SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

放射能はいま・・・

東日本大震災、大津波にて尊い命を落とした方々、心よりお悔やみ申し上げます。

津波後2週間の石巻・・・

津波後2週間の石巻・・・


明日で震災から1年が経つ。
あの日から何もかもが変わってしまったように思う。
被災していない僕らの生活でさえ細部に至るまで大きな変化を及ぼしている。
日本の政治家、官僚に対する不信感、日本の将来に対する絶望感、開示される情報に対する猜疑心、食に対する不安感、など様々なネガティブな感情が蔓延した。
反対に『絆』や『助け合い』など、日本人が忘れかけていた大切な道徳心が生まれたことも事実だ。
そしてサーファーや海を愛する者たちにとって「海は本当に安全なのだろうか?」という不安は未だにぬぐい去ることができないでいる。
壊滅的な被害を受けた女川

壊滅的な被害を受けた女川


先日、NHKの特番で東京湾内に放射線値が非常に高いスポットが点在していることが報道された。
東京湾はたしかにそういったものが溜まりやすい場所である、というのは納得できる。
拡散はしづらい地形であることは間違いないだろう。
しかし、その放射能はどのように東京湾に流れ込んでいったのだろうか。
雨に含まれて落ちたのだろうか。
それとも海を南下して東京湾に入り込んだのだろうか。
僕は放射能の専門家でもなんでもないので真実はわからないが、どちらにしてもゾッとすることだ。

雨からだとしたら・・・
東北関東全域が放射能に汚染されていることになる。

海からだとしたら・・・
少なくとも福島以南の海は放射能で汚染されていることになってしまうのではないだろうか。

湘南の海でベビ子が遊べるのだろうか??

湘南の海でベビ子が遊べるのだろうか??


東京湾の隣にある相模湾。
そこは僕が暮らしている湘南と言われるエリアが含まれている湾だ。
東京湾に比べれば潮の流れる場所ではあるが・・・
本当に大丈夫なのだろうか、と考えざるを得ない。

また、ここ最近原発問題に関して収束しているという雰囲気が漂い始めているが、よく調べてみるとまだ収束どころか始まってもいないということがわかってくる。
まだまだ問題山積みの危険な状況には変わりないようだ。

水質調査によれば湘南エリアから放射能値が検出されたという事実はない。
それが事実であってほしいと祈るばかりだ。

(有本圭)

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/