SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バニモうるるん旅行記 その8 〜その日はあっという間にやってきてしまった〜

着いた〜、パプアに着いた〜、と喜んでいたらあっという間に、はいっ、今日が最後よ〜、となってしまった。
楽しい時間は過ぎ去っていくのがはやい。
はやすぎる。

夜中に怒り狂ったような風と雨に屋根の一部が吹っ飛んだりしながら最終日の朝を迎えた。
夜中の時点で「ああ、今日もダメかっ」
と半ば諦めていたが、意外な事に朝になると風はピタッと止まっていた。

早朝のリド・ライト。美しい波でした〜

早朝のリド・ライト。美しい波でした〜


「おっしゃ〜」とヨロコビつつ僕とカズくんは夜明け前から海に入り、朝飯前の1R。
最高!とまではいかなかったがなかなかの御馳走だった。
もちろんこの日も僕とカズくんの貸し切りサーフ。
朝食の風景。自然と笑顔になっちゃう

朝食の風景。自然と笑顔になっちゃう


朝食後、さらに波が良くなっていたのですぐに濡れたトランクスに履き替えてパドルアウト。
面ツルでムネ〜カタサイズのFun Wave。
ゆる〜いオフショア。
たった1人で素晴らしい波に乗りまくる。
そのうち波待ちしているときに歌なんかを唄い始める。
最初は遠慮がちに唄っていたが、周囲を確認してみても当然その声が届くところには誰もいない。
遠慮なく大きな声で「う〜み〜は〜ひろ〜い〜な〜おーきーなー♫」なんて感じで唄ってみた。
「俺は今、パプアにいて素晴らしい波を独り占めしてるんだ〜」などと考えていたらなんだか意味もなくシアワセを感じてしまった。
そんな満ち足りた時間を過ごしていたら「あ、そうだ、このコンディションだったら前にピーターが教えてくれた近くの島のポイントも波がいいのではないか?」という考えが浮かんできた。
僕はすぐに海を上がり、ピーターにそのことを尋ねると静かに「そうだね、たぶんこの風とうねりなら波はいいはずだよ。すぐにボートをチャーターしよう」と静かに言った。
>> 次のページ >> アイランドサーフィンはいかに!?

ページ: (1) (2)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/