SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

貸し切りWaveを追い求めて

まだ見ぬ波に思いを馳せながら

まだ見ぬ波に思いを馳せながら


とあるサーフィン誌の取材でとある島を訪れた。
バリ島から車を走らせ、車ごとフェリーに乗り込み、さらに奥へ奥へとズンズン進んでいった。
約半日間ハンドルを握り、ようやく目的地へと辿り着いた。

そこで我々を待っていたのは完全貸し切りのFunなビーチブレイクだった。
我々旅のクルーのみで好きな波を好きなようにストレスなくライドできたのだ。
特にロングボーダーやのんびりサーフィンを楽しみたい人には最高のディスティネーションだ。
混雑とは無縁のサーフスポットがそこで待っていてくれれば長い移動時間の疲れさえ簡単に吹き飛ばしてくれる。

バリ島はサーフパラダイスだ。
しかし混雑することも少なくない。
波の取り合いに疲れ果ててしまうこともある。
そんなとき、ちょっとだけ時間をかけて、移動の疲れを覚悟さえすればノンストレスなサーフィンが待っている。
また一つ、ボクにとっての大切なサーフスポットが追加がされることになった旅になったのだ。

(有本圭)
※facebookアカウントのある方、有本圭(kei arimoto)にて友達リクエスト募集中です!良かったらリクエストしてください。
サーファー、バリ好き、海を愛する方は大歓迎です!!

タグ: ,

再びとある波を乗りに

トランクスとともに旅に出る

トランクスとともに旅に出る


とあるとある、と詳細を書けないのが残念なのであるが、再び本日よりとある島のとある波に乗りに、とある雑誌の取材でとある旅をすることになった。
この時期、JPSA(日本プロサーフィン連盟)の大会がバリ島で開催され、プロサーファーたちがわんさかこの島を訪れるため、ここぞと言わんばかりに仕事に励むのだ。
こういうときにしないでいつ仕事をするのだ。

今でしょ〜〜 ・・・

と、海外で暮らしているとややトレンドから遅れ気味になってしまうのだが、新ネタが入荷してこないのでどうしてもこんなふうになってしまうのは致し方ないことなのである。
温かい心で見守っていただけると大変ありがたいのだ。

というわけで、今回のトリップ先もインターネットがつながるか不明なため、もしかすると当分音信不通になるかもしれない。
とにかくとにかく、いい波乗って楽しんでまいりま〜す!

(有本圭)
※facebookアカウントのある方、有本圭(kei arimoto)にて友達リクエスト募集中です!良かったらリクエストしてください。
サーファー、バリ好き、海を愛する方は大歓迎です!!

タグ: , ,

オーバー50でkeep surfing する秘訣!?

早朝から元気な50代

早朝から元気な50代


さて、インドネシアのとある島へのNALU取材トリップに出かけたボクらおっちゃん軍団。
ジイジこと藤井辰緒プロ、まさおさんこと野田雅生プロ、フォトグラファーのノブさんとボクこと有本圭の4人は順調にいい波でサーフィンを重ねていった。

それにしてもジイジとまさおさんの体力は規格外だ。
とても50歳を越えた肉体とは思えない。
1日4ラウンドサーフィンをしてもまったく疲れたそぶりがない。
それでころか56歳のジイジは日本でトップクラスのコンペティターとして今だに衰えを見せるどころか年々進化しているように見えるし、まさおさんはロングボードで軽々とエアリアルを決めてしまうバケモノなのだ。

5日間、スーパーオーバー50サーファーズと寝食を共にして一つ気がついたことがあった。
彼らがどうしてそこまでパワフルでいられるのか?
なぜまったく衰えをみせないのか?
その答えはもちろん複合的なものだろうし、今までの積み重ねの中にあると思う。
しかし特徴的なことがあった。
>> 次のページは >> その秘訣とは!?

タグ: None

楽しむことがいい仕事につながるのだ!

メロウなFun Waveでした〜

メロウなFun Waveでした〜


今回はインドネシアのとある島にやってきてる。
ロングボードマガジン『NALU』の取材である。
取材ということなのでボクにとっては完全に仕事なのだが、全体的にのんびりとしたシアワセな時間を送らせてもらっている。

波はほどほどであったが、ロングボードなら十分に楽しめるFun Wave。
藤井辰緒プロ、野田雅生プロともにいい波をつかんでいいショットを何枚も残していた。
JPSA(日本プロサーフィン連盟)の初戦クラマス大会に期待がもてそうだ。 続きを読む…

タグ: , ,

ユル〜い旅がユル〜く始まった!

今回はこのメンバーで

今回はこのメンバーで


宮崎の吉本系プロサーファーズ藤井プロ、野田プロに加え、バリ在住フォトグラファーNobu Fukuさんと私有本圭の4人でバリの喧噪を後にした。
バリを『喧噪』といってしまうのには理由がある。
今回訪れるているインドネシアのとある島とは、バリに比べると格段に静かな島なのだ。

子どもたちは素っ裸で砂浜を走りまわっているし、いつでもどこでも停電が襲ってくる。
でもなんだかそれでいい気がする。
というかそれがいいと思えるのだ。

日本と比べてみると、バリも相当にのんびりした空気に包まれている。
しかし、そのバリが『喧噪』と思えてしまうような島がインドネシアには山ほどある。
しかもそんな静寂の島にキッチリ波があるのがインドネシアのエライところなのだ。

というわけで今日から5日間、インドネシアのとある島でサーフィン三昧の時を過ごすことになった。
しかもメンバーがユルユルフニャフニャ系プロサーファーズ&メロウなフォトグラファーNobuさん。
島もユルければメンバーもユルい。
とことんユル〜い旅になりそうなのだ。

(有本圭)
※facebookアカウントのある方、有本圭(kei arimoto)にて友達リクエスト募集中です!良かったらリクエストしてください。
サーファー、バリ好き、海を愛する方は大歓迎です!!

タグ: , , ,

ショートトリップは厳しいのだ

超Fun Waveでした!

超Fun Waveでした!


レンボーガン島ショートトリップ2日目はサイズダウンこそしてしまったが、セットでカタくらいのFun Waveだった。
ロングボードでクルーズするには最高の波で、年甲斐なく波に乗りまくってしまった。
いつも湘南でオンショアとか小波に慣れている僕にとっては最高の御馳走だったのだ。
それに引き換えコーミンをはじめ、今回の旅のクルーはインドネシアのSuper Waveで普段からサーフィンしているので『ちょっと物足りない』といった様子だった。
船着き場へ(外で写真を撮っているのがひでさん)

船着き場へ(外で写真を撮っているのがひでさん)


バリ入りしてから休む間もなく家探しをして、サヌール、クタで波乗りして、レンボーガン島でさらに波乗りして、この時点でとうとう電池切れしてしまった。
何しろ行きの飛行機の疲れも取れぬまま、右往左往波乗り三昧してしまったので疲れがMAXになってしまったのだ。
そこで思い切って午後のレンボーガン波乗りセッションは辞退し、バリに一足先に戻ってマッサージなどをしながら体を休めることにした。
こういう選択は若いころにはできなかったのだが、大人になったせいか、もしくは老いたせいか、無理をせずに自分のペースで旅を遂行できるようになったな〜、と心の中で自画自賛した。 続きを読む…

タグ: ,

レンボーガン島。たまには2日酔いもいいもんだ

いつものごとく私有本圭はさっさとバリでの用事を済ませてしまい、誘われるがままにレンボーガンショートトリップへ行く事になった。
バリにくるたびに仕事だ〜、出張だ〜と騒いでいるが結局のところほとんどただのサーフトリップになってしまうのだ。

さあ、レンボーガン行くぞ〜

さあ、レンボーガン行くぞ〜


僕が住もうと企んでいるサヌールのビーチからボートに乗り込む。
長さ10mほどの小型ボートをまさに完全無欠のフルスロットルで波しぶきを立てながらレンボーガンへと向かった。
どんなに横からドでかいウネリがこようとも、真正面からそいつがやってこうともただただひたすらにフルスロットルでツッコンデいくのだ。
その度にボートは大きくバウンドし、欧米系の乗客たちは「OH~~~」などと大げさすぎるリアクションでその場の雰囲気を盛り上げていた。
今回の旅のメンバー。当然こんな笑顔になりますね

今回の旅のメンバー。当然こんな笑顔になりますね


旅のメンバーはサヌールのローカルスターであるコマン・コーミン、バリ在住日本人サーファーでジャランジャラン(インドネシア語で『ぶらぶらお散歩』の意味)でおなじみのヒデさん、同じくバリ在住でソウルフルでスタイリッシュなサーフィンをするタダスケ、コーミンの親戚でやはりサーフガイドのボンちゃんとそのお客さん。
僕自身レンボーガン島に上陸するのは約10年ぶり。
かなり薄くなっている危うい記憶と現実の景色がなかなか一致しなかった。
しかし眼下に広がる美しい海とゆったりとした空気は何も変わっていなかった。
>> 次のページ >> どんな波と出会えるのでしょうか〜

タグ: ,

結局サーフトリップ

今回のバリトリップの任務を初日で済ませてしまった僕はさっそく2日はサーフィンモードに突入した。
この時期サヌールエリアは朝からオンショアが吹き続くためサーフィンには適さないと聞いていたのだが、フタを開けてみると思ったよりサーフィンできるコンディション。

十分いい波じゃないですか??

十分いい波じゃないですか??


普段湘南で極悪なコンディションでもうれしそうにサーフィンしている僕にとってはこの時期のサヌールエリアでさえ十分にいい波に思えた。
やはりバリのサーファーたちは相当なグルメ化が進行しているようで僕のような『食べられればなんでもおいしい』というスタンスのサーファーはいつでもどこでもいい波にありつけるという状態のようだ。 続きを読む…

タグ: ,

下見は続くのです

おいおい、またバリっすか?
ついこの間も家族をすっかり置き去りにして何ヶ月もバリに行ってたんちゃうんか〜。
また下見ですか?

今回の旅の目的は家探しです

今回の旅の目的は家探しです


と古今東西非難囂々の今回のバリトリップ。
そうです。
そうなんです。
下見は続くのです。
もう開き直るしかないのです!
制限40kgギリギリの大荷物

制限40kgギリギリの大荷物


今回の旅の目的は『移住後の家を決める』ということと移住第一弾荷物大移動。
そして少々のサーフィン。
とりあえずバリに引っ越しても持参したい本たち(とりあえず今回は30冊程度)ともう日本になくてもいいや、と思えるTシャツたちを運んだ。
そしてサーフボード2本。
これらの物たちは僕たちファミリーに先行してバリに住み始めることになるのです。
移住は少しずつまえに進んでいるのです。

今回は初めて羽田から直行便でバリに向かった。
成田と比べると格段に近くなり、バリ自体がグッと近づいたように思えた。
しかも夜中の便なので寝て起きたらバリ到着、という流れ。
ショートトリップには時間が有効に使えて非常にいい。
>> 次のページ >> どんな家が見つかったのか!?

タグ: , ,

バニモうるるん旅行記 その10 〜パプアニューギニアを肌で感じて〜

美しい自然が残るパプアニューギニア

美しい自然が残るパプアニューギニア


ネットのつながらない世界。(前回はこちら
現在、世界や日本で何が起こっているのかまったく想像もできなくなっていく。
世界から取り残されていってしまうような感覚。
でも、そんな焦りはそのうちどこかへきれいさっぱり消えていってしまう。
諦めて開き直り、その場所、その時間を過ごすしかなくなってしまう。
すると自然と意識は外から内へと向かっていく。
風に揺れるヤシの木の音を聴き、ハンモックに揺られながら『これが自分と向き合うってことなのかなー』などとボンヤリ考える。
時間の流れ方が日本のそれとは全く違う。
2〜3時間そこにいたのかなと思い、時間を聞いてみると1時間も経っていなかったりする。
なんだか得した気分になりさらにその場で同じような時間を過ごす。
風が止み、波が良くなれば陸用のトランクスから海用のトランクスに履き替えてパドルアウトする。
朝から分刻みのスケジュールがある旅もいいけど、波や風に合わせてその日その日を過ごす旅のほうが僕の性には合っている。 続きを読む…

タグ: , , , ,

3 / 1512345...10...最後 »

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/