SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

リバーサーファー直樹の『精神と時の部屋』

海の波が良くない時は川へ行く。それがマイルール。

川のサーフィンウェイブはエンドレス。
ワイプアウトしなければ永遠に乗れる。

が、11月も下旬となると水温は低い…。滝行並の冷たさかも。
正に精神と時の部屋。
身が引き締まる(>_< ) 今日はBICのロングボードをチョイス。 [caption id="attachment_12565" align="aligncenter" width="300" caption="river wave はendless wave!!"]river wave はendless wave!![/caption]
海の波と川の波の違いは塩分濃度だけではない。。
海の波とは怖さが違う(>_< ) ワイプアウトが超怖い(ToT) リーシュが川底に引っ掛かったら溺れて死んじゃうかも(∋_∈) が、その恐怖がマンネリしがちなサーフィンへのスパイスとなっている…かも?。
続きを読む…

タグ: ,

戦うover40ユーコの『初!宮崎サーフトリップ』

こんにちは♪

「戦うover40」ユーコです!
先日この私が!宮崎にサーフトリップに行ってきました。
宮崎の土地も海もそしてローカルサーファーさん達も良く知ってる友人が誘ってくれたんです。
こんなチャンスがあるでしょーか!!・・ってことで、即答しました「行く行く~!」と。

なんてったって初宮崎です!

観光&グルメでじゅうぶん魅力的ですから♪
3泊4日のサーフトリップでしたが、なんと4日間デカ波がありすぎでした!!
初日の初っぱな、入水して数分後には巻かれ巻かれて洗礼を受けてしまいました(T_T)

サイズと風が少し抑えられてるだろうと南下して入ったポイントでも頭サイズですから・・私にはデカすぎでした。

早速洗礼を受けた「宮浦」

早速洗礼を受けた「宮浦」

「宮崎の海は水が多い」と誰かが言ってたのを思い出しました。
「水が多いって何?海だもん水が多いのは当たり前・・・」と思っていたのですが。
その言ってる意味がわかりました!!

どう言葉で言い表せばいいのかわかりませんが、とにかくパワーがあってホントに
「海の水が多い!」って感じ。
巻かれるとそのパワーをより実感します(笑)。 続きを読む…

タグ: ,

サーファーはやはり全世界共通なのだ

バリから日本にやってきてからまともな波にありつけていないプーちゃん。
初めての海外ということもあってやや緊張気味だったので、とにかく波乗りをしてもらおうと吉浜に連れていった。
実のところ、そういう言い訳しつつ自分がサーフィンしたかった、という部分もあった。
ここ2日間、まったく波がなかった湘南を飛び出して西へと車を走らせた。

東ウネリにしっかり反応していた吉浜

東ウネリにしっかり反応していた吉浜


昨日はヒザ〜モモの小波でほとんどサーフィンにならなかった吉浜は今日は一転ハラ〜ムネサイズの波がブレイクしていた。
吉浜特有のダンパーブレイクは影をひそめ、キレたいい波にありつくことができた。 続きを読む…

タグ: ,

リバーサーファー直樹の『川の流れに身をまかせ〜』

岐阜県の山奥。渓谷でのサーフィン。
冷たく湿った空気、清らかな水。
岩に群生するコケ。
聞こえる音はカワセミの鳴き声、そして川の音のみ。
波質は海には到底及ばないものの、静かな自然、神聖な雰囲気と一体化すべく、5人のサーファーが川にやって来た。

ダイナミックに波にチャージする川下り船。
彼らも或る意味リバーサーファーだ。

船もアグレッシブにリバーを攻める

船もアグレッシブにリバーを攻める


上流から約7km、川の流れに身を委ねながら、いくつかの瀬でサーフィンを楽しむ。

永遠に続く波。
静かに流れる時間。

いつしか我々は、川の流れになっていた。。

タグ: , ,

リバーサーファー菊池直樹の『ヒッチハイクサーファーとの遭遇』

みなさん、こんにちは。
SWPゲストライターのリバーサーファーこと菊池直樹です。

この日のサーフィンは海にするのか川にするのか、すなわち海坊主になるのか河童になるのか悩んだのですが、海のコンデションがイマイチでしたので、河童になることにしました。

東名高速に乗り岐阜県を目指す。
途中、美濃加茂サービスエリアに入り、休憩しようとすると‥。
ヒッチハイカーを発見しました。
足元にはサーフィン道具一式が見えます。
車を寄せて話だけでも聞いてみることにしました。

サーフィン? ヒッチハイカー現わる!

サーフィン? ヒッチハイカー現わる!


どうやら、彼はサーフィンがしたいらしく、太平洋へ行くサーファーを狙ってヒッチハイクしていた様です。
ところがここは下り線、太平洋側へは行かないことを告げたのですが、地理に疎い上、サーフィンをした事が無いらしく、最終的にはどこでもいいからサーフィンしたいと言い出しましたので、川まで乗せていく事にしました。
>> 次のページ >> 初心者サーファーがいきなりリバーサーフィン!

タグ: ,

不治の病 サーフィンVS腰痛

最近、5時過ぎには目を覚ます。
そしてすぐに仕事にとりかかる。
早朝から仕事をやっつけるのには理由があるのです。
理由はただ一つ。
午後サーフィンしたいから。
いい大人が・・・、と思われても仕方ないのです。
サーフィンは『不治の病』なのです。
そのためならなんでもするのです。
最近比較的午後にコンディションが良くなってきている某所でサーフィンするためなのです。

昼飯前に仕事を終え、パートナーのまさしと食事をとったら迷わずオンショアびゅうびゅうの湘南を出発。

波はいいけどガラガラなのです!

波はいいけどガラガラなのです!


コンディションはコシ〜ハラ無風でまずまずといったところ。
何よりサーファーが少ないのがうれしい。 続きを読む…

タグ: ,

地獄的修行から天国へ

初日、地獄的大雨大風に見舞われた伊豆サーフィン合宿初日。
南伊豆で1Rサーフィンしたが海は荒れ狂い、流れも強かったため、1時間ほどで逃げるように海から上がった。
じゃあまあこんな時は温泉入ってしこたま飲みますかっ、と方針転換し千人風呂でプハーっと温泉に浸かり、伊豆のお魚をつまみに宴が始まった。
サーフィンをしていなかった分、体力疲労がなかったので疲れ知らずの我々旅のクルーは結局午前2時近くまで飲んでしまったのだ。
明日のために体力温存、なんて言ってたくせにやはりとことんやってしまった。

2日目はいきなりいい波です!

2日目はいきなりいい波です!


翌日の昨日は一転晴れ渡り、波も程よいサイズになった。
おっしゃー、とヨロコビつつさっそく海へ。
昨日のアルコールを体から絞り出すように早朝からサーフィン。
いつもなら午前中には海から上がって湘南へ戻るところをこの日に限っては夕方まできっちりサーフィンをしまくった。
快晴の元、きれいな海でいい波に乗って。
2日目は一転天国化したのです。
いい旅だった〜、と笑顔に

いい旅だった〜、と笑顔に


気兼ねのないメンバーとの旅は本当に楽しく、時間があっという間に過ぎ去ってしまう。

「いやー、いい旅だったねー」

とみんなが笑顔になった旅でした。

(有本圭)

タグ: , ,

伊豆白浜サーフトリップの主役は!?

さあ、毎年恒例の伊豆白浜サーフィン合宿がスタート。
ここ数回はピーカンに加えてオフショア、小波というビギナーサーファーにとってはこれ以上無いという恵まれたコンディションでの合宿が続いていた。
もちろん今回もそんな風な恵まれすぎた旅になるであろうと思っていたが・・・

本日の伊豆方面は荒れてます

本日の伊豆方面は荒れてます


小雨の湘南を後にし、伊豆半島に車が突入すると突然暴力的な雨に見舞われた。
おいおい、話がちゃうやんけー、とテンションががた落ち、とならないのがこの旅のメンバーだ。
そんな雨なんてはねドーンと除けてしまうようなハイテンションで白浜へやってきた。 続きを読む…

タグ: ,

プチトリップ症候群発症

波を求めて車を走らせた

波を求めて車を走らせた


本日も波のない湘南を脱出。
3日連続西湘方面プチトリップ。
さすがに嫁にも「あんた平日から大丈夫なの?」と呆れ顔をされたがそんなの気にしていたらサーファーが勤まらない。
いいんです、波があって仕事の調整がつく時はサーフィンしちゃうのです。
そう自分自身に言い聞かせつつハンドルを握った。 続きを読む…

タグ: ,

プチトリップ第2弾は

昨日の教訓から今日は2本搭載

昨日の教訓から今日は2本搭載


「じゃあ、商談に行ってきまーす」
と言いつつ車にロングボード、ショートボードをそれぞれ1本ずつ乗せて湘南から西へと車を走らせた。
小田原で商談が午後2時。
ということはお昼くらいまではそっち方面でサーフィンができるぞ、と企んだのである。 続きを読む…

タグ: ,

1 / 612345...最後 »

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/