SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

『まさか』は起きる 〜落雷によるサーファーの死亡事故〜

こちらの写真は11月13日サヌールの午後。

こちらの写真は11月13日サヌールの午後。

〜 落雷による死亡事故 〜

先週、バリ島西海岸のチャングーで落雷によって命を落としたサーファーがいる。

ボクもちょくちょく訪れるチャングーでの事故。

亡くなった方と面識はないとはいえ、チャングーでサーフィンをする同じサーファーとして対岸の火事とは思えなかった。

 

その日のバリ島は朝から雲が重たかった。

時折雷鳴が頭上でとどろき、スコールを予感させた。

乾季から雨季へと移り変わるこの時期にはよくある空模様だ。

こういう日はなんとなくサーフィンにいく気になれないのでボクは朝から珍しく机に向かっていた。

雨が落ちると風が涼しくなり、『せっかく晴れてるのにもったいない』といった浮つき気味の気分がしっとりと地についてくるので仕事に集中できるのだ。

後日、チャングーのバトゥボロンビーチのインサイドでサーフスクール中に落雷を直に受けて命を落としたサーファーについての話を聞かされた。

稲妻がその人に直撃し、ほとんど即死だったそうだ。

そういえばその日の午前中は窓の外で激しい雷鳴が響き渡り、「あ〜、これはどっかに落ちたな」なんてことがふんわりとボクの頭にもよぎっていた。

〜 危険は突然襲ってくる 〜

ゴロッと鳴ったらとにかくすぐに海から上がるというのはサーファーとしての鉄則だ。

しかし若かりし日のボクは雷鳴とともにどんどん海から上がっていくサーファーを横目に「おー、空いてきた空いてきた、よしよし」なんて思いつつ粘って海に入り続けていた典型的なダメサーファーだった。

先刻までの混雑とは一転、突然的にポイントが空いて波に乗り放題になることに味をしめていたのだ。

 

そんな危機管理能力ゼロだったボクの考えを一変する出来事が起きた。

それは湘南の辻堂の海でいつものように仲間たちとサーフィンをしているときのこと。

低気圧の通過とともにサイズアップしたその日は、平日にもかかわらず多くのサーファーを集めていた。

久しぶりのサイズアップに、皆嬉々として波を追いかけていた。

天気は悪いが波はいい。

そんな日だった。

 

そのうち大粒の雨がポツリポツリと海面を叩き始めたが、海に浸かっているサーファーにとってはあまり気にすることでもない。

そもそも濡れているわけだし、「ああ、降ってきたね〜」くらいの程度だった。

しかししばらくすると空の高いところで雷鳴が轟くようになってきた。

でも、落雷の恐れはなさそうだった。

いわゆる『まだ遠いでしょ」といった状況。

そうこうしているうちに、ピカッと青白い光が周囲を照らし始めた。

「あっ、やばいかもね」

周りのサーファーたちも空を気にするようになり始めていたが、まだ閃光から雷鳴まではかなりの時間差があった。

『まだ大丈夫でしょ』とタカをくくった次の閃光からいきなり状況が一変したのだ。

 

強い閃光とともに雷鳴まで1〜2秒と、一気に雷が近づいてきた。

「わっ、やばっ」

そこにいたサーファーの誰もがそう思ったに違いない。

そしてその次の瞬間、ボクらが浮かんでいた沖合4、500mほどの海面に甲高い雷鳴とともに稲妻が閃き落ちたのだ。

 

焦りつつも冷静に周りのサーファーたちに「上がろう上がろう」と声を掛け、次の波に岸まで運んでもらった記憶がある。

雷は徐々に近づいてくる場合もあるし、時としていきなり落雷することもあることをそのとき身をもって知った。

あのとき、もしほんの少し何かがズレていたらボクらは命を落としていたかもしれなかったのだ。

〜 自らの身を守るために 〜

あの日から、雷の気配を感じたらすぐに海から上がるようになった。

命の危険と引き換えに乗る波は特別に選ばれたサーファーが大波に挑むときのみで、決して落雷の中でのサーフィンなどではないのだ。

 

雷が鳴ったらまずはとにかく一旦海から上がること。

黒々とした雷雲が頭上を覆いそうな気配を感じたら雷鳴がなくとも海から上がろう。

これは我々サーファーが自らの命を守るための最低限のマナーだ。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

チャングーで亡くなられたサーファーの方のご冥福をお祈りいたします。

 

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

 

 

タグ: None

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/