SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

シアワセな人

カメラを持つとキビシイ表情に

カメラを持つとキビシイ表情に


まさおさんこと野田雅生プロ。
宮崎でサーフィンをする傍ら、フリーのカメラマンとして民放、地方局、ケーブルテレビなどでカメラをまわしている。
そのジャンルは多岐に渡り、報道やスポーツ、ドキュメンタリーなど様々である。

1年ぶりに再会し、エアポートリーフでサーフィンをしたときのこと。
波はセットでカタ〜アタマのFun Wave。
いい波であった。
天気も快晴。
サーファーの数も少なめ。
サーフィンするにはもってこいのコンディションだった。
しかし、まさおさんは、
「ケイくん、今日撮影していい?」
と自身はあまりサーフィンをする気がなさそうだった。
ボクは内心、せっかくだから一緒にサーフィンしましょうよ、と思いつつも
「もちろんいいですよ」
と快諾した。

いきなり仕事モードのまさおさん

いきなり仕事モードのまさおさん


ロングボードで海に入ったボクはまわりのショートボーダーたちに遠慮して小さめの波にコソコソと手を出していると、インサイドでカメラをまわしていたまさおさんが、
「もっとでかいセット乗って!」
とキビシイ声をかけてきた。
なんだこの状況、いつの間にか仕事になっているではないか!
気がついたら被写体とカメラマンという関係が成り立っていた。
まさおさんの表情もいつもの柔らかいものから完全に仕事人のキビシイものへと変貌していたのだ。

「ああ、この人、本当にカメラの仕事が大好きなんだな〜」と思いつつボクはセットを待つためにアウトへと戻っていった。

好きなサーフィンをしてプロサーファーになり、カメラという大好きな仕事に巡り会えたまさおさん。
好きなことで生計を立てられるということはなかなかできそうでできないことだ。
ボクは、こういう人が本当にシアワセな人なんだろうな〜などと思いつつ、いつの間にかややプレッシャーを感じながらアウトでセットを待つ状況に陥ってしまったのであった(笑)。

(有本圭)
※facebookアカウントのある方、有本圭(kei arimoto)にて友達リクエスト募集中です!良かったらリクエストしてください。
サーファー、バリ好き、海を愛する方は大歓迎です!!

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/