SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

今なぜバリ島なのか 〜その4〜

プール付きの家も夢ではない!

プール付きの家も夢ではない!

さて、バリ移住についてその4は物価面。(その3はこちら
バリは一般的に物価が安いと言われていますがそれはどの程度なのでしょうか。
バリのスーパーではなんでも揃います

バリのスーパーではなんでも揃います


今回『住む』という見地からバリの物価をいろいろと見てみた。
バリは確かに安い。
安いことには違いない。
しかし、日本人がそれなりの生活をしようと思うとそれなりに費用がかかることも見えてきた。
インターナショナルスクールは相当に高い

インターナショナルスクールは相当に高い


子どもの教育について、地元の公立の学校に入れるならまったくお金はかからないが、私立のインターナショナルスクールに入れるとなると話は別だ。
私立の大学に通わせるくらいの費用がかかってしまう場合もあるのだ。

また、住まい確かに安い。
家賃1〜2万なんてところもザラだ。
しかし、家族でそれなりいい立地、安全かつきれいな場所でセキュリティのいいところに住むとなるとこれまた話は別。
そこそこいい値段がしてしまうのだ。

プール付きの家も夢ではない!

プール付きの家も夢ではない!


しかし、たとえば日本と同じだけの収入があれば2〜3ランク上の生活ができることは間違いなさそう。
お金持ちのお家の代名詞『プール付きの家』だって夢ではないのだ。
収入をキープしたままバリに移る、というのが快適にバリライフを過ごすポイントになる気がした。

そこで『けい&まさしビジネス連合体』ではあくまでも給料は日本にいるときと変えずにバリに行ってしまおう、という作戦を実行することにした。
それが『できる』と判断したので今回の移住に踏み切ったのです。

つづく(その5は24日午後12時にアップします)

(有本圭)

タグ: , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/