SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

突然の再会からの伊豆プチトリップ

今から十数年前。
湘南の辻堂にあったプラウドメアリーというALOHA SURF BOARDを取り扱うサーフショップに僕は勤めていた。
先週の日曜日、その当時のメンバーの同窓会があり、懐かしい面々と久々の再会を果たした。
そしてその翌日。

嫁とベビ子が家の前で散歩していると・・・

嫁とベビ子が家の前で散歩していると・・・


嫁から電話が入り、「ねえ、けいくん、モリオさんって知ってる? なんかモリオさんって人がここにいるんだけど」
「はあ? モリオってあのモリオ?」
「知らないよ。モリオさんって言ってるよ。とにかく出てきてよ」
「どこ?」
「家の前」
「えっ!!」

ということでいきなりこれまた十数年ぶりに再会したモリオもプラウドメアリーで働いていたスタッフで、一時同じ屋根の下で暮らしていた。
モリオとはFacebook上ではつながっていたので、僕が親バカぶりを発揮してちょくちょく写真を掲載している愛娘ベビ子の姿を見て「お、これはアリ兄の娘ベビ子だ!」と気が付いたそうだ。

まさかの同窓会翌日の昨日、突然の再会を果たした。 続きを読む…

タグ: , ,

川開き〜 〜その2〜

みなさん、こんにちは。
SWPゲストライターのリバーサーファーこと菊池直樹です。

育児でサーフィンする時間が激減した今、リバーサーフィンで板の上に乗っている時間を稼がない手は有りません!
短い時間でサーフィンを満喫するには川が一番!

ということで・・・

何もかも忘れて川に飛び込みました(^。^)/
川に入れて冷えさせておいたビールを飲みながらサーフィンするのは格別です!
これは、夏場にやる事ですが、冬でも格別に旨い(^。^)

数時間どっぷりサーフィンした後、今年の課題に挑戦しました。

RIver 5!! スリル満点です^^

RIver 5!! スリル満点です^^

続きを読む…

タグ: , ,

おじさん型サーフトリップ

波のない湘南を後にして、鴨川を目指した。
URBAN .SURF. NATURALがコンセプトのインテリアショップWTWの山口氏と『平日なのにいいオジサンが2人でサーフトリップ』に出かけたのだ。
「本当に最近のサーファーは高齢化が進んで若い子が少ないよね〜」
なんて語っている2人が完全高齢化貢献型サーファーなのです。

大満足の2人 右)有本圭 左)山口氏

大満足の2人 右)有本圭 左)山口氏


オジサン2人は早起きを苦にしない。
5時半に怪しく集合し、鴨川を目指したわけなのだが、ポイントに着いたからといってすぐに海に飛び込んだりはしない。
そこまでガツガツとサーフィンするというより、トリップ全体を楽しむというメローなスタイル。
そこから部原→鵜原→御宿とのんびりチェックしたのちにようやく鴨川シーサイドで1R。 続きを読む…

タグ: , ,

ボード選考会を兼ねて

またパプアでこんな波に出会えるか!?

またパプアでこんな波に出会えるか!?


今週の土曜日から懲りずに海外トリップに出る。
またサーフィン三昧の日々が待っている。
ということで今週は大人しく仕事をしているのです、と言いたいところなのだが、ここ最近波が無さ過ぎる湘南をあとに千葉へ向かうという哀れな行動に出てしまっているのです。 続きを読む…

タグ: ,

ロングライドするには海より川? 〜川開き その1〜

みなさん、ご無沙汰してます。
ゲストライター、リバサーファー菊池直樹です。
今年も色んな川を攻めますよ〜。

岐阜県の山々は雪解けが進み、木曽川が増水傾向となりました。
いよいよ2012年リバーサーフィンシーズンのスタートです!

川開きサーフィン2012年2月24日!

水温は4度前後ですが、ゲッティングアウトしないので冷たさを感じません!

やっぱり川上がりもビールだあ!

やっぱり川上がりもビールだあ!


本日の水位はやや厚めでしたのでスタンドアップパドルボードをチョイス!
そして、ビールも川に入れて冷やしておきます。

最近、育児でほとんどサーフィンできていないです。
今年はこれで3回目のサーフィン。 続きを読む…

タグ: , ,

伊豆バグース!

一応仕事で伊豆に来ていたのだが、基本的に僕の役割は無く、一応『隊長』という肩書きをいただいていたが、これはあくまでも他の役割らしきものがないため仕方なく『隊長』と呼ばれているような感じだ。
仕事熱心な僕以外の4名はチェックアウトの時間を遅らせてまで仕事に専念し、おじさん5名ホテル缶詰仕事は一応の終了となった。

そこからが僕の出番だ。
南東うねりが強まってきたため、伊豆半島もあちこちでブレイクしていた。
今回の旅に2本のNEW BOARDを積んできており、サーフィンする気満々(仕事する気ゼロ)なのだ。

setはオーバーヘッドはありました〜

setはオーバーヘッドはありました〜


最初に向かったのは多々戸浜。
セットでアタマオーバーだがちょっとまとまりに欠けるトロっぱやいブレイクだった。
そこでもう一カ所こういうときに意外と良くなっていることがあるビーチに向かった。 続きを読む…

タグ: , , ,

温泉おじさん化

朝も早よからカチカチカチカチっ

朝も早よからカチカチカチカチっ


波が良くなってきている湘南からオンショアびゅうびゅうの下田に来ている怪しいおじさん5人衆。
サーフィン系iponeアプリ制作の合間に白浜で気持ちよくサーフィンしちゃおうぜ〜という密かな企みはオンショアのおかげであえなく崩れてしまい、結果として仕事に専念できる素晴らしい環境になってしまった。 続きを読む…

タグ: , ,

アヤシイおじさんたちがアヤシク下田に集まった〜

なぜかどこからともなく5人のおじさんが伊豆下田のセントラルホテルに集合した。
メンバーは日本の広告業界を動かす炎の敏腕営業マンSさん、東大の教壇にも上がる天才プログラマーTさん、サーファーでありながら売れっ子フリーデザイナーMさん、そして我らが天才的ソワソワ男まさしと僕の5名。

ホテルの一室が事務所化している〜

ホテルの一室が事務所化している〜


男たちはしゃべりもせずに『カチカチカチっ』とキーボードを打つ音だけを奏でている。
きっとこのホテルの一室で5台のマックが起動したのは歴史上初めての快挙であろう。 続きを読む…

タグ: , ,

リバーサーフィンの魅力と未来

ゲストライター菊池直樹です。
リバーサーフィンの現状と未来について書いてみました。
それではどうぞ!


リバーサーフィンのポイント調査が進み、木曽川をメインに、長良川、津保川、天竜川と、ポイントを開拓していきました。

波情報源は、国土交通省の河川水位情報。
http://www.river.go.jp/

これら情報を駆使し、当日のベストウエイブがどの川で発生しているのかが分かるまでになりました。

立派な波ですね~~~

立派な波ですね~~~

リバーサーファーもぼちぼち増えましたが、全体で10人前後といったところ‥。
やはり、車で数時間移動すれば海の波でサーフィンできる環境にある日本では、カナダやドイツの内陸部ようにリバーサーフィンに拘る必要がないのかもしれません。

たしかに海の波と比べてしまえば、圧倒的に劣勢な波質、岩にボードをぶつけて壊しやすい等、ネガティブな要素が沢山有ります。

川にサーファー現る!

川にサーファー現る!


Q:何故、近くの海に行けば安全で楽しくサーフィンできるのに、川でやるの?
A:それは‥‥楽しい‥から。
リバーサーフィンに可能性という楽しさを見出してしまった以外にありません。

海のサーフィン。それはとても楽しいです。気持ちいい。最高です。
何も文句は有りません。絶対的な快楽が、そこに有ります。

一方、川のサーフィンは‥。
・川の流れが速くて慣れるまで大変。
・波の小さい日が圧倒的に多く、ただボードの上に立っている事しかできない日も有る。
・新たなポイントを開拓しに行けば、波が無くてノーサーフも。。。
・慣れないとボードを壊しやすい。
・うっかりノーリーシュでワイプアウトすると、遥か下流まで流される。。

そこには、挑戦と開拓、それによる達成感、敗北感、挫折感等が入り交じっております。

・どこまでのテクニックができるのか?
・どういったサーフボードが、川の波にマッチしているのか?
・どのくらい長時間乗っていられるのか?
・人知れずにブレイクしているサーフィンウエイブがどこかにあるかもしれない。
・大自然の渓谷をSUPで下ってみたい。
・川でサーフィン大会をやるなら、どんなルールでやるのだろうか。

川というフィールドは、まだ手付かず状態。
右も左も分からない。

この、手探り感覚が、たまらなくワクワクするのです!!!!
(すごくガッカリする事も有りますが(^^;)
このワクワク感が海のサーフィンに勝っている間は、私はリバーサーファーで有り続ける事でしょう。

それでは現在、チャレンジしている事を紹介させて頂きます。

>> 次のページ >> 川に懸ける男のロマンですね~

タグ: , , ,

白浜サーフィン合宿2日目もニコニコ

CLUB SWP(海を遊ぼう!というクラブ)を発足してから3回目となった白浜サーフィン合宿。
毎回宿泊でお世話になっているのは白浜マリーナ。

絶好のロケーション、白浜マリーナ

絶好のロケーション、白浜マリーナ


実はこの白浜マリーナのオーナーの酒井さんは僕の中学校の先輩なのだ。
東京の調布4中というサーフィンとはまったくつながりのなさそうな中学校なのが不思議なところだ。
部屋からの眺め

部屋からの眺め


白浜のサーフポイントを一望できる白浜マリーナで目を覚ますと窓から外を覗いて波チェック。
「ん〜今日も小さいな〜。」
とちょっとガッカリだが、スクールをするには最高のコンディション。
スクールが主な目的なので、目的から考えると「当てた!」といってもいいだろう。 続きを読む…

タグ: None

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/