SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

またもやバリアンでシャークアタック

サーファーの大敵シャーク

サーファーの大敵シャーク


バリ島西部、バリアン。
バリを代表するビックウェーブポイントとしても知られている。
クタやチャングーがスモールコンディションの時でもバリアンではアタマくらいの波はコンスタントにブレイクしている。
トリップサーファーにとっては心強いポイントと言えるだろう。
しかし、このポイントではシャークアタックが頻発している。
特に雨季で水の濁っている時期に事故が多発しているのだ。

先週、家族でバリアンを訪れたが、水が濁っていたため海には入らなかった。
しかしそんな状況でも5〜6人のサーファーが海に入っていた。
大丈夫なのだろうか、そんな風な眼差しで彼らのサーフィンを眺めていた。
河口のポイントであるバリアンは雨が降ると濁流が流れ込み、海水が茶色に染まってしまう。
河口ではプランクトンを狙った魚が集まり、その魚を狙った大型の魚が集まり、そんな魚たちを食料とするサメが近寄ってくる。
ボクの記憶でも3度はこのバリアンでシャークアタックがあった。
やはり注意が必要なポイントだ。
いや、できれば入らない方がいい。
特に水の濁っている時は。
どうせ命をかけてサーフィンをするのであればシャークアタックよりビッグウェーブの方がマシだ。
サメに食われてしまうなんてまっぴらごめんなのである。
>> 次のページ >>  1月9日にシャークアタックが・・・

ページ: (1) (2)

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/