SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バニモうるるん旅行記 その9 〜ここは楽園なのか?〜

我々が滞在したVanimo Surf Lodgeはリド村の外れに位置している。
僕は風が吹いたりして波がダメになってしまうとすぐにカメラを片手にずんずんと村の中を突き進み、彼らと接するのが日課となっていた。(前回はこちら

村の駄菓子屋さんに集まる子どもたち

村の駄菓子屋さんに集まる子どもたち


日本人クルーの中で僕の姿が見当たらないと、
「ああ圭さん? たぶんまた村でしょ」
と言われてしまう始末。
とにかく時間があれば村に足を運び、村人と接し、子どもたちと触れ合い、村の人たちの生活を感じ、リアルなパプアニューギニアに少しでも触れてみたかったのだ。
太古のままの風景なのだろう

太古のままの風景なのだろう


真っ白い砂浜。
フレンドリーで陽気な人々。
人々の暮らしはシンプルそのもの。
太古のままの姿をそのまま残したジャングル。
多種多様な動植物。
車もほとんど走ってないので、空気は至ってフレッシュ。

「ここは楽園なのか?」

>> 次のページ >> ここは楽園なのか?

タグ: , , ,

バニモうるるん旅行記 その8 〜その日はあっという間にやってきてしまった〜

着いた〜、パプアに着いた〜、と喜んでいたらあっという間に、はいっ、今日が最後よ〜、となってしまった。
楽しい時間は過ぎ去っていくのがはやい。
はやすぎる。

夜中に怒り狂ったような風と雨に屋根の一部が吹っ飛んだりしながら最終日の朝を迎えた。
夜中の時点で「ああ、今日もダメかっ」
と半ば諦めていたが、意外な事に朝になると風はピタッと止まっていた。

早朝のリド・ライト。美しい波でした〜

早朝のリド・ライト。美しい波でした〜


「おっしゃ〜」とヨロコビつつ僕とカズくんは夜明け前から海に入り、朝飯前の1R。
最高!とまではいかなかったがなかなかの御馳走だった。
もちろんこの日も僕とカズくんの貸し切りサーフ。
朝食の風景。自然と笑顔になっちゃう

朝食の風景。自然と笑顔になっちゃう


朝食後、さらに波が良くなっていたのですぐに濡れたトランクスに履き替えてパドルアウト。
面ツルでムネ〜カタサイズのFun Wave。
ゆる〜いオフショア。
たった1人で素晴らしい波に乗りまくる。
そのうち波待ちしているときに歌なんかを唄い始める。
最初は遠慮がちに唄っていたが、周囲を確認してみても当然その声が届くところには誰もいない。
遠慮なく大きな声で「う〜み〜は〜ひろ〜い〜な〜おーきーなー♫」なんて感じで唄ってみた。
「俺は今、パプアにいて素晴らしい波を独り占めしてるんだ〜」などと考えていたらなんだか意味もなくシアワセを感じてしまった。
そんな満ち足りた時間を過ごしていたら「あ、そうだ、このコンディションだったら前にピーターが教えてくれた近くの島のポイントも波がいいのではないか?」という考えが浮かんできた。
僕はすぐに海を上がり、ピーターにそのことを尋ねると静かに「そうだね、たぶんこの風とうねりなら波はいいはずだよ。すぐにボートをチャーターしよう」と静かに言った。
>> 次のページ >> アイランドサーフィンはいかに!?

タグ: , ,

バニモうるるん旅行記 その7 〜 流れにまかせて 〜

旅はあっという間に後半戦に突入していく。(前回はこちら
1日1Rは素晴らしい波に当たっていたが、1日中波がいいという日はなかった。
どこかのタイミングから風が吹いてしまい、忘れたころに風が止まっているというのがここのやり方のようだ。
波がいい時には迷わず海に入れ、というのがここでの鉄則となっていた。

この日も早朝はFun Waveだったが、朝食をとったあたりからオンショアが強く吹いてきてしまった。
こうなるともうどうにもならない。
近くのビーチブレイクに行けば風が吹いていなかったりするが後半戦で体にも重たく鈍い疲れが溜まっていたのでのんびり過ごすことにした。

書き疲れると波を見る。素晴らしい環境

書き疲れると波を見る。素晴らしい環境


生ぬるい風に身を預けてハンモックに揺られてながら読書をするカズくん、コーヒーを飲みながら波を眺めるアッちゃん、音楽を聴きながら昼寝をするネモッちゃん。
みんながそれぞれ思い思いの時間を過ごす。
僕は僕で今回の旅の記事を忘れないうちに書き溜めておく。

時間を持て余してきたころ、4人で村の駄菓子屋さんにぶらりと買い物に出かけることにした。
駄菓子屋といってもお菓子が3〜4種類あるだけの小さなお店。
そこの周りでいつも子どもたちがワイワイ遊んでいたのを知っていたので、カズくんが密かに持ってきていた折り紙を持って折り紙大会をしよう!ということになったのだ。

>> 次のページ >> 子どもたち、喜んでくれるかな〜

タグ: , ,

バニモうるるん旅行記 その6 〜バニモの秘密〜

カズくん独り占めのリド・ライト

カズくん独り占めのリド・ライト


「いや〜、本当にここは波がいいよね〜」
「つーかさあ、こんなに波がいいのにサーファーがまったくいないもんね」
「そうそう、何よりそれがうれしいよ」
「うんうん、ここまで来て波がいくら良くても混み混みだったら楽しくないもんね〜」

そんな会話が頻繁にされていた。(前回はこちら
初日の午前中にインサイドで波と格闘していた攻撃的ビギナーネモッちゃんを見守ってくれていた1人のローカルサーファーを除いては僕らが海に入っているときローカルサーファーが入ってくることはなかった。

ある日、Vanimo Surf Lodgeでセキュリティーをしてくれている村の人に、
「どうだいここは? 波はいいか?」
と聞かれた。
「最高ですよ。波は最高だし、何よりポイントがいつも貸し切りってところがいいです。僕の住んでいる海ではいつも混雑しているのでそれが何よりうれしいですね」
とマジメそうに僕が答えると、彼は満足そうに、
「そうだろ。ここはいい所だろ。また次のシーズンも来てくれよな」
と顔のシワを深めて微笑んだ。

素朴な疑問があったので聞いてみることにした。
「ここにはサーファーが結構いると聞いてきたのですが実際にはサーファーはいないんですか? サーフクラブがあるほどサーファーがいると聞いてまいましたが・・・」

>> 次のページ >> 衝撃の事実が!!

タグ: , ,

バニモうるるん旅行記 その5 〜 やはり子どもたちの笑顔はキラキラ笑顔だった 〜

リドライトのインサイド。いい波でした〜

リドライトのインサイド。いい波でした〜


バニモには確かに素晴らしい波がある。(前回はこちら
海水は温泉のように温かい。
混雑とは無縁のラインナップ。
サーファーにとってはそれだけでもパラダイスだ。
しかしパプアの本当の魅力は地元の人たちとの触れ合いにあると思っている。
国民の80%以上の人たちが自給自足で生活をしているこの国。
日本とはまったく異質な生活習慣や文化、価値観を持っている。
まるで古代の地球にタイムトリップしたかのような錯覚を起こすことがあるほどだ。
子どもは裸ん坊の砂だらけで遊んでいる

子どもは裸ん坊の砂だらけで遊んでいる


子どもたちは裸で走り回り、大人の女性でさえトップレスが当たり前の世界。
しかし僕たちが訪れたバニモはパプアニューギニアの中でも有数の裕福なエリアであるらしい。

旅に出る前に前回のパプアトリップをともにし、バニモへ3度足を運んでいる吉川共久プロにバニモへの寄付の件で相談に乗ってもらったときに、「想像しているより豊かな村なので持って行くものを考えたほうがいいですよ」とアドバイスをもらっていた。
色々考えた末に、日本でしか手に入らない物で子どもたちが笑顔になる物を持っていくことにした。
僕が選んだのは縄跳び。
少年時代、僕が夢中になっていた縄跳び。
縄跳び1本で日が暮れるまで遊んだものだ。
パプアの子どもたちに受け入れてもらえるかわからなんかったがとにかく持っていってみることにした。

>> 次のページ >> 縄跳び、受け入れてもらえたかな〜

タグ: , , ,

バニモうるるん旅行記 その4 〜 Super Fun Waveは続くのだ! 〜

初日の午前中、素晴らしい波に出会えてすっかりハイテンションになっていたのだが、午後からはワッシャワッシャのオンショアになってしまい、翌日の朝に期待することとなった。(前回はこちら

サーフキャンプの朝は早い。
というより夜が早い。
21時半から22時には発電の関係で待ったなしで電気が消えてしまう。
そうするとあとはどうしたって寝るしかない。
自然と朝は早く目覚める。
生活のサイクルはどんどん本来あるべき人間の姿へと回帰していくようだ。

2日目。
夜明けとともに目が覚める。
高床式のネグラから階段を降りるとすぐにメインポイントのブレイクがチェックできる。

いい波そうです!

いい波そうです!


昨日に比べるとややサイズダウンしているようだが、風はすっかりおさまり、規則正しくブレイクしている。
朝食の時間まで2時間余り。
やや湿ったトランクスに履き替え、ストレッチもせずにピークへと向けてパドルアウトした。

ここのポイントの唯一の弱点はアウトのピークまでが相当に遠いというところかもしれない。
ショートだと15分〜20分、ロングでも10分はパドルすることになる。
しかしそこに待っている波が素晴らしいのでたいして苦にならない。
ビーチから見た感じだとハラ〜ムネくらいのサイズかなー、なんて思っていたがアウトに出てみるとゆうにアタマサイズはあった。

手頃そうな波を選んでテイクオフしてみる。
昨日と同様で素晴らしい波。
「おっ、今日もいいね〜」
とテンションが上がる。
再びラインナップへパドルして戻り、さらに奥のピークから波を待っていると突然突風が吹き始めてしまった。
その風はどんどん強くなり、美しかった波をグチャグチャに荒らしてしまった。
ついさっきまでグラッシーだったコンディションがまるで夢の中での出来事のように厳しいチョッピーコンディションへと一気に様変わりしてしまった。
前日の午後もずっとオンショアが吹いていたし、「もしかしてここは結構いつも風が吹いちゃうのかな」と不安な気持ちになった。

>> 次のページ >> 不安は的中してしまうのか!?

タグ: , ,

バニモうるるん旅行記 その2 〜メローな旅は慌ただしく始まった〜

定刻より約1時間遅れでパプアニューギニアの首都であるポートモレスビーに到着した。(前回はこちら
国内線の乗り継ぎ時刻が迫ってきていた。
本当に間に合うのか?という不安がよぎる。
飛行機を降りると我々を待ち構えていた空港職員が「お前らがバニモに行くという日本人か?」と険しい表情で聞いてきた。
「そうだ」
と答えると、「国内線が出発してしまう。とにかく急げ急げ」と急かしてきた。

空港職員に促されて慌ただしく荷物を預ける

空港職員に促されて慌ただしく荷物を預ける


慌ただしく荷物をピックアップしてそれを国内線のターミナルに運び込み、大急ぎで飛行機に乗り込んだ。
バニモ行きの飛行機にはパプア人しか乗っておらず、我々日本人の汗びしょクルーたちに好奇の視線を投げかけてきた。
操縦席が丸見えのプロペラ機が『よっこらしょ』と言わんばかりになんとか離陸した。
今更ながらニューギニア航空とはちゃんと整備などしたりしているのだろうか、日本のそれのようにはしっかりやってないのではないだろうか、いやきっとやっていないに違いない、などとやや不安になったりしたが、安定飛行に入ると旅の疲れからかすっかり眠ってしまった。

目を覚ますとバニモ空港に向けて着陸態勢に入っているようで機体が激しく揺れていた。
再び不安な気持ちになりかけたが、窓の外をみると長いコーストラインにはいたるところブレイクする白波を目にし、一気に期待が高まった。

上空から確認できるほどしっかりしたウネリが!

上空から確認できるほどしっかりしたウネリが!


どうやら風も吹いていないようで海面はクリーン。
うねりが押し寄せている様子が上空からもはっきりと確認できた。
到着予定時刻は朝の8時。
サーフキャンプに着いたらさっそく海に入ろう、いったい今回はどんな波に会えるのだろう、などと思いを巡らせているうちに機体が激しくバウントしながらバニモ空港に着陸した。
>> 次のページは >> さあどんな波に出会えるのでしょうか??

タグ: , ,

バニモうるるん旅行記 その1 〜メローなメンバーとメローな波を求めて〜

トゥピラ村人とともに

トゥピラ村人とともに


2010年の年の暮れ。
吉川共久プロをはじめとしたコアなサーファーたちとともに極上でスリリングな波を求めてパプアニューギニア(以下パプア)のトゥピラ村を旅をした。
結果的には求めていたような波にはありつくことはできなかったが、パプアという日本とはまったく異質な文化に触れられたことが深く心に印象として残った。

2012年の年明け。
僕がバリに長期滞在するための準備をし始めたころにST-World(旅行会社)のテルから着信が入った。
テルとは数年前にST-Worldがサーフトリップ事業部を立ち上げたときからの付き合いだ。
彼から電話が入るときはたいがい何かの旅のオファーであることが多いのでやや警戒しつつ電話をとった。
何しろ今の僕にはベビ子というかわいい娘がいて、以前のように勝手気ままに旅に出れるという状況ではないのだ。

「けいくん、来月なんだけどパプアにまた行かない?」
「来月? いやー無理だよ。俺バリだもん。」
正当に断る理由がありちょっとホッとした。
2月は月末までバリに滞在している予定になっていたのだ。
「あ、そう。じゃあ3月でもいいよ」
といかにも軽い感じで切り返してきた。
「え、3月・・・ いやー、家を2ヶ月も空けた後だからなー・・・、さすがに3月は・・・」
と思わぬ反撃にしどろもどろになってこたえた。
そしてテルの攻撃は間髪入れずに畳み掛けてきた。

>> 次のページ >> 攻撃をかわすことができるのか??

タグ: , ,

パプアニューギニアうるるん紀行第2弾! 

バリから帰国し、日本社会に馴染めずに少々困惑気味な私。
そろそろ「えいやっ」と気合いを入れて社会復帰しなきゃいけないかな〜なんて思い始めた矢先。
3月17日からパプアニューギニアのバニモというサーフキャンプに行く事になったのです。

パプアの子供たちのキラッキラの笑顔

パプアの子供たちのキラッキラの笑顔


パプアといえばバリなんかとは比べものにならないほどの原始社会。
なんつったって国民の80%が自給自足の生活をしている国なのだ。
まだ発見されていない部族もいるというのだから驚きである。
現地の子どもたち

現地の子どもたち


2010年12月、パプアの地に初めて足を踏み入れた。
文明社会で生活している僕らが忘れかけている人間臭さがパプアでは至るところでプンプン臭ってくる感じがした。
普段着飾っているものを全てのモノを脱ぎ捨てて裸で生きている感じ。
その環境に入っていくと、僕までも丸裸にされてしまうような感覚。

「ああ、俺ってこんなに汚れているんだな〜」
とか、
「ああ、そういえばこんなにピュアな部分もあったっけ」

なんて感じでそのまんまの自分に出会えた気がした。

チュービーな波もありますよ〜

チュービーな波もありますよ〜


もちろん波も良い。
でも波云々より得るモノが多かった気がしたのです。

さあ、2012年のパプアではどんな経験ができるのでしょうか。
いい波にも出会えるでしょう。
でもそれ以上に楽しみなナニカに出会える気がしてならないのです。

※ 3月17日〜24日までのパプアトリップに同行したい!という方は是非お問い合わせください。
mail = flowfree0723@gmail.com 有本宛

2010年パプアトリップの模様は
1、パプアトリップ前編はこちら
2、パプアトリップ後編はこちら

タグ: , ,

バリ島の魅力は!?

エンドレスサマサマアイランドバリ島を後にし、春の入り口に立っている日本に戻ってきた。
寒いというだけでいろんなことが厳しい。
駅のホームで電車を待っている3分間がなかなか進まない。
外で嫁の迎えの車を待っている5分間がオソロシク長く感じる。
暑ければその待っている電車がさらに5分遅れようと、嫁が10分遅れようとなんとなくボーッとその場で口でも空けながらアホ顔で待つ事ができる。
暑い国と寒い国では体感時間がまったく違うのだ。
暑い国の人たちが総じて時間にルーズなのがうなずける。

バリ人はのんびり名人

バリ人はのんびり名人


じゃあ暑い国の人ってなんとなくだらしなくダラダラしてんだね〜、とお思いでしょうが、ある部分ではその通りかもしれない。
しかしその反面、いいところもたくさんある。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/