SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

大人にわめき続けた少年サーファーの話

平和なはずだった朝が・・・

平和なはずだった朝が・・・


バリ島の早朝の海はサーファーも少なく平和にサーフィンを楽しむことができる。
だから最近のボクは今までにも増して早起きになってきている。

早朝、家を出るときは間違ってもド天然嫁を起こしてはならない。
ましてやなかなか2度寝をしてくれない我が娘を起こしてしまうとド天然嫁の機嫌が悲劇的な状況になる。
この日もうっすらと夜が明け始めるのと同時に泥棒にでもなったような気分で気配を消しつつそっと玄関の扉を開いた。

常夏の島とはいえ、早朝の空気はひんやりと澄んでいる。
空を見上げると久しぶりに藍色に抜けた晴天が広がっていた。
今年のバリ島の雨季はいつになく長引いている。
例年であればとっくに乾いた季節へと移り変わっているはずなのであるが、今年は4月に入ってからも毎日のように降雨に見舞われている。
天気と精神状態は深く関係していると言われているがその通りである。
やっぱり空が晴れると気分も軽くなるのだ。

ここのところスモールウェーブが続いている。
この日のビーチもセットでハラくらいのスモールコンディションだった。
天気がいいからか、潮回りがいいからなのか、早朝からわりと多くのサーファーで賑わっていた。
テイクオフの瞬間には朝の日差しが真正面から無遠慮に視界に入ってきた。
一瞬目の前が暗くなり周囲が見えなくなってしまうが、その次の瞬間には水面に優しく揺れる朝の陽光が広がっていた。
何本目かの波でインサイドまで乗り継いていった時に浜辺で波を眺めている白人の親子のサーファーの姿が目に入った。
お父さんと2人の男の子。
いかにも幸せそうな表情を浮かべた3人だった。
息子たちとサーフィン。
お父さんとサーフィン。
ああ、きっと幸せな瞬間なのだろうな。
傍目から見てもそう感じ取れるほどの幸せそうな絵面だった。
>> 次のページは >>  わめき始めた少年に何が起きたか??

ページ: (1) (2) (3)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/