SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

有本圭自伝『少年おじさん』 第6話 『野良猫隊』はベトナムで・・・

1994年、6月9日に動機不純な僕を乗せたゴールデンオデッセイ号は竹芝桟橋を出港し、12日に石垣島、14日に香港へと立ち寄り、次なる寄港地ベトナムへ向けて順調な航海を進めていた。

僕はといえば、その間ちゃっかりMちゃんという永作博美似のカワイイ彼女が船内にできてしまい、すこぶるハッピーな船ライフを楽しんでいた。(前回はこちら

香港を過ぎたあたりから、航路は完全なる『夏地帯』に入ったらしく、デッキにいるときはひたすら海パンで過ごし、洋服の出番はほとんど無くなっていった。
日が経つにつれて、船内でも知り合いが増えてきて、人間関係も複雑になってきだした。
僕とMちゃんの関係については、僕たちがもともと付き合っていて、2人でこの船旅に参加していると思っている人が多かった。
それもそのはずである。
乗船2日目から僕とMちゃんはほぼ一緒に時を過ごしているわけだから、周囲にはそう映ったのも無理はない。
事情を説明すると皆一様に驚き、おののき、そして最後には称賛を与えてくれた。

「君、やるねー」
「すごいね、電光石火だね」

などなど。

まあ、今となってはとても自慢できるようなことではないのだが、当時はそれなりに優越感に浸ってしまっていたのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

有本圭自伝『少年おじさん』 第5話 セレブ気分で最初の寄港地 石垣島へ

360度どこを見ても海。
真っ青な空、光輝く海、時折真っ白な海鳥が僕らを乗せている船に休息をとりにきたりする。
頬をなでる風が心地いい。
潮をたっぷり含んだ風に長く当たると、体がベタついてくる。
それを洗い流すようにプールに飛び込む。
小さなプールだが、世界で一番眺めがいい。
何しろまわりは一面美しい海。
デッキにて。 このデレデレな笑顔。どうしようもないっ

デッキにて。 このデレデレな笑顔。どうしようもないっ

時は1994年6月9日。
梅雨前の日本を『ゴールデンオデッセイ号』は動機不純な僕を乗せていよいよ出航した。(前回はこちら
2日目の朝。
薄暗い船底の部屋で目を覚ますと、すぐにデッキへと上がった。
朝食はビュッフェスタイルで、デッキでとるのだ。
『カリプソバンド』という中南米の人たちで構成されているバンドが心地の良いサウンドを演奏してくれて、気分を盛り上げてくれる。
完全にセレブ気分。
寝ぼけた僕には少々元気の良すぎる太陽が朝からサンサンと照りつけていた。
パンとスクランブルエッグ、オレンジジュースを選んで、空いている席を探してまわった。 続きを読む…

タグ: , ,

有本圭自伝『少年おじさん』 まとめ ~地球一周船旅への道のり~

私有本圭の自伝『少年おじさん』。

嫁が「今のけいくんと同じじゃん」と言った少年時代

嫁が「今のけいくんと同じじゃん」と言った少年時代

僕は何を隠そう、おじさんのくせに少年のようなところがあるらしく、周囲にはそんな滑稽なあだ名をつけられてしまっているのだ。
このままいくと、きっと『少年おじいさん』にまでエスカレートしていきそうなのです。
でも、まあここまでいったら少年の心を持ったおじいさん、『少年おじいさん』を目標にしてしまおう、などとクダラナイことを考えたりしている今日この頃なのです。

そんな僕の半生を綴った自伝を、22歳の時から16年間書き続けている日記を元に振りかえってしまうという壮大かつ、バカバカしくも、大した意味もない、お好きにどうぞ的な企画なのである。

毎週火曜日連載のこの企画。
4月12日火曜日から再開し、第5話をリリースします。

それではプロローグから第4話までをどうぞ!

プロローグ 有本圭自伝 『少年おじさん』 明日から連載しちゃいます!

第1話  有本圭自伝 『少年おじさん』  第1話 とある占い師の話

第2話  有本圭自伝『少年おじさん』   第2話 人生が動きだした電話

第3話  有本圭自伝『少年おじさん』   第3話 行けるのか!?地球一周

第4話  有本圭自伝『少年おじさん』   第4話 不純な旅が始まった

タグ:

有本圭自伝『少年おじさん』 第4話 不純な旅が始まった

1994年6月9日。
その日は僕の人生にとって特別な日だ。
念願叶って、地球一周クルーズへの文字通り船出となった日なのだ。
出発地である竹芝桟橋の待合室から大きな荷物を2つ抱えて船のタラップを昇って行くときの光景は今でも昨日のことのように思い出される。
僕は完全に舞い上がっていた。(前回まではこちら

まんまと船に乗り込んだ有本圭

まんまと船に乗り込んだ有本圭

タラップを上がるとその船のキャプテンやクルーたちが笑顔で僕のことを迎えてくれた。
まるでセレブになったような気分だった。
昨日まで、昼間は地べたを這いつくばりながらピースボートのボランティアスタッフ(以下ボラスタ)としてこの地球一周クルーズのビラ配りやポスター貼りをし、夜は新宿歌舞伎町のバーで雑用の一切をしていた僕が、いきなり豪華客船の乗客になった瞬間だった。
人生の深い深いボトムターンから一気に駆け上がったような錯覚に陥った。
客船の名前は『ゴールデンオデッセイ号』。
名前からしても豪華なのだ。
「俺もヤンエグの仲間入りか」などとつぶやきつつ胸を張った。
因みに『ヤンエグ』とは『ヤング・エグゼクティブ』の略で、今風に言うと『ヤングなセレブ』みたいなものだ。 続きを読む…

タグ: , ,

有本圭自伝『少年おじさん』 第3話 行けるのか!?地球一周

THE 能天気ーズ 左)小川大二郎 右)有本圭

THE 能天気ーズ 左)小川大二郎 右)有本圭

『能天気にして単純、加えて楽観主義』というおバカさん3大定義をきっちり持ち合わせている僕と悪友である大宮スケーター小川大二郎は、ピースボート地球一周クルーズに申し込んだ時点で、完全に乗船する気になっていた。(少年おじさん 2話はこちら
時間を持て余していた僕らは、暇な時間をピースボートのボランティアスタッフ(以下ボラスタ)としての活動に充て、旅費を少しでも安くしようという作戦を敢行していた。

1時間ボラスタとして仕事をすると、旅費から1000円割り引かれるというのは魅力だった。
仕事は非常に簡単で、ビラ配りやポスター貼りなど、脳ミソが溶けだしそうになっていた僕ら2人でもわりとすんなりできるものだった。
しかし、ボラスタの仕事は旅費が安くなるというだけで、現金収入にはならなかったので、船旅の際の現金も稼ぐ必要があった。

そこで僕は、昼間はボラスタ、夜は新宿歌舞伎町のバーでアルバイトという二重生活を始めることにしたのだ。
朝、高田馬場にあるピースボートの事務所に行き、ポスターやビラを山ほど受け取り、それを近隣などの地域で配り、夜になると歌舞伎町のネオン街へ消えていくという生活はなかなかハードなものだった。
しかし、僕には『カワイイ女の子たちとの地球一周クルーズ』が待っているのだ!、と気合を入れてなんとか乗り切っていった。 続きを読む…

タグ: , , ,

有本圭自伝『少年おじさん』  第2話 人生が動きだした電話

思い返してみると、まったくひょんなことから人生というのは大きく動いていく。
僕は21歳になっていた。
特になんの目標も、夢もなく、ただ、親のスネをかじりながら日々『楽しいこと』を探しまわるという自堕落な生活を送っていた。

そんなある日曜日のできごとである。
朝陽というにはちょっと遅すぎる時間だったが、初冬のまだ暖かさを残している日差しが我が家のリビングに降り注いでいた。
日曜日にだけ休みを取る父親も、パジャマ姿のままソファでのんびりと朝日新聞を眺めていた。
僕は寝ぼけ眼のままテーブルの上に置いてあった日刊スポーツに手を伸ばした。

例のごとく僕の嫌いな巨人の選手が一面を飾っていた。
今年もどうやら巨人が強いようだ。
僕の応援している広島カープは1991年の優勝を最後に低迷していた。
貧乏球団というハンデを抱えながら、必死に戦っている姿に惹かれ、4歳の時からの熱狂的なカープファンなったのだ。

少年時代からきっちりカープファンの有本圭

少年時代からきっちりカープファンの有本圭

そんなカープに引き替え、金の力にものを言わせ、一流選手を買いあさっている巨人には激しい対抗心を燃やしていたのだ。
当然、今朝の新聞でも巨人が大きく取り上げられている一面、二面はパスし、三面の片隅に申し訳程度に載っているカープの試合結果を入念にチェックしていた。
試合に負けていても、誰が何打数何安打だったか、など細かくチェックするのが習慣になっていた。
そんな風に、いつもの平和な休日の朝を過ごしていた。 続きを読む…

タグ: , ,

有本圭自伝 『少年おじさん』  第1話 とある占い師の話

今から20年ほど前だろうか。
友人のSと横浜中華街をヘベレケに酔っ払いながら、フラフラと漂うように歩いていた。
酒の力を借りて、2人とも上機嫌でかなり気が大きくなっていた。
今から思うと街のド真ん中で悪ふざけしたり、奇声を発したり、通行人にちょっかいを出したり、まったくタチのの悪い若者だったと思う。

約20年まえの有本圭 チャラっ

約20年まえの有本圭 チャラっ

赤を基調とした華やかなネオンが街を照らしていた。
夜だということが信じられないくらいに明るく、行き交う人々の誰もが幸せそうに映った。
時はバブル全盛。
当時学生だったボクらはその恩恵を受けた記憶がほとんどないが、それでもやはり今から思うと華やかな時代だった。
賑わしいメイン通りから小さな路地に入ると辺りは一気に暗くなったが、それでもボクらは踊るように歩いていた。
その日一緒にお酒を飲んだ女の子たちはトビキリに可愛かった。
山下公園の近くにあるCというクラブでナンパしたのだ。
「お前どっちだよ」
「俺は赤のドレスの方だな」
「まじ?俺は水色の方が断然いいな」
どうやらボクらは無用な争いはしなくていいようだった。

2人ともきっちり電話番号を聞き出していたが、当時は自宅の電話番号を交換していた。
何しろ携帯電話なんてまだ登場していない時代だ。
女の子に電話するときには、今では味わえないようなキリキリとした緊張感が強いられる。
なんていったって相手のお父さんが電話口に出る可能性だって十分にあるのだ。
訝しげな声で「どちらのアリモトさん? 娘に何の用?」なんて言われてしまうことだって珍しくはなかった。
「お前何時だと思っているんだ、もう2度と電話してくるなっ」なんて怒鳴られることだってあったのだ。
たかだか20年前なのに今とはまったく違う時代だった。

僕もSも完全に酔っていたが、車の停めてある駐車場に向かっていた。
飲酒運転は現在と同様で違法ではあったが、わりとフツーに飲酒運転をしていた時代だった(ように思うがボクらだけだろうか)。
蛇行するように歩いていると、道端にぼんやりとオレンジ色の光が揺れているのが見えた。
酔った眼をこすりながらよく見てみると黒っぽいサテン地の布を垂らしている机の上に肘をついている眼鏡をかけたオジサンが座っていた。
机の上にはろうそくが揺れており、『手相』と達筆な字で書かれていた。
そのオジサンはいかにも易者らしく、黒い宗匠頭巾(よく易者が被っている帽子)を頭に乗せていた。
ボクはうまく焦点の定まらない視線を友人になんとか合わせて、どちらからともなく「やってみっか」と悪戯小僧のように笑った。
今までも何度か道端に座っている易者を見たことがあったが、占ってもらうことはこれが初めてだった。
まさに『酔った勢い』というやつであった。
ボクはヘラヘラしながらそのオジサンに近付いていった。
「おっちゃん、いくらでみてくれんの?安くしてよ。」と声をかけた。
ボクたちが近付いてくるのを予期していたかのように落ち着いた様子で眼鏡の奥の細い眼が僕をとらえた。
「んー、そうですね。1000円でいいですよ。特別ですよ」と静かに微笑んだ。
恐らく僕たちの風体を見て、そうお金を持っていないことを察したのだろうか。
「1000円ならやってみようぜ」とSがそれに食いついた。
「まずは俺からだぞ、俺が最初に話しかけたんだからな」とボクはサッとその易者の前に置いてある椅子に腰かけた。
机の上には何やら難しそうな乱数表のようなものと、怪しげな古書が置かれていた。
その易者はゆっくり眼鏡をかけると、「では」と言って、僕の生年月日、名前を聞き、それをメモした。
そのメモを元にその古書を開き、右手の親指をペロッとなめてページをめくっていった。
あるページで手を止め「ふんふん」と頷きながらささっとメモをとった。
なんだか、その所作の一つ一つが厳かに映り、アルコールの影響で頭の中にかかっていた靄のようなものがすっと晴れていくようだった。

「では左手を見せて」と言いながら、易者の鋭い視線が一瞬ボクの目を捉えた。
「手相で本当に人の人生がわかんの?」とボクは強がった。
完全にこの易者ペースに乗ってしまうのがちょっと恐ろしかったのだ。
眼鏡の奥の細い目は僕の左手を捉えながら「わかりますね、ある程度は。でもこれはあくまでも今の時点での未来がわかるということです。もし、今の時点で明るい未来が待っていたとしても、努力を怠ったり傲慢になったり感謝の気持ちを忘れてしまうとその明るい未来は消えてしまうこともあるんです。逆に、暗い未来が待っていたとしてもそれは変えることはできるんですよ。本人の努力によって。占いはあくまでも今の時点で見える未来を伝えるにすぎないんですよ」と淀みなく言った。
「てことは当たっても当たんなくってもいくらでも言い訳できちゃうってことじゃね?」とツッコミを入れながらも僕もなぜか自分の左手を見つめていた。
「まあそういうことになりますかね」とその易者は静かにボクの左手から目を上げて軽く微笑んだ。
「はい、次は右手」と言われたので、慌てて右手を出した。
ちょっと長めの沈黙の後、ゆっくり眼鏡を外しながらその易者はボクの右手から目線を上げてボクの目をまっすぐ見た。
>> 次のページは >> 占いの結果はいかに??

タグ: ,

有本圭自伝 『少年おじさん』 はじめました

かっちり中年になっても、嫁からは「けいくんってさあ、ほんと小学生だね」と言われている。
妹からは「あんちゃん,いつまでたっても少年だもん」と笑われている。
自分でいうのもナンではあるが、『少年おじさん』という言葉がぴったりなのである。

そんなしょうもない私、有本圭の半生を振り返ってみようとペンを取った、というかキーボードを叩き始めた。
なぜいきなり?アンタの半生になんて興味ないよ、とお思いでしょう。
わかります。そのお気持ち。
ただただ私事で、ここらで一度振り返っておかないとこの先もいろいろなことがあり過ぎてもう2度と振り返るチャンスがこないような気がするのだ。

ボクの半生の物語を読んだところで、勇気や感動を得たり、明日への生きる糧になったり、人生観が180度ひっくり返ったり、なんてことは一切ないだろう、ということを予め高々と宣言しておきたいと思う。
ただ「ああ、こんなバカがこの世にいるんだな~」もしくは「こんなバカでも生きていけるんだな~」というくらいの物語なのである。

17年分の日記

17年分の日記

そんなボクにも自慢できることがあるのです。
>> 次のページ >> 自慢できることってなんでしょう??

タグ: , ,

3 / 3123

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/