SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

68250円のスケボーってどんなんだ!?『Black Class』

サーフィン業界でひときわ異色の光を放つサーパストレーディングという会社をご存知だろうか。

今から約20年前、僕が船で世界一周をしたときにその船上で出会った1人の同年代の若者がいた。
小浜満、通称ハマちゃんという大阪の青年とはそこでの出会いをきっかけに、20年経った今でもいいお付き合いをさせてもらっている。
そのハマちゃんが大阪から湘南にやってきて就職したのがサーパストレーディング。
あのサーフスケート『gravity』やリーシュコードやデッキパッチの『FREAK』の会社といったらなんとなくピンとくるだろうか。

指紋一つつけないこだわり

指紋一つつけないこだわり


ハマちゃんを通じてサーパスとのお付き合いが始まり、サーパスのもの作りに対する情熱や妥協のない姿勢にはいつも感心していた。
サーパストレーディングの社長である山田さんの物作りに対する妥協なきこだわりの姿勢が社員たちに伝播し、そのような会社文化に育っていったのだと思う。
そのサーパスが価格の制限や素材の制限のない、本当にいい最高級のスケートボードを作ってみる、という企画を聞いたときに僕は心のトキメキを抑えられなかった。

「これはきっとすごい物ができるぞ」

と直感的に思ったのだ。
なぜなら普段の販売価格や卸価格などのある程度の縛りの中で最高の物を作るという姿勢とは一線を画すからだ。
ただでさえこだわったもの作りが信条のサーパスが作る最高級スケボーとはどんなものだろうか。
考えただけでワクワクしてしまったのだ。 続きを読む…

タグ:

HOALENこそがSWPの原点なのです!

カッコイイ海の男が着るブランド HOALEN

カッコイイ海の男が着るブランド HOALEN

40歳を目の前に、さすがに10代20代の子たちが着ているような元気なサーフブランドは照れくさくて着れない。
でも海を匂わせるようなスタイルでいたい。
そんな大人のサーファーたちや、海を愛する人たちにぴったりな『HOALEN』。

海を感じさせる素敵な女性を演出するHOALEN

海を感じさせる素敵な女性を演出するHOALEN

海を愛する女性も同じだと思う。
いつまでも海を感じさせるスタイルでいたいと願う気持ちは変わりないと思う。

アウトリガーカヌー「HOALEN号」

アウトリガーカヌー「HOALEN号」

僕も大好きなブランドで、HOALENのアンバサダー(契約ライダー)として活動させてもらっているのだ。
僕がHOALENを「素晴らしい!!」と思う点は、ブランドイメージがサーフィンだけにとどまらず、スタンドアップパドル、アウトリガーカヌー、ウィンドサーフィン、カイトサーフィンなど海のレジャー全般に渡っていることだ。
カテゴリーにとらわれずにコンディションに応じて横断的に海のスポーツを楽しむという姿勢こそが、当サイト『SWP』のコンセプト。
そもそもこのコンセプトは『HOALEN』にインスパイヤーされたものだったのです。 続きを読む…

タグ: ,

5代目 水中カメラ 就任のお知らせ

まあ、どうってことのない話なのだが、「もういい加減カメラを海のモクズにしない」という決意表明をするためにこの記事を自分自身に捧げようと思う。

2009年に初代OLYMPUS 『TOUGH』という防水カメラを買ってからというもの、湘南の海に3つ、宮島行きのフェリーから1つ、海への転落事故により紛失させてきた。
その4つすべてが同じ機種だった。
初代より2代目、2代目より3代目と電気製品が発売以降どんどん値下がりしていく様もありありと体感した。
なにしろ初代の購入時価格が2万4千円だったが4代目になると1万2千円へと下落していったのだ。

「もういい加減、こんどこそ違うメーカーのカメラを買おう」
と強く心に決め、電気屋へ足を踏み入れた。
いつも僕に優しく説明してくれる『専属お兄さん』を探し当て、防水カメラについての話を聞いていった。
「もう僕、OLYMPUSとはお別れしたいんです。いつも裏切られて悲しい思い出しかないんです。新しいカメラと人生をやり直したいんです」
と僕の想いを説明した。
「そうですよね。何台かこれ買っていただいてますもんね」
とお兄さん。
「そうなんです。もう4台のOLYMPUSに裏切られてるんです」
と訴えかけるような目をそのお兄さんに投げかけた。

『SONY』、『CANON』、『FUJITSU』などの説明を詳しく聞いた。
しかし・・・
やっぱり『OLYMPUS』が忘れられないのだ。
忘れたい忘れたいと思えば思うほど、体が『OLYMPUS』を求めてしまう。

電気屋のお兄さんも、
「んんー、やっぱりOLYMPUSがオススメなんですよね」
と僕の背中を押した。 続きを読む…

タグ: ,

マジックボード制作開始だ!

パプアを波を堪能したロングボード~有本圭~

パプアを波を堪能したロングボード~有本圭~

現在、天国に一番近い島ニューカレドニアに拠点をおき、サーフボードビルダーとして名をとどろかせている富永忠男氏。
富永氏は、サーフィンの歴史の深い湘南鎌倉の出身で、チガイのわかる鎌倉サーファーたちから絶大なる支持を得ている。
もし、なんのシガラミもなかったら・・・ 鎌倉のサーファーのうち、10人中9人は富永氏のサーフボードに乗りたい、という話も聞いたことがあるくらいだ。
辻堂で僕が富永氏のボードを乗っていたときにも、某プロサーファーが近寄ってきて、
「あれ、それ富永さんの板ですよね。僕がアマチュアのとき大会で優勝したときって必ず富永さんの板だったんですよね~。調子いいっすよね~、また乗りたいな~」
とまあ、こんな具合なのである。

そんな富永氏が前回日本に帰国していた2010年12月。
ニューカレドニアに戻る前日、「けいにテストしておいてもらいたいボードがあるんだよな」という内容の電話が入った。
「もちろん、よろこんで!」と居酒屋店員風に僕は快諾した。
続きを読む…

タグ: None

日本発 iSUP(空気式スタンドアップパドル) のsarusurf

背負えるSUP

背負えるSUP

「SUPは気になるけど、問題は持ち運びや保管場所だよね〜」という声もチラホラ聞こえてきますが、世の中「捨てる神あれば拾う神あり(違うか。。)」ということで、空気で膨らます(inflatable)方式のiSUPというモノがあります。
続きを読む…

タグ: , , , ,

超速い!君はサーフマットを知っているか?

辻堂のサーフィン仲間であるWさん(@wavexing)が謎のマットを購入した。

@wavexing オーストラリアから到着しました。

謎のマットを輸入?

謎のマットを輸入?

これは『サーフマット』というモノらしい。動画がこちら↓ 続きを読む…

タグ: ,

湘南のパパチャリはいろいろ乗せちゃうよ、の巻

寒くなってめっきり海にでる回数の減ったまさしです。根性なしです。
さて今日は僕の自転車を紹介します。

ビーチクルーザー風のパパチャリ

ビーチクルーザー風のパパチャリ

このパパチャリに先日、スタンドアップパドル対応のキャリアをつけました。 続きを読む…

タグ: , ,

ウェットスーツと三ツ矢サイダーの関係とは?

さて、これは何でしょう?

さて、これは何でしょう?

ウェットスーツの手入れや保存の仕方がよく分からなかったので、ネットで調べてみた。
ウェットスーツの寿命とメンテナンス
ウェットスーツのお手入れと保管
ウェットスーツの洗い方
続きを読む…

タグ: ,

海遊びに最適な防水カメラはどれ?

OLYMPUSの防水デジカメ「μ Tough 6020」

OLYMPUSの防水デジカメ「μ Tough 6020」

海用のデジカメを買いました。OLYMPUSのμ Toughってやつです。 続きを読む…

タグ:

きたきた!フルオーダー・ウェットスーツ到着

来た来た!

来た来た!

先日オーダーしていたウェットスーツが到着した。まだ11月だけどセミドライの真冬用を購入。
keiさんのアドバイスによると「ウェットスーツはいいもの作った方がいいよ。海の上で震えることになるから。」ということだったので『いいもの』を作ってみた次第。 続きを読む…

タグ: , , ,

3 / 3123

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/