SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

あっという間の敗退劇。このまま終わってしまうのか?!

7/7七夕の日、辻堂の海岸ではJPSAロングボードツアー第3戦が開催されていた。

まさかの有本プロ、初戦敗退

まさかの有本プロ、初戦敗退

有本プロも地元プロサーファーとして参戦したのだが、残念ながら初戦敗退。
朝8時には出番がなくなってしまい「ベビ子のオムツでも変えてくるか〜」と帰宅する羽目になってしまった。

見せ場作れず...

見せ場作れず...

ヒート開始前の練習では同じヒートで戦う4名のうち、有本プロばかりが波を乗り回していた。
まるで「おーい、君たち、この辺のはオレの波だからな〜、そこんとこヨロシクな〜」と主張しているようだった。
そして、この練習タイムが後のヒートの敗因につながったらしい。

午前7時半に本戦がスタートすると、白ゼッケンや青ゼッケンの選手が1本、2本とライディングを決めて行く。
どうも波がよくないらしく、0点台、1点台と点数はよくない。

そんな中、赤ゼッケンの有本プロはなかなかライディングせずにいた。
観戦する側としては「なかなか乗らないな、余裕の様子見なのかな〜」と思っていたのだが、
どうやら波を待つ場所取りに失敗したようなのだ。
練習タイムでいい波が来ていた有本プロのテリトリーに波が入らなくなっていたらしい...

20分ヒートのうち10分が経過して、白ゼッケン、青ゼッケンの選手が尻上がりに調子と点数をあげていく。
いいライディングが始まると場内アナウンスで技のリアルタイム解説が入るが、
有本プロへのナレーションがなかなか入らない。

あと5分。

この時点までは初観戦ゆえに「後半巻き返すタイプなのかな〜」と思っていたのだが、
「あ、これはヤバいパターンのやつや!」とようやく気がついた。

「赤ゼッケン有本プロ、2位突破には3.9ポイント以上のラインディングが必要です」とナレーションが入る。

それって結構な点数だ。3つ4つ技を決めながら波にのり、最後まできれいに締めたときの点数が4点になる印象。
そして見せ場を作れないまま、初戦敗退が確定してしまったのでした。

このまま終われないでしょ!

このまま終われないでしょ!

海からあがってくると「次回に期待してます!」という声がかかった。
「このまま終われないでしょ!」と返す有本プロ。

『有本圭プロサーファー復活への道』はどうやら始まったばかりのようだ。
有本ウォッチャーを自称する僕としては一番近くでその復活ストーリーを楽しませてもらおうと思う。

(いとうまさし)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/