SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

理想のサーフィンに1歩近づくための簡単な方法

クタビーチはバリの道場

クタビーチはバリの道場


たとえば過去にこんなことがあった。
自分の憧れている選手になりきってやってみる、というトライをしたときのこと。
ボクはジョエル・チューダーというサーファーを心から崇拝しているわけなのだが、彼になりきってサーフィンしてみたことがあった。
しかしそんなことはとてもじゃないけどできるものではなかった。
まず、そもそもジョエルはグーフィーフッターでボクはレギュラーフッターだ。
なんとなくイメージをつかみにくい。
というか、それ以前にあまりにも違いすぎる。
何が?
何もかもが。
ルックス。
スタイル。
パドルの仕方。
テイクオフの瞬間のいでたち。
ウォーキング、トリミング、ノーズライディング、カットバック。。。
もうナニモカモが全て違いすぎる。
「俺はジョエル」なんてテイクオフしてみたところであまりの違いに逆に調子を崩してしまう、なんていう事態に陥ってしまったりしたのだ。
よく考えてみたら当たり前だ。
ジョエル・チューダーはあまりにも高みにいきすぎていて、マネをするなどとフザケタことを言えるようなレベルにはいないのだ。
だからこそ神童と呼ばれているのである。

で、次にどうしたか。
レギュラーフッターで好きなサーファーをピックアップして、イメージに入れながら同じことをやってみた。
なんとなくうまくいきそうなスタイルのサーファーもいたにはいたが、やはりどうもしっくりこない。
というかそれをやっていても楽しくない。
そう。
楽しくなかったのである。
理由はシンプルだった。
なぜならボクは他の誰でもない紛れもないボクなのだから。
他の誰でもない自分。
他人になりきってサーフィンをしてみても着ぐるみを着せられてサーフィンをしているような感覚に陥り、窮屈で楽しめなかったのだ。
>> 次のページ >> 理想のサーフィンに1歩近づくための簡単な方法

ページ: (1) (2) (3)

タグ: , , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/