SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

嵐の後の静けさで我思う

初対面同士でもすぐに打ち解けるのがバリスタイル

初対面同士でもすぐに打ち解けるのがバリスタイル


まるで台風のようにシルバーウィークが去っていった。
バリ島にたくさんの日本人サーファーが押し寄せた。
波と天気にも恵まれて、きっとみなさん満足して日本に帰っていったと思う。
そしてバリ島にはいつもの平穏が戻った。
僕の心には少しだけ寂しさが漂った。
初対面とは思えないのはサーファー同士だから?

初対面とは思えないのはサーファー同士だから?


湘南で暮らしていたときなら人気(ひとけ)が減ることをヨロコンデいた節があったのだが、バリ島で暮らすようになってからはそれが変った。
日本人サーファーで混雑するのも悪くない。
いや、むしろうれしいくらいだ。
日本からやってきているサーファーたちは海外に出ていることで心がオープンになり、とてもフレンドリーになっている人が少なくない。
日本の海ではなかなかこうも仲良くなれないものなのだが、不思議とバリ島で出会い一緒にサーフィンをするとと一気に心が打ち解けてしまうから不思議だ。 続きを読む…

タグ: , ,

サーフィン空洞世代

サーファーの人口分布は完全に逆ピラミットもしくは逆ひょうたん型になっているようだ。
僕の暮らすバリ島で出会う日本人サーファーも同年代、もしくは年上の方が圧倒的に多く、若いサーファーといえばそのおっちゃんサーファーたちの子どもたちというのパターンがほとんどなのだ。
日本の海にはおっちゃんおばちゃんが溢れており、サーフィンはもはや若者のスポーツとは言えなくなってきてしまっている。

かつては若者に絶大な人気を博していたサーフィンだったが・・・かつては若者に絶大な人気を博していたサーフィンだったが・・・

かつては若者に絶大な人気を博していたサーフィンだったが・・・


最近サーフィン業界で囁かれているのが20代半ばから30代前半のサーファーが劇的に減ってきているということだ。
まだ独身で趣味にお金をふんだんに使える若い世代のサーファーが少ないというのは業界にとっては大きな痛手だ。
たしかに僕がその年代だったころには周りにサーファーやサーファーらしき人たちが溢れ、サーフボードやウェットスーツ、サーフウェアなどを買いあさっていた。
そこの世代に支持されていないというのは業界にとっては大きな課題であるとともに少々責任のようなものを感じてしまうのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

僕の働き方

辻堂Neo Surf にて

辻堂Neo Surf にて


日本に戻って4日が経った。
たった4日でもたくさんの人たちと会い、話し、刺激をもらった。
今日もしこのまま帰国になったとしても十分に収穫があった。
やはり僕にとっては祖国に戻るということは大切なことだ。
短い期間でも定期的に戻ってくるべきだ。
ここに戻ると目が開き、先が見える。
オン(日本)とオフ(バリ)がハッキリしているからこそ良く見える。
そんなことに気づかされた。 続きを読む…

タグ:

サーフィンはなぜ飽きないのか?

毎日せっせと海に通う。

毎日せっせと海に通う。


ここ最近のバリ島。
「乾期だ乾期だ、涼しいぞお〜」と喜んでいたのも束の間。
風が少しずつおさまり、徐々に気温が上昇してきた。
水温も一時に比べると温かくなってきている。
ツーリストにはわからないくらいの微妙な変化なのだが、暮らしているとバリにもちゃんと季節があることを実感することができるのだ。

相も変わらずサーフィンをしているわけだが、さすがにそんな僕を見兼ねてか、ド天然嫁に「サーフィン、飽きないの?」と眉をひそめられた。
そういえば子どもの時分から飽きっぽいことで知られていた僕がここまでよくもまあ飽きもせずにKeep Surfingしてきたものだ。
若い頃、先輩に「サーフィンが上手くなることよりサーフィンを続けることのほうが難しいことなんだぞ」と言われたことがあるが、今のところその『難しさ』の壁にはぶつかっていない。
好きだから?
難しいから?
ライフスタイルだから?
いやいや、それだけではない。
>> 次のページは >> サーフィンを飽きない理由は?

タグ: ,

夢は意外と叶うものなのか?

奴がやってきた〜

奴がやってきた〜


高校生時代。
人生の中でも最も活力のある季節。
パワーに満ち溢れていながらも、どこに向かっていいのかわからずにくすぶったりもしていたあの頃。
まあとりあえずどこに向かうとかはよくわからないので女の子を追いかけまわしたりしていた。
女の子にモテるために始めたサーフィン。
『ライフスタイル』なんて言葉もなかった時代。
でもサーファーはちょっと悪くてクールで格好良かった。
そんなころに一緒にバカをやっていた友人がバリにやってきた。
『瞬間湯沸かし器』と呼ばれていた彼も家庭を持ち仕事で地位を築き大人になった。
でもなぜだろう。
やっぱりそいつと会うとあの頃の感じに戻ってしまう。 続きを読む…

タグ: ,

なぜインドネシアは親日派なのか?

インドネシア国旗を色どった旗

インドネシア国旗を色どった旗


本日8月17日はインドネシアの独立記念日だ。
独立記念日。
いい響きだ。
自由を勝ち取った感じのニュアンスが感じられる。
実際、インドネシアは『インドネシア独立戦争』で自国の独立と自由を勝ち取ったのである。
それに引き換え、日本には終戦記念日(本来なら敗戦記念日のような気もするのだが)しかない。
もしかしたら本当の意味での独立を勝ち取っていないのかもしれないのかな〜、なんて思いが頭によぎってしまったりするのだ。

インドネシア人はなぜだか親日派が多い。
バリ島に移住する際に親日派が多いというのは大きな後押しとなった。
海外に移住して差別されるような国には行きたくなかったからだ。
ではなぜインドネシア人は親日はが多いのだろう。 続きを読む…

タグ: , ,

サーファーはモテないといけないのです!

サーファーのみなさん、朗報です!!

僕がサーフィンを始めたころ、サーファーといえばロン毛で真っ黒でちょっと悪くてクールでカワイイ女の子に囲まれていてなんだかそういう意味で憧れの存在だった。
サーフィンさえすれば女の子にモテるはず、という思いで始めたサーフィン。
波に乗れるかどうかはともかく、サーフボードを抱えてビーチを歩いている自分に酔いしれていたものだ。

ほら見ろ、俺サーファーだぜ、かっこいいぜ。女の子たち!見て見て!!

そんな動機不純不埒サーファーだったのだ。

しかしここ数年、色白ほっそり男子がモテる時代が訪れ、サーファー不遇の時代が続いていた。
若ければまだしも、僕のように色黒マッチョおじさんはモテない人ランキング上位に入ってしまうような人種に成り下がってしまっていた。 続きを読む…

タグ: ,

DEUS EX MACHINA という感染病

これがDEUSの世界観なのです

これがDEUSの世界観なのです


今もっとも旬なサーフブランドといえば真っ先に名前が挙がるのが『DEUS』(デウス)だろう。
サーフブランドというのは正しくないかもしれない。
トラッカーと呼ばれているオートバイとオルタナティブサーフボードを高次元で融合させたコンセプトショップ。
従来のサーフショップとは一線を画している先鋭的なショップなのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

サーファーとしての終着点

今も変わらず

今も変わらず


15歳のとき初めて波に乗ってサーフィンに心を奪われたとき、41歳の自分がまさかサーフィンしているとは思っていなかった。
いや、思っていなかったというか想像もできなかった。
でも僕はあのころと変らずに波を追いかけているし、乗れそうな波が自分の前に現れたときの喜びはあのころと変っていない。
湘南で暮らしていたときにはオンショアだろうが小波だろうがとにかく波がありさえすれば喜びつつ海に入った。
波の善し悪しなど関係ない。
とにかく波と戯れることが楽しかったのだ。 続きを読む…

タグ: ,

海で遊ぼう!

ビーチは子どもにとって最高の遊び場

ビーチは子どもにとって最高の遊び場


海で遊ぶ!
子どものころの僕にとって最も楽しい時間だった。
夜お父さんが帰宅して「明日海にいくか?」と言ってくれたときの喜びようはなかった。
おおはしゃぎし、興奮しすぎて夜中までなかなか寝付けなかったりしたのだ。

海は子どもにとって最高の遊び場だ。
砂浜はただの砂ではない。
カニもいればヤドカリもいる。
貝殻を拾うだけでもあっというまに何時間もたってしまう。
波打ち際の砂を掘ると海水がその穴に侵入してきて池のようになってなんだか面白いし、砂を集めて作った山にきれいにトンネルを通すとちょっと得意な気分になる。
遊びに夢中になっているときに母親から「お昼ごはんだからこっちに来なさい」と半ば無理矢理海の家に引き戻されて海風に頬を撫でられながら食べるカレーライスは格別に美味しかった。
もちろん食後にはかき氷が待っている。
とにかく海での遊びは最高な思い出になるのだ。 続きを読む…

タグ:

1 / 41234

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/