SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バリ温泉、実力はいかほどのものか?

敷地には緑が広がる

敷地には緑が広がる

海に面した温泉プールは快適そのもの

海に面した温泉プールは快適そのもの


さあ、バリの誇る天然温泉はいかほどのものだろうか。
世界に誇る温泉大国日本のローカルホットスピリンガーとしてはそうやすやすとは及第点は与えられない。
だいたい石造りのアホみたいな女の口からワーッと源泉が湯船に注がれている時点で「ん?」となっていた。
そこは竹やろ。
鹿威し(ししおどし)だろっ。
ポンっとか音を立ててさ。
雰囲気作り、大事よ。
日本のローカルは甘くないのだ。
そんなやや厳しい心持ちで部屋玄関をくぐったわけであるが、そこに充満していた香りにいきなりヤラレテしまった。
卵が腐ったような正しい硫黄臭。
こ、これは!
養分たっぷりの温泉臭ではないかっ。
しかも、お湯は無色透明のクリアウォーター。
ボクの中では乳白色が一番エラく、その次に無色透明、黒、茶色、と続くわけなのだが、2番目にエラいお湯が湯気を揺らしながら「おいでおいで」とボクを妖しく誘惑しているようだった。

さっそくどんどん服を脱ぎ捨てて、温泉へ身を委ねるボク。
嬉しそうにボクを追って温泉に浸かろうと試みるが、熱くて足のみで躊躇しているガル子。
柔らかいお湯が身体を優しく包んでいった。
これはなかなかのシロモノだ。
世界に誇る日本ローカルとしても深く頷くことのできる素晴らしいお湯質であった。
ついでに風呂嫌いで有名なド天然嫁の口からも「お風呂って気持ちいいんだね」と初めてお風呂を発見した人のような顔をしていた。

3泊4日で30回は浸かった温泉

3泊4日で30回は浸かった温泉


ミンピリゾートは広大な敷地を有しており、人間の手によって綺麗に整備された自然が力強く芽吹いていた。
レストランはまったく波のない穏やかな海辺に面しており、まったりとした時間を過ごすことができる。
ついでに6スターのSPAを併設しており、ここのスパのレベルが恐ろしく高かった。
だいたいスターってのは5つまでじゃなかったのか。
6つもついていればそりゃあレベルは高いわな。
マッサージフリークでもあるボクの長きに渡るマッサージ人生において、思わず『ナンバー1』と評してしまうくらい至福のひとときだった。
温泉で温まった体をマッサージでほぐす。
そしてまた温泉に浸かる。
さらにほぐれる。
体だけでなく心もどんどんほぐれていく。
幸せを感じる。
幸せの感じ方が待ったなしでおっさんなのである。
お金持ちになった気分になるレストラン

お金持ちになった気分になるレストラン


2017年の目標に『家族と3泊以上の旅を少なくとも2回する』と我がノートに記していた。
今回の旅は2泊の予定だったのでその1回にはカウントされない予定であったが、我が家族全会一致で1日延泊し、晴れて3泊、目標の半分をクリアという運びとなったのだった。

(有本圭)

※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。インスタグラムkeiarimotoも始めましたのでそちらもよろしくお願いします。サーファー、海好き、バリ好きの皆さん、是非フォローしてくださいね!

ページ: (1) (2)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/