SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーフィンまずはここから 〜テイクオフの仕方。波を捉える3つのコツ〜

テイクオフから全てが始まる

テイクオフから全てが始まる


2週間ぶりにサーフィンをしたときのことをここに書き留めておくことにする。
インターバルがあったことで普段ならスルーしてしまうであろう細かい部分を再確認することができた。
これが皆さんのサーフィンに少しでもお役に立てればと思ったのだ。

久しぶりの海であった。
日本に帰国していたこともあり、頭の中からサーフィンが消えかかっていた。
その間「サーフィンしてえ〜」という思いも湧いてこなかったので2週間より長い期間サーフィンと離れていたような感覚だった。
ボクがバリでホームポイントとしているエアポートリーフはボートでのエントリーだ。
ボートにサーフボードを乗せてポイントへと向かった。
まず、目に入ってくるのはエアポートレフトだ。
サイズはアタマくらいだろうか。
復帰戦としてはちょうどいいファンサイズ。
ボクらはレフトをスルーしてライトブレイクを目指した。

2週間ぶりのバリの海は冷たかった。
季節が乾季に変わり、水温が下がっていたのだ。
「つめてえー」と声を上げつつ軽くテンションが上がっている自分に気がついた。
やっぱりサーフィンはボクの心を軽くしてくれるようだ。
ピークまで肩の調子を確かめるようにゆっくりとパドルした。
ポイントブレイクのいいところはゲッティングアウトが楽チンなところだ。
まったくドルフィンをすることなくピークへと辿りつくことができるのだ。
ピークにいたロコたちと挨拶を交わし、波を待った。
ちょうどセットの谷間でピークに辿りついたようで心を落ち着けることができた。
ほどなくするとセットの1本目のいかにも形の良さそうな波がボクを目がけるように入ってきた。
>> 次のページは >> 波をキャッチできない原因

ページ: (1) (2) (3)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/