SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

贅沢は敵なのだ

幻のセット。入ったときには来ませんでした・・・

幻のセット。入ったときには来ませんでした・・・


ここ最近、ボクにしてはヒジョーにまじめに仕事をしているわけで、朝一サクッとサーフィンが習慣化している。
夜の明けきる前に起床し、『仕事→サーフィン→仕事→子守り』というライフスタイルになりつつある。
40代、やっぱり仕事で結果を残さなければ男としてイマイチだ。
今年はきっちり仕事で存在感を示そうと心を入れ替えているのだ。 続きを読む…

タグ: ,

やっぱりバリ・・・だな。

早朝はバレルになっていた

早朝はバレルになっていた


10日間のボートトリップからバリ島に戻り、いきなりバリのカレントに流されている。
帰った翌日にはエアポートリーフへ。
そして本日はクラマスでサーフ。
「今どこ? おいでよ、いい波よ」
と電話が入ると断れないタチなのである。

本日のクラマスはセットでアタマちょい。
セカンドセクションからバレルになる素晴らしい波だった。 続きを読む…

タグ: ,

『まさか』が起こったのだ!

こりゃあちっちゃい・・・ と思いきや

こりゃあちっちゃい・・・ と思いきや


小波続きとはいえ、毎日ハラ〜カタサイズのFun Waveが続いているバリ島。
風も弱く、クタ、サヌールエリアの両方でサーフィンが楽しめている。
当然そうなってくるとサーファーはバラけてくるわけで、混雑は緩和される。
まさに今日がそんな日だった。

船着場からいつものようにジュクン(小舟)でアウターリーフへと向かった。
朝陽を受けた海面がガラスのように煌めいていた。
水面に指を通すと温泉のように温かい。
今日も気持ち良くサーフィンができそうだ。
スウェルこそ小さかったがそんな時は迷わずロングボードをチョイスする。
そうすれば小波でも形のいいバリの波はバグースなコンディションとなるのだ。

クタのロコサーファーKick隊長のお客さんがレギュラーフッターだったため、まずはライトブレイクをチェックすることになった。
10分ほど船を走らせるとセットでコシくらいの波が力なくブレイクしているライトの波が視界に入ってきた。
もちろんサーファーの姿はなかった。
サーフィンができるようなコンディションではなかった。
少なくともボクの目にはそう映った。
>> 次のページ >> 思いもよらない展開が・・・

タグ: ,

12月16日 バリ島の波情報 〜湘南に軍配!?〜

クラマスはそこそこのコンディション

クラマスはそこそこのコンディション


ようやく少〜し波が上がってきているバリ島。
とはいえ向こう一週間の波予報をチェックしてみるとこのスウェルがMAXといったところのようだ。
当面小波が続いていきそうな気配がしている。

本日のクラマスはセットでムネくらい。
波はまあまあといったところ。
サイズもないのでサーファーの姿もまばらだ。
海で出会った鎌倉からやってきていたサーファーの方が「湘南のほうが波があるね」という衝撃発言があった。
どうも今年の湘南は素晴らしいスウェルに恵まれたようだ。
どうやらこの時期に限っては『バリ<湘南』という図式になってしまうようなのだ。

まあ、とりあえず週明けに2本の原稿締切を抱えているボクにとっては波がありすぎても困ってしまうのでこの状況をヨシとしよう。
そして続けざまに年明けには北マルクのボートトリップが待っている。
軽く腰痛も再発しているので体のコンディションを作りにフォーカスしつつ、ゆる〜くkeep surfingしていくというのが目下のスタイルになってきそうだ。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: , ,

バリのカレント

PC130010
バリ島に戻ってきた。
やはり相変わらず普遍的に夏だ。
一度この空気に触れてしまうと日本のあの厳しい寒さは記憶の片隅に追いやられてしまう。
冬の空気をうまく思い出すことができなくなってしまうのだ。

帰バリし、数日はサーフィンをお休みして体を休めようと目論んでいた。
何しろ日本滞在中に実家で夕食をとれたのが初日の夜だけという超ドタバタ夜型多忙生活を送っていたので体の芯のほうにどっしりと疲れが溜まってしまっていたのだ。
42歳。
そろそろ無理のきかない体になってきている。
積極的に休んだほうがいいだろうという考えになるのはごく自然なことだった。 続きを読む…

タグ: , ,

12月2日 バリの波 〜復帰戦〜

たまのセットはこんな感じ

たまのセットはこんな感じ


腰痛による休養を余儀なくされてから1週間。
ようやく海へと戻ってくることができた。

休養期間中はありがたいことに波もなく、天気もグズグズであった。
こういうときに波があって天気もカーンと晴れていたりすると早めの復帰をはかり、さらにこっぴどく痛めてしまうというパターンも少なくないので非常にタイミングのいい腰痛であった。
日々、波ないよ情報が入ってくるたびに内心では「よーしよしよし」と喜んでいたのだ。

そんなこんなで、本日も波は小さいバリ島なのであるが、なんとか遊べるポイントもあった。
最大セットでカタくらい。
途中で目を開けることすらできないほどの大スコールに見舞われたことでポイントはガラ空き状態になってくれた。
ある意味ラッキーだ。
瞬間的にはほぼ貸し切り状態になってくれた。
しかもいい具合でホレてバレルの波も現れるようになった。
リハビリサーフィンにはもってこいなコンディションであった。

思いのほか腰は回復しており、セッションの後半には結構調子に乗って思いっきりサーフィンすることができた。
やっぱりサーフィンはいいわ。
精神的にいい。
波立っていた心が静まってくる感じがする。

この休養期間中にいろいろと体のことを調べてわかってきたこともあったので、しっかりケアしつつKeep Surfingしていきたいと思う。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: ,

11月28日 バリ島の波 〜追い風〜

セットでヒザ? ほとんどフラットです

セットでヒザ? ほとんどフラットです


いやー、本日のバリ島、本格的に波がないっ!
ああ、良かった良かった。
ありがたいありがたい。
腰痛でサーフィン休養中のボクにとっては非常にありがたい状況だ。

腰を痛めてからというもの、バリ島は全体的にサイズダウンしてくれて、珍しく小波コンディションが続いている。
当分この調子で波が無さそうな予報になっている。
なのでボクもそれに合わせて週明けあたりまでは心ゆくまで休養、という流れにしようと思っている。

腰の具合は徐々に回復しており、もし波があったらもういっちゃうかっ、というレベルまできている。
でもたいがいこれくらいの回復度で海に出てしまうと完治せずにずるずると痛みを引きずるパターンになりがちだ。
なのでこれはこれでいい機会、ということでじっくりじわじわ完治させてやろうという気になっているのだ。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: , ,

やっぱりバリがサイコー

3f前後のライテンダー

3f前後のライテンダー


ここ数日波がいい。
素晴らしい。
バリなんだから当たり前でしょーと思われるだろうが、それでもやっぱり素晴らしいのだ。

例のごとくバカの一つ覚えのようにエアポートリーフに通っている。
特に波に対するこだわりというものを持たないボクは友だちが温かく迎えてくれる居心地のいいポイントにどうしても足が向いてしまうのだ。
それにエアポートリーフは波もたいがい平均的にいつでもいい。
サイズが小さくてもレフトで十分遊べるし、サイズがあればライトも素晴らしい。
潮が引いても上げていてもどちらでもできるポイントもある。
だから風さえ合っていればたいがいいつでもいい波でサーフィンができるのだ。

バリを拠点にいろいろと旅をしているボクであるが、やっぱりナンダカンダといってもバリがいい。
まるっと1年間を考えてみても『波がない』なんてことはまずない。
風もどこかしらがオフショアだ。
でかすぎて出来ないというようなこともあまりない。
で、結論としてはバリがいいじゃん、ということになってしまうのだ。

ということは、波を求めて旅をする、というのは第一目的ではなくなってしまう。
まだ見ぬカルチャーやその土地の雰囲気、出会い、非日常・・・
そんなものを旅には求めてしまう。
だって、波はバリでいいじゃん、となってしまうから。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: ,

11月18日 バリの波情報 〜チャングーというミックスカルチャー〜

レフトはロングライド可能でした

レフトはロングライド可能でした


たまにチャングーが恋しくなる。
ここはバリ島の中でも独特な雰囲気に包まれている。
伝統的な暮らしを今なお続けるバリニーズたちと欧米からやってきた白人たちが無理なく時と場所を共有しているように映る。
変に混ざり合うこともなく、それでいて妙な距離感があるわけでもなく、自然な姿のまま共存しているような空気感が漂っている。
チャングーとはなんとなく自由の香りがする場所なのだ。 続きを読む…

タグ: ,

11月15日 バリの波情報 〜珍事?〜

やはりエアポートリーフはいい波だ

やはりエアポートリーフはいい波だ


「ケイ、明日サーフィンしないの〜?」
と珍しくkick隊長からフリーサーフィンのお誘いがあった。
だいたいサーフガイドの仕事が入っていないときはあまり積極的にサーフィンをしないkick隊長なのでこれはなかなかの珍事だ。
しかもだ。
待ち合わせ時間を少し遅れてエアポートリーフに向かってると「ケイ、まだ? 波あるよ。ムネ〜カタでいい波ヨ〜」と催促の電話が。
どうしたっ。
いつもみたいにコーヒーでも飲んでダラダラ待っていればいいものを。
なんだか今日もkick隊長は様子が違うのだ。 続きを読む…

タグ: ,

1 / 712345...最後 »

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/