SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サマサマ号でゆく、ウェストティモールの旅 Vol2 これぞ究極の波乗り旅

エジキたち。唐揚げで美味しくいただきました

エジキたち。唐揚げで美味しくいただきました


ん〜、どうしようか、入ろうか、どうするか、なんて悩みつつ波を眺めていると背後からギー、ギーと乾いた音がしてきた。
何だろうと振り向いてみると巨体を揺らしながらリールを巻いている男の姿が。
職業的本格派釣り師川島さんが一心不乱に竿を振っているではないか。
この男、ブレイクする波には一切目もくれずに竿先に全神経を集めている。
そういえば川島さん、空港で中型バズーカー砲のような長くてずっしりとした黒い筒を肩に乗せていた。
「何すかこれ?」と川島さんに聞くと「竿が山ほど入ってんだよ」と釣り師的な遠い目をした。
まあ言ってしまえば釣りの合間にサーフィンをする、という釣り至上主義を貫いている本格的釣り師なのである。

「どうですか?」
釣り糸を垂らす大きな背中に問うてみると、
「ああ、これが釣れたよ」と小さなバケツに所狭しと詰め込まれた色とりどり形も大きさも様々な魚たちが早速彼のエジキとなっていた。
釣りもサーフィンもそしてついでに魚料理もプロ並みの腕前を持つ川島さんはいつも忙しそうにゴソゴソとナニカをしているのだった。

まあ何はともあれ色々あるわけなのだがとりあえずT-landのピークを目指してパドルアウトすることにした。
先ほどまで竿を振っていた川島さんも真っ赤なロングボードにアイテムを変え、今度は一心に波を追っていた。
ポイントには他のサーファーもいるとはいえ、セクションが3つほどあるのでほど良くバラけていてストレスは感じられなかった。
グーフィーの波は綺麗にホレ上がり、時折波のトンネルを作りながらシュパッとエアーを吹いていた。

>> 次のページは >> ボートトリップの楽しみ方いろいろ

ページ: (1) (2) (3)

タグ: , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/