SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

シェアすることで豊かになる

子供たちの笑顔を絶やさないよう

子供たちの笑顔を絶やさないよう

『シェアする』

SNSが全盛の今、このワードを知らない人はあまりいないだろう。

自分が興味を持ち、さらに仲間たちにも見てもらいたいコンテンツを人々は『シェア』する。

いわゆる『おすそわけ』というやつだ。

 

話は突然的に変わる。

日本は紛れもなく豊かな国だ。

必要に駆られて購買するものはもはや食品や消耗品くらいで、その他のものは『より新しいもの』『さらに良いもの』『さらにお洒落なもの』『もっと便利なもの』『もっと楽しくなるもの』といった贅沢品だったりするのではないだろうか。

この冬の寒さをしのぐための服がない。

デザインなど関係なく防寒服を手に入れなくてはならない、なんて人はまずいない。

足りている上でのさらなる消費が今の日本といえるだろう。

だからこそ日本の製品は品質が追求されているし、値段もお手頃だ。

『安かろう悪かろう』なんてものはもはや市場で化石と化している。

そんなもんは一発退場だ。

企業は品質向上と適正価格で流通させる努力なくして生き残ってはいけない。

この状況こそが日本製品の品質を支えているといってもいいのではないだろうか。

 

一方、ボクが暮らしているインドネシアは今のところ完全に売り手市場だ。

まだ不足しているものがたくさんある。

粗悪であろうが、使えるものであれば消費されていく。

品質などは二の次だ。

そもそも品質の高いものにあまり触れていないので「そんなもんだろう」って具合で済んでしまう。

シミのついたTシャツをなんの疑問も抱かずにレジに運ぶのがインドネシア人。

封の空いたペットフードが普通に陳列されている。

新品の電化製品がいきなり壊れている。

届いた机を組み立ててみると足が2本足りないなんてことが日常的に起こるのがインドネシアなのだ。

 

もはやインドネシアは貧しい国とは言えないかもしれないが、日本と比べたらまだまだ裕福とはいえない。

まともに食事を与えられていない子供たちがたくさんいる。

不衛生な環境の中で暮している子供たちがたくさんいる。

家計を助けるために働きに出されて教育を受けることのできない子供たちがいる。

貧困のあまり、売られていく娘たちがいる。

これがインドネシアの現実なのだ。

 

で、話は戻る。

日本で溢れている豊かさをシェアしていく仕組みを作れないだろうか。

豊かさの一部を苦しんでいる子供たちにおすそわけすることはできないだろうか。

最近、そんなことばかり考えている。

 

ボクは知っている。

豊かな人たちは、その一部をシェアすることでさらなる豊かさを手にいれることができる。

物質的には少し減ってしまうかもしれないけれど、そのぶん心が豊かさで満たされる。

波をシェアしているサーファーのところには結局いい波がまわってくる。

いい波に乗ったそのサーファーは周りから温かいスマイルをもらえる。

豊かになる。

シェアすれば、結局巡り巡って自分に豊かさが戻ってくる。

これからの時代、さらに豊かになっていくためのキーワードは『Share』なのではないだろうか。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

『Share』→『しゃれ』ではありません。シェアなのです。

 

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/