SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

どこまでもオンショアクルーズ【紅葉SUPクルーズin Lake その2】

さあ、待っておれ、湖よ!

さあ、待っておれ、湖よ!

一周12kmほどの湖をぐるりと一周してしまおうと、完全防寒し、いよいよパドルアウトした(前回はこちら
この湖は恐ろしいくらい透明度が高く、かなり深くまで見通すことができる。
海と違ってウネリもなく、潮の流れもない。
湖の場合、どこに流れていっても基本的にはどこかに流れつくので海に比べるとリスクも低いのだ。
うねりのないフラットな水面を漕ぐのは本当に気持ちのいい。

美しい景色、姿 ~奥田哲プロ~

美しい景色、姿 ~奥田哲プロ~

漕ぎ始めた時には厚い雲に覆われてしまっていたが、対岸に着くころには日が射してきた。
日が射すと、湖面がコバルトブルー色に変わり、まるで南国でパドルしているような錯覚に陥る色彩に変わっていった。

ブルーな水面に赤のPADOBOが映える

ブルーな水面に赤のPADOBOが映える

塩分をまったく含まない乾いた風が妙に心地いい。
鳥の鳴き声が耳に優しい。
ボードに当たる水の感触が気持ちいい。

キャンプ場で一休み

キャンプ場で一休み

一周12kmを一気に漕ぎきってしまうのではもったいないので気が向いたところに着岸し、自然を楽しむ。
静かな時間を楽しむ。
はずだった・・・

ところが、道路工事の「ガッガッガッガッガッ」という爆音が響きわたりはじめたのだ。

爆音から逃れるように漕ぎ始める~奥田哲プロ~

爆音から逃れるように漕ぎ始める~奥田哲プロ~

ということで、工事の爆音から逃れるようにすぐにパドルアウト。
前半は岸に沿ってパドルしていたが、今度は真ん中を突っ切って対岸へパドルした。
この湖は水深が非常に深いことでも有名で、そのことを想像すると少々ビビッてしまうので、あまり考えないようにした。

自然はデカイ!

自然はデカイ!

奥田哲プロが「さっきからどっから漕いでもオンショアじゃない?」とつぶやいた。
そういえば漕ぎ始めた時からひたすら前から風が吹いてきている。
行きに向かい風の場合は帰りは追い風と相場は決まっているはずなのに、行きも帰りも向かい風、いわゆるオンショアなのだ。

一休み一休み ~原田俊広~

一休み一休み ~原田俊広~

風が吹いてくると湖といえども少々荒れたコンディションになってしまう。
ましてや3時間以上もの間、ひたすらオンショア(向い風)に吹かれていた。
この湖はやはりなかなか簡単には我々を受け入れてくれないようだ。
            つづく

タグ: , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/