SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

ERICという人物【THE SALT WATER PLAYER来日その2】

イエーイ! ~ERIC~

イエーイ! ~ERIC~

まったくもって無尽蔵なスタミナの持ち主であるERICとは一体どんな人物なのだろうか(前回はこちら
HOALEN(ウォーレン)というフランスサーファーを虜にしているアパレルブランドのオーナーであることは以前紹介した。
お洒落なことでも有名なフレンチサーファーを虜にしてしまうには訳があったのだ。

HOALEN

HOALEN

ERICは大学を卒業したのち、ビジネスマンとして海外を渡り歩き、かのカルティエ、アリーナなどの有名ブランドの役員を歴任し、そのファッションセンスと生産スキルに磨きをかけた。
そして、最終的に彼が生まれ育ったフランス北西部のブルターニュの海で子育てをすることを決意し、ERICが幼少の時に、祖母が住んでいたリリアという小さな町に移住することを決意したのだ。だが、リリアには産業がなく、生活していくためには事業を立ち上げる以外に選択肢がなかった。そこで、かねてから大人が格好良く着れるサーフアパレルを提案したいという願望を形にすることになったのだ。

日本で小さな展示会も開きました

日本で小さな展示会も開きました

フランスで認知され始めたころ、ERICはアリーナというスイムウェアーのブランドに籍を置いていた時代に何度となく訪れていた日本にこのHOALENを紹介したいと考えたのだ。
ERIC曰く、「日本は四方を海で囲まれている国で、サーフィンもポピュラーだ。それにフランス人のファッションセンスと近いと感じるんだよ。だから日本にHOALENをもってきたいと思ったんだ」だとか。

仕事中はなかなか厳しい表情

仕事中はなかなか厳しい表情

将来的には日本で小さくてもいいからHOALENビーチハウスを作りたいという夢も持っている。 海の目の前の立地で、HOALENのセンスのいい洋服を販売しながら、サーフィン、スタンドアップパドル、シーカヤックなどのオーシャンスポーツを啓蒙していきたいのだそうだ。

ERICはそんな夢を一つ一つ着実に、現実にしていってしまうような力がある。
決してドラスティックなことをするわけではないが、着々と現実的に形作っていく姿は一流のビジネスマンの姿そのものなのだ。
きっとこの先も一つ一つ夢を現実に変えていくのだろうと思う。
つづく

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/