SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

ベビ子物語vol52 〜 立ったぞ〜〜! 〜

さあ、サーフィンだあ!

さあ、サーフィンだあ!


先日、ボディボードで初めて波に乗ったベビ子の様子を書かいた。(そのときの記事はこちら
大げさにいってしまうと、彼女のサーフィン人生幕開けの瞬間に立ち会うことができた、ということになる。
そしてこれは大げさでもなんでもなく、サーフィンを愛する親として、純度100%混じり気なしの幸せを感じた瞬間でもあったのだ。

かといって畳み掛けるように娘にサーフィンをさせるつもりはない。
あくまでも自発的に「サーフィンやりたいっ!」となったときに限ってサーフィンをさせる、という方針だ。
無理矢理やらせてサーフィンが嫌いになってしまっては元も子もない。
なので次のサーフィンも4歳のベビ子自身の意志に委ねられているというわけなのだ。

しかしそんな呑気なボクの姿勢とは裏腹に2回目の機会は案外すぐにやってきた。
用事のない休日の午前中は家族でビーチを散歩しつつ適当なカフェで海を眺めながら朝食を取ることが多い。
この日もそんな流れだった。
ビーチをプラプラ歩きながら貝殻を拾ってみたり、カニを捕まえたり。
しかしその全行程は3時間にも及び、40を超えたおじさん体にはジワジワと疲れが染み渡ってくる。
つくづくトシを感じてしまったのだった。

家に戻りソファーでクタっと横たわっているとまだまだ遊び足りないベビ子がボクの体をめがけて飛び込んできた。
「オトー、海で遊びぼーよ」
「ええ、今海から帰ってきたんだよ。ちょっとオトー疲れたから休憩してからでもいい?」
「えー、だってー、サーフィンしたいんだもん」
「えっ?」
ボクは横たわっていた重たい体を腹筋をフルに使ってサッと起こした。
「え? サーフィンしたいの?」
「うんっ!」
「よーしっ、やるかっ!」
疲れていたはずのボクはベビ子のその一言で一気に元気を取り戻し、素早くテキパキした動きで海にいく準備に取り掛かった。
結局体の疲れなんてものは心持ちひとつでどうにでもなってしまうものなのだろう。
>> 次のページ >> Ride on the wave!!

ページ: (1) (2)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/