」とド天然嫁が口を尖らせた。
いやいやいや、毎日家族の時間を作っているつもりですけど、と反論してみたものの「一日中家族と過ごすことってほとんどないじゃん」と逆ギレされて本日晴れて家族でレギアンビーチに行くことになった。

ベビ子と海遊び〜

ベビ子と海遊び〜


ここ数日、バリにしては本当に珍しく小波が続いている。
本日もセットでモモ〜コシといったところ。
ショートボードならサーフ不可、ロングでなんとか遊べるといった程度の波だった。
でもこういう日に家族サービスで海に来れたのはラッキーだったといえよう。
なぜなら、いい波を目の前にして家族とビーチで遊ぶのはそこそこフラストレーションが溜まってくるものだが、本日に限っては心から家族との時間を楽しむことができたからだ。
特に愛娘ベビ子を海で遊ばせるには最高のコンディションだった。
浮き輪を付けつつ波と戯れる。
彼女にとってはカタ〜オーバーヘットの波のサイズなのでそこそこ恐怖だったらしいのだが、それでも許容範囲は超えていない感じだった。
満二歳になったばかりのベビ子にとっては『海=楽しい』という印象を残すことが大切で、決して怖い体験はさせたくないと思っている。
怖くなってしまうと海に近寄らなくなってしまう。
せっかくなら海を好きになってもらいたいとタクランデいるのだ。
続きを読む…

タグ: , ,

極寒の地 シンガポール

当サイト『Saltwater Players』。
今回の話題はSalt でもWaterでもなんでもないのだが、番外編ということでシンガポールについて書こうと思う。

さあ!シンガポールだ!!

さあ!シンガポールだ!!


海外で暮らすということはVISAが必要で、先日それを更新するためにシンガポールに出国した。
我がド天然嫁は『買い物ができる!』ということで妙にハリキッテいた。
バリからお手軽かつ嫁のお買い物欲を満たす国としてシンガポールを選んだわけだが、僕自身はこの国に訪れるのは約20年ぶり。
前回は船による地球一周旅行の1寄港地としての2日間の滞在だったわけだが、ほとんど印象に残っていない。
ライオンの口から水が吐きだされる『マーライオン』を見たな〜、くらいの印象しかなかったのだ。 続きを読む…

タグ: ,

英語の話せない子ども達をバリ島に連れてきた結果

こんにちは、いとうまさし@バリ島です。

バリに移住して6ヶ月、家の話お金の話移動手段の話などいくつか「半年経ちました」レポートを書いてきましたが、最後のレポートは「子どもの学校」についてです。

平和な感じの学校です

平和な感じの学校です

学校といってもウチの子たちは2歳と5歳なので、サヌール中心部のプレスクール(幼稚園)みたいなところに通わせました。
日本語の全く通じない環境に、英語の話せない子どもを放り込んだわけで、全く言葉の使えない状況からスタートです。 続きを読む…

タグ: , ,

ゾクは族でも『家族』です

おはようございます。今度の日曜にバリ2回目のサーフィンを決行する予定のまさしです。

さて今日はバリ島での移動手段について語りたいと思います。

バリに来た当時の移動手段は主にタクシーでした。サヌールの観光エリアではひっきりなしにタクシーが走っていて、観光客とみるや「プップー(のるかい?)」とクラクションをならして徐行してきます。
タクシーの運ちゃんたちは気のいいおじさんが多くて、おしゃべり好きな運ちゃんの場合は自分がいかに日本人の女の子と付き合いたいかを延々としゃべってくれたりします。しかし中には怪しい運ちゃんもいて、メーターを使わずにぼったくろうとしたり、わざと遠回りをして値段をつりあげようとしたりします。

1週間もすると「いつものあそこ、ブルーバードタクシーがたまってるところで拾っていこう」というように安全安心な乗り方が定着しましたが、なんせ毎日夏日ですからタクシー乗り場へ歩くのがしんどかったです。「車もバイクもちょっとまだ怖いから、自転車買うか」ということで買った自転車がこれ。

3人乗りのママチャリ

3人乗りのママチャリ


続きを読む…

タグ: , ,

50代って若いのじゃ

手前左)藤井プロ 手前右)野田プロ

手前左)藤井プロ 手前右)野田プロ


中年サーファーに夢と希望を与える2人の50代プロサーファー藤井プロと野田プロ。
人呼んで『グランパ藤井』と『空飛ぶ52歳』。(2人の詳しい記事はこちら
バリにやってからビーチブレイクでの調整が続いていた2人だったが、本日はクタローカルサーファーKickのアテンドでエアポートリーフでサーフした。 続きを読む…

タグ: , , , ,

バリの生活とお金の話

こんにちは、いとうまさしです。
今日は「バリの生活とお金の話」と題しまして、いったいどんだけお金がかかるのよ、という生々しい記事を書かせて頂きます。

まず「インドネシアは物価が安いから、生活費が日本より楽よね」という話がありますが、これは本当です。
そして「安い安いといっても、日本に暮らすのと結局同じくらいお金がかかっちゃいます」という話も本当です。

なんか矛盾してそうなんですけど、本当にそうなんですよね...

まず「物価安いよね」の方から。

インドネシアの通貨はインドネシアルピー、だいたい1円=100ルピーです。去年の中盤は1円=120ルピーでしたが、アベノミクスというムーブメントによって、だいぶ割り算がしやすくなりました。でも円安は海外生活者にとって、あまりうれしくないですね、1億円持ってても半年で2千万円くらい目減りしちゃったことになります。

持ってないですけど。

赤と青

赤と青

ルピーはおおよそ紙幣しか使いません。コインもありますけど、日本人的な感覚でコインもつかってお釣りなしで渡そうとしても「コインはいらないや」と言われるケースすらあります。 続きを読む…

タグ: , ,

バリのいとう家には3つの「なんと!」

ごぶさたしてます。バリ島のジャパニーズ・ネット・サーファー、いとうまさしです。

早いものでバリ島に引っ越ししてきてから、もう5ヶ月が経過しました。
ようやくバリ島での「外国人」としての生活も落ち着いてきましたので、近況の報告などをつづっていこうかと思います。

昨日は有本家の新居ネタが記事になっていましたので、今日はいとう家の新居についてご紹介します。いとう家はサヌールエリアの南端に家を借りて住んでいますが、そこには3つの「なんと!」があるのです。

みなさん分かりますか?

結婚式のスピーチみたいになってきましたね。

まず1つ目の「なんと!」ですが、なんとですね、プライベートプールが付いているのです。

プールと愉快な家族たち

プールと愉快な家族たち


続きを読む…

タグ: , , ,

バリでは日陰がエライのだ

引っ越しとはなかなかやっかいなものだ。
決行当日からあれがない、これが足りないが始まり、買い物を山ほどするがそれでもあれを買い忘れただのアーだコーだと始まってしまう。
とにかく引っ越しはややこしい。
僕のビジネスパートナーのいとうまさしは無類の引っ越し好きで、平均すると2年に1度は必要に迫られてもいないのにわざわざ引っ越しをする。
きっと彼にとってはそういうややこしいことこそが楽しいし好きなのだろう。
話を聞いていてそう感じるのだ。

前の家は日当りが良かったが・・・

前の家は日当りが良かったが・・・


バリ島で新たな環境で暮らし始めてみて気がついたことがある。
日本の住宅選びでは『日当りの良さ』が不動のエライ地位を築いているのだが、ここバリでは『日当りの悪さ』こそがエライのだ。
日当たりが良いと暑くて暑くて仕方がない。
クーラーの効きも悪く、電気代もかさんでしまう。
常夏環境では日当りがいいのは致命傷になるのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

楽しんだサーファーがエライのだ

team SPROUTとのサーフセッション

team SPROUTとのサーフセッション


辻堂のサーフショップ『SPROUT』チームとのサーフセッションはサーフィンの基本を思い出させてくれた。
やっぱりサーフィンは楽しくなくっちゃ。
バリに来てからというもの、波のコンディションが良かったこともあって、どうも眉間にシワを寄せつつマジメにサーフィンしすぎていた気がするのだ。
やっぱりサーフィンはスマイル。
そのほうがサーフィン自体も調子がいいのだ。
サーフィンは意外なほどメンタルなスポーツ。
重い悩み事なんかを抱えながら海に入ってもサーフィンがバラバラになることが多いものだ。
続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/