SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

『お金持ち』より『時間持ち』

のんびり島でのひととき

のんびり島でのひととき


日本ではゴールデンウィークに突入したようである。
どうもバリなどという全体的にのんびりした島で暮らしていると休みと仕事の境目がどんどんアヤシクなってしまい、休日のありがたみが薄れていってしまっている。
日本の連休などがあると、ボクもなんだか便乗して休み気分になってしまうのだが、そこにはまあようするに普段とあまり(というかまったく)変らない日常が待っているだけなのだ。

先日、取材でとある村に行ってきた。
先日も当サイトで少しだけ触れたのだが、この村がスゴかった。
この村で60年も暮らせば、東京などの都市部で180年くらい生きたのと同等の体感時間ではないだろうか。
とにかく時間の流れがユッタリどころかノッタリ流れている。
きっと丸一日過ごすだけでも相当にのんびりすることができるだろう。
1週間も滞在すれば、人生を事細かに振り返ることができ、さらに将来死ぬまでのプランもかなり詳細に立て、嫁に対する不満やちっちゃい悩みなんかはすっかり消え去り、未熟な考えなどは思い直され、仙人のような顔をして下界に下りていく、というくらいのことはゆうにできそうな気がしてしまう。

のどかな村の営み

のどかな村の営み


ボクはこの村で思った。
お金は大切だ。
でも時間はもっと大切だ。
そんなことはわかっているのだが、気がつくと時間をお金で売ってしまうような生き方をしてしまう。
時間をお金で売ることはできる。
でも時間を買うことはできない。
お金は借りることも増やす事もできる。
でも時間は借りたり増やしたりはできない。
時間は貴重である。
砂時計のように目減りしながら刻一刻と死に向かっている。
時間は生まれた瞬間から減ってゆくものだ。
決して増えることはない。
そういう意味でもお金とは比べ物にならないほど貴重である。
だからお金の使い方に思いを巡らせる前に、時間の使い方についてもっとマジメに考えよう。
そんな考えがボクの頭の中で揺らめいたのだった。

(有本圭)
※facebookアカウントのある方、有本圭(kei arimoto)にて友達リクエスト募集中です!良かったらリクエストしてください。
サーファー、バリ好き、海を愛する方は大歓迎です!!

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/