SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

フィリピン、バレルでバレルだぁ〜の旅 〜 その5 コブラの洗礼 〜

ミドルサイズでこんな感じ

ミドルサイズでこんな感じ


セットの一番でかい波を奥からチャージする小川幸男。
そしてサヌールのローカルサーファーであるコマンも怯むことなくチャージしていた。
さっきまで疲れた疲れた言っていたくせにスイッチが入ったようだった。
セットは諦めてミドルサイズを狙い、ややインサイドめで波を待っていたボクは数本の形の良い波を捉えて気を良くしていた。
もしかするとやや心に隙ができ始めていたのかもしれない。
少しボーっとしてたところに突如バケモノ的セットが入り、そこでくらっちゃったら本格的にまずいでしょってポジションできっちり波の餌食となってしまった。
「ああああああ、ウソでしょ〜〜〜」
心の中で叫びつつ思いっきり息を吸い込み、あとは野となれ山となれ。
怒り狂ったような暴力的な水の動きに身を委ねるしか為す術がなかった。
強力なパワーでサーフボードごと海底に引きずり込まれ、文字通りもみくちゃにされた。
ボロ雑巾になったような気分でなんとか海面に顔を出して新鮮な空気を肺いっぱいに吸い込んだ。
ふ〜。
危なかった〜。
なにはともあれ怪我がなくてよかった。
それにしても物凄いパワーだった。
気を取り直してピークへ戻ると「おーい、今のやばかったね〜」とピークにいたサーファーたちに笑われた。
「コブラに食われましたよ」と照れ笑い。
照れ笑いしているうちに再びセットが入ってきた。
そしてまたもや餌食に。
なんだこれ〜。
なんで俺だけ〜〜〜。
コブラの洗礼。
先ほどと同じようにグルグルに巻かれているうちに今度は右足が急に軽くなった。
あっ。
これはリーシュが切れた感覚。
Oh my god…
というわけでこの日はゲームオーバー。
なかなか手強いぞ、コブラリーフ。
グーフィーもあります

グーフィーもあります

コブラリーフを有するバレルエリアにはその他のサーフスポットも点在している。
この日のようにサイズアップしてくるとコブラリーフのお隣の河口のブレイクが姿を現わす。
パワーこそコブラリーフほどではないが、アウトサイドからうまくつないでくるとロングライドが可能なロングショルダーだ。
わりと優しい波質なのでコブラに食べられたくない人は河口でサーフィンをすることをオススメする。
というかボクも河口で入りたかったのだが今回はメンツがメンツなだけに仕方がない。
選択の余地はなかったというわけなのである。

フィリピンのサーフィン発祥の地と言われているバレルエリア。
マニラから車で8時間という長い移動がネックとなっているのか、今のところ外国人のサーファーの姿はまばらだ。
いや、もっと移動がハードでも外国人だらけなんていうスポットは山のようにある。
きっと情報がないのだろう。
波もコンスタントで宿泊や食事、インフラもしっかり整っておりトリップ先としては申し分ない。
きっと数年以内には多くの外国人サーファーがこぞって訪れることになるだろう。
だから今のうち。
今のうちに存分と楽しんでおこうと思うのだ。

有本圭

フィリピン・バレルを旅してみたい方はこちらから

その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら
その4はこちら

※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。インスタグラムkeiarimotoも始めましたのでそちらもよろしくお願いします。サーファー、海好き、バリ好きの皆さん、是非フォローしてくださいね!

ページ: (1) (2)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/