SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

我が家を襲った『まさか』

夜明け前にアラームが鳴り、まずは嫁チェック。
だいたいこういう場合、1日にしてすっかり治っているというのが今までのパターンだ。
嫁の額に手を乗せて熱チェック。
あれ?
あれれれっ、熱まだあるやん。
「どう?具合は?」
と声をかけると、
「ん〜、まだちょっとだるい」といかにもだるそうな顔色。
そっか・・・
まさかの展開だ。
でも仕方がない。
熱で苦しんでいる嫁を残して「いえーい、サーフィンだあー」という気分にもなれない。
今日は看病して家事などをして過ごそう、でもまだ朝の5時かっ、ちょっと寝よう。
というわけで再びベットに体を沈めた。

すっかり眠り込んでしまったボク。
「ちょっと、ねえ、そろそろ起きてっ」と嫁の声が意識の遠くのほうで聞こえた。
「もう学校遅れるよ、ベビ子、起きなさ〜いっ」
ついでにボクも目を覚ました。
視界には生みたてホヤホヤの海ガメのタマゴのようにツルッとした嫁がエナジー満タン!という様子で立っているではないか。
「ええええっ、アンタめちゃ元気そうやんっ」
とボクは思わず声を上げた。
「そうなのよ、すっかり治ちって」
「まじかよ〜」
「ごめんっ」
まあ、治ったことは喜ばしいことなのだがオレのウルワツセッションが・・・
「熱は?」
「35度8分」
低っ。
超低空飛行じゃねーか。
これまたまさかの展開。
そんでもって何事もなかったようにベビ子を幼稚園に送っていくド天然嫁の背中。
あいつ、やっぱりハイパーボディだな(汗)

まあでもこういうときはこの流れに抗うようなことはしないほうがいい。
大人しく家で仕事でもしようというモードに切り替えていったのであった。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

ページ: (1) (2)

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/