SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

我がルーツでパドルするんじゃけえ【世界遺産パドルトリップ その1】

厳島神社の大鳥居

厳島神社の大鳥居

日本三景の一つ『宮島』。
だれが日本の景色TOP3を決めたのかは知らないが、どうやら江戸時代前期から言われ始めたそうだ。
実はこの宮島。
何を隠そう我がルーツで、僕の父が宮島出身で、先祖代々宮島人なのだ。
加えて、僕の苗字の『有本』には由緒正しい由来があり、宮島を代表する厳島神社(有名な海に浮かぶ大鳥居のある神社)のあるあたりの小さな湾を『有ノ浦』といい、そこの本家ということで『有本』というらしい。

何時代?

何時代?

そんなエライ先祖を持ちながらも、脳みその大部分が海水で占められている僕は、まったく自覚とプライドを持たないままここまできてしまったのだ。
でも、やはり『宮島』は僕の心の奥深くで大きく存在しているようだ。
我が天然嫁と結婚することを決意し、まっ先に思い浮かんだのが宮島で、わざわざ湘南から出向いてプロポーズしたのも宮島だったのだ。

現代とは思えない景色の数々

現代とは思えない景色の数々

今回はそんな僕にとって大切な島『宮島』でパドルをしてしまおうという企みを秘めて上陸した。
当初、スタンドアップパドル(SUP)をしようと試みたが、ボードが手配できなかったので、宮島在住のシーカヤックパドラーであり、広島の自然で遊ぶことを提案しているHARTアドベンチャー代表 嘉島さんに連絡を取り、シーカヤックで宮島をクルーズするという計画を立てたのだ。

古い街並みを超えて

古い街並みを超えて

宮島に上陸し、商店街でお土産屋を営んでいる親戚に挨拶をし、そこでもみじ饅頭 などをいただき、さらに他の親戚にはビールと焼き牡蠣を勧められ、満腹&軽い酔っ払い状態でフラフラと歩きながら宮島の街並みを楽しみながら嘉島さんの基地に到着したころには日がやや傾きかけていた。

お、ここだここだ

お、ここだここだ

古民家を改造したシーカヤック基地には趣があり、宮島の風土にぴったりな雰囲気だ。
思わず、ひいばあちゃんの家を思い出してしまった。
軽く説明を受けた後、まっ黄色の雨合羽に着替え、いざ出陣。

ド派手! ~KEI~

ド派手! ~KEI~

同行してもらった僕の妹ちゃんは「あんちゃん何やってんの」と冷ややかな視線を投げてくる。
でもそんなの気にしない気にしない。
宮島でシーカヤックなんて考えただけでもワクワクするのだ。

黄色の雨合羽にオレンジのカヤック。派手オジサンです

黄色の雨合羽にオレンジのカヤック。派手オジサンです

潮が上げている時にしか大鳥居に近づけないのだが、この日はたまたま僕が出艇する時間帯に潮が多く、鳥居に近づくことができそうなのだ。
妹ちゃんは僕の姿を見て爆笑している。
「ほんとバカだねー」と。
はは、その通り、僕はバカなのです。
「でもその分楽しんでるもんねー」と開き直りつつ、海へと消えていくのでした。
つづく

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/