SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

湘南小波用ボード完成!

深夜のシェイプルームで 〜富永忠男〜

深夜のシェイプルームで 〜富永忠男〜


約2ヶ月前、夜な夜なシャイパーの富永さんとサーフボードについての意見交換をした。
サーファーにとってサーフボードはすごく大切なファクター(要素)の一つだ。
特に自分の理想のサーフィンを追い求めている者にとっては自分のスキル向上と同じようにサーフボードもイメージ通りにしていかないといけない。 続きを読む…

タグ: , ,

大人のオモチャGET!!!

深夜のシェイプルームで 〜富永忠夫〜

深夜のシェイプルームで 〜富永忠夫〜


6月の中旬、夜な夜なシェイプルームにこもりボードについてあれやこれやと意見交換した。
普段ニューカレドニアを拠点に活動しているシェイパー富永さんが2〜3ヶ月に1度ペースで帰国するタイミングでサーフボード作りをしているのだが、今回ほど熱く深くサーフボードについて話あったことはなかった気がする。 続きを読む…

タグ: , ,

激動の30代を経て

30歳のときにはすっかり大人になった気でいたが、今から振り返ってみるとまだまだ子どもだったようにも思う。
その当時はプロサーファーとしてスポンサーさんからの給料をベースに活動しており、年中海外に出向いてはサーフィンに明け暮れる日々を過ごしていた。
あれから10年の月日が流れ、2012年7月23日に晴れて(?)40歳になった。

サーフトリップは行かずに韓国出張ばかりの30代

サーフトリップは行かずに韓国出張ばかりの30代


30代は激動の10年間だった。
32歳のときに会社を立ち上げ、そこから数年間は昼夜仕事に明け暮れた。

「金持ちになったるぜい!」

とガッツイて仕事をし、自分を見失い、大切なものを失いかけた。
人間関係に悩んだり、資金繰りに詰まり、会社の倒産の危機もあった。
サーフィンする時間もままならず、体重は順調に増え、とても『サーファー』とは言えないような時期が続いた。
一時は「こんなに仕事をしてサーフィンもできなくなり、一体何をやっているのだろう」と不安に思う時期もあった。

このころはたま〜にしかサーフィンできなかった

このころはたま〜にしかサーフィンできなかった


そもそも独立したきっかけは、
『このまま年をとっていくといずれスポンサーからの給料がなくなり、自由にサーフィンができなくなってしまうんじゃないか?』
という不安からだったのだ。
でもその結果、まったくサーフィンできなくなってしまった。
会社を大きくして従業員を最大で30名近く雇って、毎月の支払いに追われていたときの僕の頭の中から『サーフィン』は消えかかっていたのだ。
>> 次のページ >> 大きな転機が

タグ: ,

NEO SURF の一員に!!

今から15年ほど前の話である。
辻堂にプラウドメアリーというALOHAサーフボードを扱う大型サーフショップがあった。
僕はそこでショップスタッフをしていた。

ショップの仲間たちと

ショップの仲間たちと


そのとき、自分にとってのサーファーとしてのベースができたことは間違いない。
いわばサーファーとしてのルーツがそこにあるのだ。
そのときの友人とは今でもそのときと変わらないお付き合いをさせてもらっている。
僕がサーフィンを辞めない限りその関係はずっと変わらないと思う。 続きを読む…

タグ: ,

ここから 〜JPSAコンテスト結果報告〜

毎年行われているマーボロイヤルカップ

毎年行われているマーボロイヤルカップ


今から4年前の2008年7月6日、JPSAマーボロイヤルカップが開催された。
その当時、僕は4店舗の雑貨屋さんを運営しており、多忙な毎日を送っていた。
2007年のJPSAコンテストでは多忙の中、なんとか全戦に参戦しセカンドシード権を得ており、2008年シーズンはラウンド2からの出場になっていた。
仕事が忙しく満足にサーフィンできていなかったが、意地でプロツアーには参戦していた。
そしてその時の結果が1回戦敗退。
ヒート後半までは2位のポジションだったのだが最後にひっくり返されて3位で敗退したのだ。
辻堂は僕がサーフィンを始めてからずっとホームポイントの特別な場所。
波は知り尽くしているし、絶対に結果を残したいと思っている場所だ。
2000年にプロになってから辻堂ではいつもそれなりの成績を残していたのだが、この年はあえなく2回戦敗退(2回戦からの出場だったため実質1コケ)。
そのとき僕の心は折れ、コンテストから退く事を決めたのだ。 続きを読む…

タグ: ,

あっという間の敗退劇。このまま終わってしまうのか?!

7/7七夕の日、辻堂の海岸ではJPSAロングボードツアー第3戦が開催されていた。

まさかの有本プロ、初戦敗退

まさかの有本プロ、初戦敗退

有本プロも地元プロサーファーとして参戦したのだが、残念ながら初戦敗退。
朝8時には出番がなくなってしまい「ベビ子のオムツでも変えてくるか〜」と帰宅する羽目になってしまった。
続きを読む…

タグ: , ,

明日はJPSA辻堂大会です!

コンテストの準備は進んでいますね〜

コンテストの準備は進んでいますね〜


明日、JPSAロングボードツアー第3戦、マーボロイヤルカップが開催される。
去年まで4年間大会に出ていなかったので一番下のラウンド1からの出場なのだが、なぜか今回のこの大会はラウンド1はこの1ヒートのみ。
ということで相当な早起きを強いられているわけです。 続きを読む…

タグ: ,

JPSAツアー2012 MABO ROYAL Kj Pro に圭さんが参戦します!

突然ですが、明日7/7(土)朝6時に辻堂海岸で有本プロの試合があります。

7/8に辻堂海岸にて!

7/8に辻堂海岸にて!

なぜか有本プロは自分の試合を予告しないので、プロのツアーで試合に出ているところを見たことがありませんでした。
今回は場所も辻堂だし、初観戦してみたいと思います!
SWPをご覧の皆様も是非一緒に応援しましょ〜、ということで記事を書いてみた次第。

ラウンド1の第1ヒートから出番があるようなので「朝6時くらいじゃないかな?5時半から待機だったと思う」だそうです!

タグ: , ,

コンテスト熱、再び

ヒートを楽しむことができました 〜有本圭〜

ヒートを楽しむことができました 〜有本圭〜


JPSA(日本サーフィン連盟)の大会に4年ぶりに出場し、実感としては本当に久しぶりに本気でサーフィンと向き合ったように思う。
今までも当然Keep Surfingしてきたが、やはりコンテストに出てみると向き合い方が変わってくる。
よく、「大会に出るとサーフィン上達するよ」ということがサーファーの間では言われるが、それは大会に出たことで自分の足りない部分が見えてきて、その課題を克服するように普段から練習するようになるからだと思う。
コンテストに出続けているサーファーがどんどんレベルアップする秘密の一つにはそんなところがあるように思う。 続きを読む…

タグ: , ,

2回戦敗退。言い訳でしょ? はいっその通り

2012JPSA第一戦@千倉

2012JPSA第一戦@千倉


4年ぶりのコンテストだったがなんとか2回戦にコマを進めた。
ヒートから上がると、嫁から「ん〜、なんかいつもの圭くんのほうが上手いよね〜」と厳しい評価をいただいた。
たしかに1位で通過したとは言うものの、得点もそんなに高くなかったし、どうも体が固くなっている感じがした。

コンテストはいかにいつも通りのサーフィンできるか、というのが一つのテーマになる。
どうしてもコンテストとなるといいところを見せようと気負いが出たり、固くなったりすることが多い。
自分では普段通りのつもりだったが、振り返ってみるとやはりいつも通りとは言えない出来だったように思った。 続きを読む…

タグ: , ,

1 / 3123

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/