SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

そうだ、川、下ろう。【スタンドアップパドルで引地川を下る 前編】

風景でしかなかった引地川の中へ

風景でしかなかった引地川の中へ

ある日「引地川を逆流してスタンドアップパドル(SUP)で海から帰ってる人がいた」という情報をキャッチした。

引地川!

まさに僕の家の前を流れている、この川のことだ。
「湖や川でも遊べるんですよ〜。楽しそうでしょ〜。」なんてSUPを紹介しているというのに、SUPの可能性を僕自身が分かってなかった。SUPよ、すまんかった!わしを許してくれ〜。

というわけで、早速実戦すること。

徒歩0分で川

徒歩0分で川

「玄関あけたら2分でSUP」を実現できるかと思ったが、残念ながら、川へ降りる階段が向こう岸だったので、歩いて向こう岸へ回り込む。
川岸におりると、川に入るために作ったらしい、いい感じの斜面がついている。カヌー遊びのために作ってあるのだろう。やるな〜藤沢市、ありがとう。もっと税金収められるようにボク、がんばるよ!

遊べる川なんです

遊べる川なんです

川に入ってみてビックリしたのだが、海よりも断然漕ぎやすい。波やうねりがないから当然なんだけど、パドリングの練習にはいいかもしれない。

そして、川を下って鵠沼の海を目指す。

遊歩道を行き交う人たちを川の中から見る、というのもなかなか楽しい経験だった。
水鳥を眺める親子、遊歩道でデートをする高校生カップル、不思議そうにこちらを眺めるおばあさん、川に石を投げ込む中学生(これにはちょっとヒヤヒヤ。。)

川と戯れるの図

川と戯れるの図

よく晴れた平日の昼下がりにSUPでノンビリ川下りをするというのはいい遊びかもしれない。
僕らはというと(カメラ担当としてkeiさんも同行している)世間話や昔話、それに仕事の話なんかをしながら、エッチラオッチラとパドルを漕いでいく。

次第に海が近づいてきた。風や水面の様子がなんとなくそれを教えてくれる。

つづく

タグ: , , , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/