SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

新会社設立直後に襲った最大の悲劇

まさしと立ち上げた新会社だったが・・・

まさしと立ち上げた新会社だったが・・・


2011年3月1日。
ボクは会社倒産の危機をなんとかギリギリで乗り越え、まさしと新たなる会社を設立した。(前回はこちら
暗黒の冬の時代から、ようやく希望の春を迎えようとしていた。
運も向き始めていた。
新会社の設立を待っていたかのように売上の見込みも立ち、順風満帆の滑り出しのようにみえた。
しかし、事態はそう簡単には運ばなかった。

会社設立から11日後。
そう、2011年3月11日。
まだ記憶にも新しい『東日本大震災』が東北から関東地方を襲った。(震災当日の様子はこちら
東北から北関東の沿岸では巨大大津波が多くの人命を飲み込み、未曾有の大災害となった。
この大災害はボクらにとって対岸の火事ではなかった。
パートナーであるまさしの実家が宮城県の沿岸にあり、震災当初からまさしの両親との連絡が途絶えてしまっていたのだ。

まさしは心労と不安に押しつぶされそうになっていた。
事務所には顔を出していたが、とても仕事になるような状況ではなかった。
そして、強張った表情で意を決したように、

「会社設立したばっかりで申し訳ないんけど、今まで計画していた通りに会社を続行することはできないかもしれない。もし両親が見つかったとしても、故郷のこの状況を放っておけない。会社のことは一旦白紙に戻してほしいんだ」

とボクに告げたのだ。

ボクは衝撃を受けた。
でも両親との安否が取れず故郷が大変な状況の中で、今まで通りに仕事を続行することができない、という思いは当然なのかもしれなかった。
しかもまだ始めたばかりの会社だ。
後戻りはいくらでもできる。
そのタイミングであれば全てを白紙にすることはさほど難しいことではなかった。

希望に満ちあふれた新会社の船出。
まさしと話し合って、様々な計画があった。
順調な滑り出しと思えた矢先の出来事。
でも自分の力ではどうすることもできない事態だった。
自分の不運を呪うしかなかった。

しかしそのとき、まさしはボクとは比べものにならない不安な日々を送っていたはずだった。
会社どころではないのは当たり前だ。
何しろ、両親や親戚、友人や知人の安否が確認できない状況だったのだ。
想像を絶する精神状態に陥っているだろうことは容易に想像できた。
>> 次のページは >> この状況で下した決断とは?

ページ: (1) (2) (3)

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/