SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーフボードのツボをつけ!【テイクオフ チャレンジ その1】

はじめての海チャレンジでほんのちょーっとボードに立てたわけだが、とても「テイクオフできた!」という代物ではなかった。(前回の海チャレンジはこちら
次なる目標は「テイクオフできた!」だなーっということで、またドジ井坂師匠にテイクオフの稽古をつけてもらうことに。

テイクオフを語る

テイクオフを語るドジさん

ドジさん曰く「上手い人は1日に100回テイクオフを体験できる。でも初心者は海で練習しても、1日数回しか立てない。だから陸でテイクオフの練習をして、テイクオフの感覚を体で覚えることが大事。」とのこと。
素人ながらに「テイクオフこそ実戦が大事なのでは?」と思ったので質問すると、もう少し説明してくれた。「ゴルフでもスイングのフォームを1ステップずつ確認するでしょ?それと同じ。上手い人の動きを分析して作ったのが僕のテイクオフシートだから、これでちゃんと練習してきた人は実戦でも早く立てるようになるよ」とのこと。
なるほど、なるほど。

毎度おなじみのテイクオフシート登場。今日はテイクオフ体操の全貌が明らかになります。
(ドジ師匠に「詳細書き過ぎ!」と怒られたら、消しますからね〜、チェックはお早めに!)

まずサーフボードの真ん中(重心)におへそを置きます。
で、両手はおへその横につく。これが結構意外ですよね。でも確かに重心に近いところに手をつかないとバランスが崩れるわけで。
そこからオットセイのように上半身を起します。「オウッオウッ」と鳴きマネをするといいでしょう、というのは間違いで、腰をユラユラさせて両足の力を抜くといいそうです。これも足に力が入ってバランスを崩すのを防ぐため。

両足、あつまれ〜。

両足、あつまれ〜。

そこから右足のヒザを重心のところに持ってきて、そのヒザのところに左足を立てます。
さあ、最後は皆さんご一緒に〜〜、、、

「テーイクオーーーーフ!」

はいっ!

はいっ!

立ち上がります。ここでも前足がボードの重心に乗ってます。そして体重を前足に乗せる、と。
おまけカットとして、プロのテイクオフ姿勢をごらんください。

通りすがりのプロ

通りすがりのプロ

フムッー、勉強になります。

さてここで僕に試練が与えられました。ドジさん特製のバランスキューブに乗せたユラユラボードの上で、見事『目を閉じたまま』立ち上がって(テイクオフして)みせよ!というもの。

ゆらゆら。

ゆらゆら。

これ結構ゆらゆらだよ。。
さて、長くなってきたので、結果編はまた明日の記事でアップします。どうぞよろしく!

タグ: , , , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/