SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

まっすぐ本物のサーファー

インサイドはリーフが剥き出しに

インサイドはリーフが剥き出しに

潮が引いていて岩が出ても関係ない。
ケガをすることなんて考えていたらサーフィンにならない。
潮が引きすぎてまだ誰も入っていない無人の海にいち早くパドルアウトする梅さん。
本日、真冬の日本に帰国する。
「だってやるしかないでしょ、潮が引いてたってさ。今日帰るんだもん」
とニカッと笑う。
バリニーズより黒く日焼けした梅さんはいつもだれよりもひた向きにサーフィンをする。

梅さんが営むサーフショップ『カイザース』のメンバーも後に続く。
自然とサーフィンに熱いメンバーが集まる。
きっと梅さんのサーフショップはコアなサーファー以外は居心地が悪いことだろう。

バリを訪れるサーファーのほとんどは観光地に宿をとり、そこからサーフガイドを使ってサーフスポットに出かけていく。
夕方にはホテルに戻り、買い物などに精を出す。
しかし、梅さんはそういうややこしいことはしたくない。

とにかく俺はサーフィンさえできればいいんだ。
それ意外のことは一切したくない。

梅さんと仲間たち 左手前)梅さん

梅さんと仲間たち 左手前)梅さん


そんなまっすぐなスタンスを貫くためにポイントの目の前に宿をとった。
朝起きたらまずは波をチェックをし、波がよければ海に入る。
疲れたら海から上がり体を休める。
そしてまた海に入りたくなったら海に入る。
ただただサーフィンと向き合う1日。
それが何よりの贅沢だということを知っている本物のサーファー。

僕は辻堂の先輩サーファーである梅さんからサーフィンに対するまっすぐな姿勢を学ばせてもらった気がした。

(有本圭)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/