SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バニモうるるん旅行記 その3 〜 Super Fun Waveに出会った〜 〜

まさかのフィン逆装着。

何かがおかしい?w フィン逆ですから〜w

何かがおかしい?w フィン逆ですから〜w


「おおおおい、ネモッちゃ〜ん、逆逆っ、フィン逆ですから〜〜〜」
「え? あ、なんか変だなーって思ったけどフィンの方向かー」
とケラケラ笑っている。
「まあ、とにかく無理はしないでね。 危ないと思ったらすぐに上がってね」
と言いながらもおかしくなり大笑いしてしまった。

ゲッティングアウトするとインサイドはピークから離れるようにして川のように流れていた。
当然ネモッちゃんはあっという間に流されてしまった。
とりあえず僕のリーシュに捕まらせてインサイドのブレイクするところまで連れ戻した。
隙をみてインサイドのショルダーから何本かの波に乗ってみると形のしっかりした典型的なリーフブレイクで素晴らしい波だった。

インサイドのブレイクだけでも相当にいい波です

インサイドのブレイクだけでも相当にいい波です


アウトのセットは遥か彼方でブレイクしていたがとんでもなくいい波に見えた。
ネモッちゃんが心配だったのですぐにアウトにはいけなかったが、ローカルのサーファーが1人入ってきてその彼が「ほら、俺が見ててやるからアウトに行ってこいと」手で合図してくれた。
「本当に? ありがとう!!」
と礼を言うと片目をつぶって「いいから行け行け」と促した。

「ネモッちゃん、危ないと思ったらすぐに上がるんだよ。ヤバいと思ったらこの人が助けてくれるから」
と大声で言い残してラインナップへ急いでパドルした。
深いチャンネルからアウトに出てみると迫力のあるブレイクがだんだん目の前に迫ってきた。
サイズは頭半以上はありそうだ。
しかし波質はどちらかというとイージーそうで、テイクオフもわりと簡単そうに見えた。

小手調べにミドルくらいのサイズを選んでテイクオフ。
長く続くショルダーの先にはヤシの木のジャングルが目に入る。
一瞬「あ、速いかな」と思ったが、乗ってみると前が意外なほどブレイクせずに加速とともにいとも簡単に抜けれるセクション。
カットバックをして視線をショルダーに戻すとさっきテイクオフしたときと同じようなショルダーが生まれていた。
そこを抜けるとまたちょっとトロくなるのでカットバック。
そんな風にかなりロングライドできる波だった。

乗り終わるところにさっきのローカルサーファーがいて、「僕の友達は?」と聞くと「大丈夫だ、そこにいる。アウトに行って波に乗ってこい」と言ってくれた。
「ありがとう」というと再びアウトへパドルした。
一緒に入ってくれたピーターはかなり奥のほうで波待ちをしていた。
それにならって僕も近くまでいってセットの波を待った。
「ここからでも抜けれるのか?」
と僕が聞くと彼は静かに頷いた。

>> 次のページは >> 記憶に残る波に出会った〜

ページ: (1) (2) (3)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/