SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

グランパ藤井と空飛ぶ52歳

4月10日からバリ島クラマスにて開催されるJPSA(日本プロサーフィン連盟)第一戦に向けて続々と選手たちがバリ入りしている。
当然、バリに住んでいる僕はエントリーするだろうという予想を裏切り、今回は出場を見送った。
今年はJPSAは出ずに、ひっそりとアジアのコンテストツアーをまわってやろうとタクランデいるのだ。

左)野田雅生プロ 右)藤井辰緒プロ

左)野田雅生プロ 右)藤井辰緒プロ


ロングボードのコンテストは14日からの開催なのだが、宮崎から藤井プロ、野田プロがちょっと早めにバリにやってきている。
藤井辰緒プロは55歳でツアーフルカバーしているプロの中では最年長。
しかも今だにトップシード選手として活躍している現役バリバリのプロサーファーだ。
一方、野田雅生プロは49歳でプロに転向し、現在52歳。
NSA(日本サーフィン連盟)でグランドチャンピオンを獲得してから最年長プロ資格獲得者というツワモノなのだ。
藤井プロのHang5

藤井プロのHang5


「おれら2人合わせて107歳やからな〜」と言いつつガハハっと笑う2人だが、サーフィンはさすがの現役。
年をとって、『参加することに意義がある』的な趣味プロサーファーとは一線を画す。
藤井プロはノーズ、マニューバーをバランス良く織り交ぜて、安定的に高得点をたたき出す。
アマチュア時代にも全日本チャンピオンに輝いた実績もあり、コンテストでは常に上位をキープする実力者だ。
さらに驚くことになんと55歳にして5人の孫がいるという。
名付けて『グランパ藤井』。
孫が5人もいるトップシード選手は後にも先にも彼をおいて他にはいないだろう。

一方野田プロは、今朝のクタビーチでセット胸程度の波でロングボードでエアリアルを決めていた。
52歳で、しかもロングボードで空を飛んでいた。
『空飛ぶ52歳』。
これは驚くべきことなのだ。

セッション後の朝食にお邪魔しました〜

セッション後の朝食にお邪魔しました〜


2人の50`sに刺激を受けた僕はなんだか大きな勇気をもらった。
まだまだ老け込むには早いし、もう一度挑戦してやろう!という前向きなパワーを分けてもらった気がする。
今回のクラマス大会では2人の50`sプロサーファーを応援しようと思う。

(有本圭)

タグ: , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/