SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

アグン山噴火の影響 〜バリの空港がとうとう閉鎖へ〜 

 

飛行機は静かにピットイン

飛行機は静かにピットイン

本日、とうとうバリのングラライ空港が閉鎖された。

明朝7時までの閉鎖が決まり、その後のスケジュールは不透明とのことだ。

11月25日に水蒸気爆発からマグマ噴火へと移行し、噴火警戒レベルも3から最高の4へと引き上げられた。

噴煙も4000m地点まで達し、各地で降灰が確認されているようだ。

 

そのような状況だが、ボクの暮しているエリアでは特になんの変化もない。

変にワアワアと騒ぎ立てたり、つり目になって備えたりしても仕方がないので今朝もフツーにエアポートリーフでサーフィンをすることにした。

 

いつもの飛行場滑走路脇の船着場のワルンでコーヒーを飲んでいると何か違和感のようなものを感じた。

普段は飛行機音に慣れてしまっているのでその音を意識することもないが、消えるとやたらに静かなのだ。

ポイントへ向かう船の上から見られる滑走路上に列をなしている離陸待ちの飛行機の光景もなかった。

ああ、本当に飛行機飛んでいないんだなと肌で感じた。

 

11月中旬にこのような事態で空港閉鎖になってしまうと年末年始のハイシーズンへの影響が予想される。

バリは観光で成り立っている島なので先行きが心配だ。

ただ、救いなことはバリニーズたちがいたって明るいということ。

「ダイジョーブよ〜。終わればまたオキャクサンくるよ〜。オキャクサンいっぱいすぎてバリがちょっと疲れただけよ〜」

彼らは楽観的視点しか持ち合わせていないのだ。

先行き不透明なこのご時世、明るく生きていく上でとても大切なマインドだと思った。

くよくよ考えたり、心配しても仕方がない。

ダイジョーブよ〜のマインドでいくしかないのだ。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

コンタクトレンズを装着して海に出かけましたが、午後には目が痒くなってしまいました。これも降灰の影響のようです。

 

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

タグ: , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/