SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バリの生活とお金の話

こんにちは、いとうまさしです。
今日は「バリの生活とお金の話」と題しまして、いったいどんだけお金がかかるのよ、という生々しい記事を書かせて頂きます。

まず「インドネシアは物価が安いから、生活費が日本より楽よね」という話がありますが、これは本当です。
そして「安い安いといっても、日本に暮らすのと結局同じくらいお金がかかっちゃいます」という話も本当です。

なんか矛盾してそうなんですけど、本当にそうなんですよね...

まず「物価安いよね」の方から。

インドネシアの通貨はインドネシアルピー、だいたい1円=100ルピーです。去年の中盤は1円=120ルピーでしたが、アベノミクスというムーブメントによって、だいぶ割り算がしやすくなりました。でも円安は海外生活者にとって、あまりうれしくないですね、1億円持ってても半年で2千万円くらい目減りしちゃったことになります。

持ってないですけど。

赤と青

赤と青

ルピーはおおよそ紙幣しか使いません。コインもありますけど、日本人的な感覚でコインもつかってお釣りなしで渡そうとしても「コインはいらないや」と言われるケースすらあります。

1番偉いのが「赤」だいたい1000円です。次が「青」だいたい500円です。それ以上大きい紙幣はないので、例えばATMで3万円おろして青い紙幣しか出てこないATMだったりすると、60枚出てくることになります。

財布に入りません。

野菜や肉、果物などは安いです。日本の超安い特売スーパーより少し安いくらいです。でも飲み物とか、調味料とかは日本と変わりません。日本の食材はべらぼうに高いです。めんつゆ1000円ってどこのボッタクリバーだよ、という感じ。

スーパーで家族4人、1週間分の買い出しをすると6千円くらい。安めのワルン(食堂)でローカルフードを外食すると家族4人で1500円くらいです。そんなこんなで物価は安く、日々の生活費としては月額で5〜10万円といったところです。

そしてお次は「結局お金かかるよね」のコーナーですが、まずは外国人として滞在し続けるための「ビザ代」が家族4人分で年間30万円くらい。海外滞在用の保険も年間30万円。子ども2人のプレスクール代が年間50万円くらい。

たまには家族で日本に帰ろうか、という話になるとAirAsiaを使ってもチケット代が往復20万円也、と。これまでの流れでお分かりの通り「結局お金かかっちゃうよね」というのは「家族4人で暮らすには」という話なんです。単身者が暮らすには「物価が安い」の恩恵を最大限に受けられると思いますね。

でも我々いとう家としては、子どもがインターナショナルスクールに行って、プール付きのお家でお手伝いさんもいて、リゾートのど真ん中で海も徒歩圏、というこの楽園コンディションをこの費用感で手に入れられるなら「ありでしょ!」と思っています^^

(いとうまさし)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/