SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

真のSALT WATER PLAYERS【5人乗りサーフィン】

少年たちが乗りこんできたぞー

少年たちが乗りこんできたぞー

インサイドでウェットスーツを着て遊んでいる子供たちを発見した(出会いの模様はこちら
冬の到来を感じ始めるこの季節だが、ウェットスーツさえあればフツーに海で遊べてしまうのだ。
別にサーフィンやSUPをしていなくてもウェットスーツがあり、遊び心さえあればいくらでも海で遊べてしまう。

ハーングファーイブ!

ハーングファーイブ!

遊びの天才はやはり子供たち。
いくら努力してもそこだけはかなわない。
波が小さくても、フラットだとしてもいくらでも遊びを開発してしまうのだ。

ハーングテーン!!

ハーングテーン!!

SUP(スタンドアップパドルボード)はフツーのサーフボードよりかなり浮力があるので、波に乗ってなくても子供たちにとっては楽しい遊び道具となってしまうのだ。

ぞくぞくとキッズが集まってきた

ぞくぞくとキッズが集まってきた

2人だった子どもが3人4人と増え、とうとう5人の子供たちが僕のSUPを占領してきた。
そして、とうとう全員がボードにまたがり、いよいよ「ねー、波に乗りたいよー」と騒ぎ始めたのだ。
波が小さかったので、「じゃあ1本だけだぞ」と僕は言うと「イエーイ、やったー」と歓喜の声を上げた。

5人乗りサーフィン!

5人乗りサーフィン!

スネくらいの小さい波を選んで「エイっ」とボードを押してやると「わーきゃー」言いながら大騒ぎの子供たち。

遊びの天才児たち

遊びの天才児たち

岸までちゃっかり乗って、相当楽しそうな様子。
子供の場合、こうなるともう大変。
一回で終わるわけもなく、「もう1回、もう1回」と言いながらボードを沖に引っ張ってくる。

もう1回もう1回っ

もう1回もう1回っ

次はちゃんとボードの上に立つ、というのが目標になったらしい。
そうなると先頭ポジションの奪い合いが始まる。
結局、じゃあ順番に先頭をやろうということになったらしい。
と、いうことはあと5回は最低やるつもりなのだな、ということが判明した。

よっしゃー立ったぞーー!

よっしゃー立ったぞーー!

5人で一緒に波に乗ろうという発想が本当にオモシロイ。
一人ずつ順番に乗るという発想にはまったくならないようなのだ。

2回目で先頭の子がちゃんとボードの上に立ってライディングしたのに満足せずに、「次はさあ、みんなで立とうよ」ということになったようだ。

イエーイ!!

イエーイ!!

そしてとうとう、5人同時テイクオフを達成してしまったのだ。

子供たちの『遊び力』にはやはり大人では太刀打ちできないと解らされた。
そうだ、海遊びのレパートリーは、子供たちが考えればもっともっとオモシロイ遊び方を無限に生み出してくれるに違いない。
真のSALT WATER PLAYERSは意外と身近にいるのかもしれない。

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/