SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

エアポートリーフの恐ろしきカレント

ドリアン船長とゆく

ドリアン船長とゆく

エアポートリーフという鬼門

 

エアポートリーフはボクにとっては鬼門である。

鬼門といって差し支えない。

バリの中でもっとも好きな場所だし、落ち着ける場所だ。

波のクオリティも申し分ない。

ローカルサーファーたちはボクを迎え入れてくれているし、ボクも彼らのことが大好きだ。

しかし、そうなんだけれども、ある意味ボクにとっては鬼門なのである。

 

ある編集部から波の写真をお願いされてエアポートリーフの波を撮影しに行くことになった。

その日はちょうどスモールコンディションだったが急ぎということなので仕方がない。

行くしかあるまい。

船着場でボートをチャーターして沖へと向かった。

波の写真は問題なく撮影できたのでそこまでは順調だった。

しかし陸へ上がると思わぬカレントがボクの体を引っ張っていくことになった。

カレント強すぎエアポートリーフ

カレント強すぎエアポートリーフ

エアポートリーフの恐ろしきカレント

 

ボートから降りて上陸すると『さあ飲もう、いいから飲もう、飲もう飲もう」と肩を抱かれながら連行されていくボク。

ああ、明後日締め切りを迎える原稿が2つ残ってるんだよな、と思いつつもこの強烈なカレントに抗うことなどできるはずもない。

『さあいいから飲め、飲め飲め』と始まってしまい、もう半ばヤブレカブレといった状態へと素早く移行していく。

移行しきるともうとことん沖合まで流されていってしまう。

そういう流れ、つまりカレントなのである。

立て続けにビンタンビールを4本飲まされ、アルコール血中濃度が一気に上がり始めた。

もう原稿締め切りのことなど遠い遠い過去の出来事となってしまった頃、目の前にはウィスキーのボトルがドーンと置かれていた。

ああ、これはもう完全にダメなパターンのやつだ。

でも、もういいや、ナンカ知んないけどもういいや。

ナミナミと注がれたウィスキーを身体に流し込んだ。

で、気がつくともうあたりはすっかり薄暗くなっていた。

 

今日中に原稿をやっつけよう、という意気込みは一体どこに行ってしまったんだろう。

やはりエアポートリーフは大好きなんだけど鬼門なのだ。

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ生活をほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/