SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

エコサーファー堀直也の『魂のプレゼン』

前売り券を売りましょう。例えば、1泊宿泊費が1万円だとします。
1,000万円を用意するには、1,000人の予約を取れば良いという計算になります。
当時、林業作業員が10名ほどいましたので、1人100人の予約が取れればOKな訳です。
僕自身は200名分を売る気持ちでおりました。

プレゼンが終了し、皆の回答はこうでした。

「そんなできてもいない宿に誰が1万円も払うんだ」
「仮に宿ができても、そんなに魅力的だとは思えない」
「自然が素晴らしい、素晴らしいって、それだけで南伊豆にお客はこないんじゃないか」
「いきなり1,000万円の初期投資は無理」
「少しずつ始めるという意味でこの辺の古民家を借りて、月3・4万の経費くらいだったらどうにかなるのでは」
「林業事業体だから、林業の仕事がメインな訳で、この宿計画に人を回せない」
「誰が料理を作るんだ?誰が接客をするんだ?」

結果はボロボロでした。

現場を盛り上げる先輩のジェイソンさん

現場を盛り上げる先輩のジェイソンさん


ですが、プレゼンが終わって、しばし懇親会のような時間になったのですが、良い意見もたくさん聴けました。

「堀くん、俺は応援しちゃうぜ!(ビール飲んで酔っ払った先輩からの、肩もみ付きの一言。いいや、何十回と言ってくださいました)」
「堀さんは、良い風を**林業に入れてくれていますよ。本当に感謝しております。僕もできる限り応援させてもらいますよ!いや~勇気ありますよ!俺、堀さん好きだなぁ。」
「堀、南伊豆は非常に閉じた場所だ。多くの町会議員も出れば必ず打たれる。だが、お前みたいな奴がこの町には必要なんだ。今日はよくやった!俺も陰ながら応援するぞ!」

親方の意見はと言うと・・・

「アイデアは中々良い。さすが、プレゼンしたいと自ら言ってきただけあって、聞き応えはあった。だが、まだまだ詰めが甘いな。うちもそんなに多くの経費は、今の状況では掛けられない。それに、まだ建ってもいない宿に、お金を先に頂くというのは、俺のやり方には反する。でも、この**という区には、たくさんの空き家があるから、そこをまずは少しずつ修理して、使っていくという可能性はあるな。将来性があるのなら、月5万くらいならどうにかなるかもしれんぞ。」

結果は惨敗ではありませんでした・・・これが僕の結論です。

どこの町へ行っても、十人十色で色々な人が色々なことを言い、アクションしています。
僕はそれを1つにまとめようなんて毛頭考えてはいません。
僕がやっていきたいのは、その十人十色がそれぞれのカラーをもっと引き出せるような、そんな環境が素晴らしいと思うのです。
そういう意味で僕は、ここ南伊豆で自然という大きな共通のテーマの中で、色々なことにチャレンジして、どんどん人を呼んだら良いと思うのです。

昨年7月から10ヶ月経った3月末、僕はこの職場を退職しました。
当初からそういう契約でした。緊急雇用対策の契約社員だったのです。

それから、約4ヶ月近く経ち、今でもここの会社の親方、メンバーとは仲良くさせていただいております。
たまに顔出しては「お前、食えているのか?」「お、まだ生きてるのか?」「たまには遊び来いよ~」なんて。
一番可愛がってくださっているのは、紛れもなく親方です。
電話をしても、顔を出しても、いつも喜んでくれます。
行けば必ず「おい、じゃがいも持って行け」「おい、みかん持って行け」「1個100円」なんて、言ってくださいます。
僕は人に恵まれています。
だから、僕は今、移住してきた頃よりも、もっともっと南伊豆が好きになっています。

そして、僕は僕にできることを、今も精一杯やっております。

・・・次回は、「日本の林業の実態」について書きたいと思います。

(eco surfer 堀直也)
Facebookやってます。
「堀直也」で探してください。
お友達になりましょう。

ページ: (1) (2)

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/